ラマダン休暇中。

今週はラマダン明けの休暇で事務所もお休み。
というか、銀行、郵便局、お店など全て閉まってしまうので仕事にならないので・・・。
でも構わず日本からはメールや仕事も来るし、期限が迫ってるものもあるので、全くのオフにはなりえないけれど。
それでもやっぱりすごくリラックスできる。今日は車で2時間のところにあるビーチに行ってのんびりしてみたり。

仕事の引継ぎをしてくれていた人が昨日日本に帰国した。
これから彼に相談もできず、一人かぁーと思うと妙に不安になったりもするが、同時に、一人で頑張らざるを得ないので
覚悟も決まってくるような気にもなる。もう甘えるところもないから。
今週は今後の仕事の計画を立て、そして事務系もしっかり整備したいと思う。結構ファイルとかごちゃごちゃになってたりするのでね。

ラマダンが終わってムスリムのスタッフも一緒にランチを食べられるから嬉しい。
私は毎食外食なので、なんだか顔にブツブツできたり、油っぽい食事が多くてちょっとゲッソリ。ミニキッチンでも付いてるホテルならいいのにな。
ナイフやお皿を自分用に買ったので、毎晩マンゴーだけは食べてます。いまシーズンだから美味しいし、1つ30円くらいだし。南国万歳だな☆
[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-26 00:57  

生活の立て直し。

b0061488_282237.jpg
1週間の出張から戻ってきた。
その場所はここジョグジャから車で揺られること7時間。綺麗なシーサイドの町だった。
でも7月に津波によって大きなダメージを受けた場所で、海岸近くの家は破壊されてしまっていた。
大きなコンクリの建物もあんなにめちゃくちゃにしちゃうなんて、水の力って恐ろしいんだなぁとあらためて思った。

今回この港町で被害にあった住人の人たちに聞き取り調査をし、今後彼らのニーズに合う活動をすることになる。
でも7月から随分時間が経っているので、これからニーズを探るのってかなり難しい。
そのプロポーザルを私が書かないといけない。ふぅ。
聞き取り調査をしていて思ったけれど、この仕事、慣れもあるだろうけれど、頭の切れが良くないと難しいなと思った。
私以外に二人ほど日本人スタッフも一緒だったのだけれど、彼らの頭の回転の良さを傍でまざまざと見た私はすっかり自信をなくしてしまった。
あぁ、なんだかまだまだ慣れないことばかりで、毎晩夢は必ず仕事の夢です・・・。悲しい!

というわけで、今日も午前中は仕事だったのだけれど、午後は仕事のことは忘れ、またカルフールでストレス発散。
買い物しました。
思ったけれど、インドネシアに来てから早3週間近く。まだスーツケースから荷物の出し入れをしていたのでした。
なので、今日はスーツケースから荷物を取り出し、自分の居場所っぽくホテルの部屋を整えてみました。
ハンガー買ったり、マグカップ買ったり。今度すぐ沸くポットを買おうかな。お茶したいし。観葉植物も買おう。

少しずつ仕事と私生活を引き離そうと試みているのです。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-23 02:08  

出張。

また1週間が始まった。
全然休んだ気がしないけれど、今はまだこっちに友達がいるわけでもないし、まだ”旅行”って気分でもないので、せいぜい近くのカルフールでショッピングでもしたらそれで満足。
こんな感じできっと2,3ヶ月がすぐ過ぎていくんだろうなぁ。そして今年も・・・終わり。

日本は秋真っ只中なんだろうけれど、こちらは日々30度近いので、全然”秋”という言葉なんて忘れてしまいそう。まさにトロピカルな国だ。
旅行している時は、トロピカルな国に長期で住みたいって思ってたけれど、仕事で来ると全然やっぱり違う。やっぱり仕事は仕事。日本と同じ。
でもふとした時に幸せを感じることがある。例えば、山の上から眼下に広がる素敵な景色に夕日が沈んでいく景色を見た時とか、ホテルのレストランでランチを食べながら青く高い空に椰子の木が揺れてるのを見た時とか。

明日の朝から土曜の深夜まで同じジャワ島にある、ある港町に出張に行ってきます。実は地球の歩き方にも載っているような観光地。
今後そこで仕事をするかもしれないので、その調査へ。
どんな場所なのでしょう。楽しみ半分、不安半分。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-17 03:48  

実は勤勉なの?

やっと!遂に!待ちに待った土曜の夜。
明日は目覚ましナシで起きられるぅ~。
今週はもう本当にヘトヘトで、携帯でメッセージを打っていても何度も同じ文字を打ってしまうくらい眠い感じだったので、本当に休みが嬉しい!
(こっちでも携帯のメール、仕事ですごく使います。)
そんなわけで、今夜はテレビを見ながら夜更かしモード。
来週はここジョグジャから車で7時間くらい行った港町に調査で1週間近く出掛けることになっているので、また忙しくなると思うから、明日くらいはのんびりしたいと思っているところ。
とは言え、仕事を引き継いでもらっている人がもうあと1週間しか一緒にいないから、今のうちに聞けることをたくさん聞いておこうと思うと休んでいる気にもならないのが現実だけど。

NGOには長らく関わっていたけれど、実際に開発系のNGOで働いたことはなかったので、本当に毎日色々考えさせられることがある。加えてマネージャー職などしたことがないので、どこまで自分でやるか、担当者に任せるか、など慣れないことも多いしね。
1つ1つ真剣に考えていくとキーっとなりそうになるので、今は努めて”リラックス、リラックス”と自分に言い聞かせている。キーっとなるのってなんだか自分でみっともない気がするから。焦ってもろくなことはないからね。冷静に冷静に・・・。
とはいえ、確実にストレスは溜まると思う。
今は現地スタッフの出来が悪いので、それにイライラしてる。もう他の人を採用しようかなぁ~と思ったりしてる。大量にやる仕事があるので、ちゃんとそれらをさばくためにアシストしてくれるような人じゃないと、アシスタントじゃないし・・・。
あー、面倒くさ。

こういう時にはビールを飲みたくなるけれど、ここインドネシアはイスラム教徒が9割近くいる割には”キラキラ”のイスラム教徒が多くて、ラマダンなのにお昼ご飯食べてたり、お酒も全然普通に飲めるし。。。
というわけで、私たちの部屋の冷蔵庫にはちゃんとビールが冷やしてあるのでした。
お酒でも飲まないとやってらんないわ!ってことになったら困るけれど、やっぱり仕事で疲れた時にはビールなのでした。

もう土曜日、フルで働くのはやめて欲しい・・・。
夜も夜遅くまで現地スタッフは働いてくれるし、実は勤勉なのか、インドネシア人?!
日本の完全週休2日制って有難いことだったんだなぁ~、と今更ながら思うのでした。
b0061488_214069.jpg

[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-15 02:14  

キラキラ。

いやぁ、ホント勤務時間が長い長い。今日も朝8時から始まり、最後のミーティングが終わったのが9時。それからご飯を食べに行き、戻ってきたら11時前。
インドネシアに到着して1週間が過ぎた。もっと長い時間が経ったような気がする。(と言うと、他の二人の日本人の人たちは時間が過ぎるのが早いと言う。)

仕事以外はほとんどインドネシアに居ても他の国に居てもあまり変わらないような生活をしているが、すこーしずつインドネシアの姿も垣間見ることができるようになってきた。
でも本当にすこーしだけだけどね。
噂通り、ここジョグジャは人がとても良いし、治安も良い。町を歩いていても、あまりギラギラしたものを感じず、安心できる。結構大きな町の割りには人ものんびりしているし、
"騙してやろう!”的なものを感じることがない。いや、その逆で、私が微笑むと、みんな恐ろしいくらいの笑顔を返してくれる。例えばこれがアメリカやイギリスだったら、お店の人や
ちょっとした人に微笑んでも微笑み返されることなんてあまりないけど、こちらはほとんどの人がニコーって笑って挨拶してくれる。(挨拶も現地語でできないのが悲しいところ。)
このマイペースな感じのところが仕事をしていると、”おいっ!”と突っ込みたくなることも多々あるけれど、今はまだ余裕があるのか、それもいいなと思える。だってみんなが
先進国の人たちのように忙しく仕事をして、いつもしかめっ面でいるようになったら嫌じゃない?
こちらの人がよく使うのが、”キラキラ”って単語。”だいたい、およそ”って意味らしい。かわいいでしょ?でもキラキラを連発されたら仕事にならんよ・・・。
体はきつくなってきたけれど、気持ち的には楽になってきた。
もっと日々のこと、いろいろ書きたいのだけど、仕事先に出す日報だけで寝る前は精一杯なのでなかなかブログを書けないのが辛いところよ。
こうやって私的な日記を書くことがストレス発散の1つにもなるような気がするから。
時間あったら是非ジョグジャに遊びに来てください。私は日曜しか休みがないけど、(しかも多分休みは取れないけれど)、なかなか良いところです。


ここに住んでいます。↓
b0061488_1332619.jpg

[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-12 01:23  

コメントありがとう。

皆さん、コメント残してくれてありがとう。
なかなかコメントにお返事できずごめんなさい。でもそのコメントを読むだけでとても励まされます。(ここ、ネットの環境もとても悪い!)
今はすべて(環境も一緒に働く人もみんな)が新しいものばかりなので、旅行の時はそれも新鮮でいいけど、仕事の時は何かしらなじみ深いものがあると落ち着きます。

今朝もKyoさんとちょっぴりチャットしたけど、それだけでなんだかすごくジーンときたりしました。知っているモノ・人っていいなぁって。
ん、それってホームシック?!
まぁそういうわけでもないけれど、ここは外国人観光客もそんなに見ないのでねぇ(大きな町なのに)。

でも日に日に仕事にも慣れてきたし(当たり前か)、まだ気が張っているので疲れもそこまで感じない。氷入りのジュースや屋台の食事もバンバン食べてるし。でもきっと疲れが溜まった時に一気にきそうなので、体調だけは絶対気をつけたいと思ってます。

今日思ったけど、勤務時間は長いけれど、通勤もないし、食事も全部外食なので準備する時間もいらないので、基本的に働いてるか寝てるかって感じ。ほかの事に時間を取られることがないからねぇ。それはいいかも。

今11時ですが、今頃になってホテルのレストランで夕食を食べてます。
SOTO AYAMという、スープとご飯の典型的な食事です。
オープンカフェで誰も居ないのでのーんびりとしてます。これで目の前に海なんて見えたら最高に素敵だけど、そんなワガママは言いません。
外はコーランっぽいようなのが聞こえます。
今はラマダン中なので、みんな昼間は水も口にせず断食。そして夜は美味しいもの食べてるんだって。

仕事以外のことにも早く目を向けられるような余裕が欲しい。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-10 00:49  

day by day

日々”必死”で業務に慣れようと生活しているので、仕事以外のことをする精神的余裕がまったくない。
今日も日曜だけど、午後からずっと仕事をしてます。1週間が本当に長い!(何しろ土曜もフルで勤務なのです。泣。)
でもまぁよく考えたらジョグジャに来てまだ今日で4日目。慣れろという方が無理でしょう。
自分で言うのも何だけど、なかなかよく頑張ってると思うわ。(と自分を自分で褒めてあげないと辛いので・・・。)
明日からの1週間は初めてのフルでの1週間。来週の今頃は随分心に余裕ができているようだったらいいけどね~。

今はホテルに泊まっています。というか、これからきっと何ヶ月もそう。
事務所兼滞在先なので、これがかなりよろしくない。というのも、分かってはいたけれど、仕事とプライベートが別れてないので
ずるずるとずーっと仕事をしてしまう。もう少し慣れたら”日曜は働かない”とか”夜は8時以降は自分のことをする”とか割り切れると思うけど、
今は仕事を覚えることに集中しているので、ずっと働いてる。
このジャワ島には、私と日本人スタッフが二人、そして現地スタッフが3人に、その他建築やワークショップに関わっている人を含めると
50人くらいのワーカーがいる。私が現地統括なので、ある意味私が怠けたりいい加減なことをしたら、それら全部の人に迷惑がかかり影響が及んでしまう。
そう思ったら、本当に気持ちが引き締まると同時に大きなプレッシャーも感じる。普段はプレッシャーをあまり感じない人間だと思っていたけれど
さすがに久々の社会復帰だと思ったらいきなりこんな大役を仰せつかったので、責任をひしひしと感じる。
しかもまだ来たばかりだから当たり前だけど、友達もいないので、孤独とも戦わないといけないかもしれない。
色んな意味で貴重な経験をしていると感じる。

もっともっと書きたい思いはあるけれど、また明日は早起きするので、今日はこの辺で。
b0061488_142693.jpg

[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-09 01:42  

やっと到着。

本当なら昨日到着の予定だったジョグジャカルタ(通称ジョグジャ)。
でも関空からのガルーダインドネシア航空がまんまと1時間半も遅れ(しかも動き出した後になって引き返した!)、空でその遅れを取り戻せなかったらしく、そのまま2時間近く到着も遅れ、よって乗り継ぎ便にも乗り遅れました。(というか、同じ航空会社なんだから、なんとかして欲しい)
というわけで、昨夜は予定外のバリ1泊。もちろんガルーダが良いホテルも食事も全部用意してくれました。周りはみんな楽しそうな観光客ばかりなのに、私たちはパソコンで仕事仕事。
今日は午後1の便にのり、やっとジョグジャに到着し、これから数ヶ月住むことになるホテルにもチェックインしました。今日の気温は何度くらいかなぁ~。30度くらいだと思われます。ホテルの庭には南国の木々がきちんと植わっていて、まさにトロピカル。こんなところでは仕事する気を起こすのがムツカシイ。
まぁまもなく雨季が始まるらしいので、今のうちにこのトロピカルも満喫しておきたいと思います。
昨夜はホテルでいきなりゴキブリとトカゲのお迎えを受けて衝撃的だったよ・・・。トカゲは予想してたけど、ゴキブリもか。。。
私のここの生活での最大の敵は爬虫類・昆虫類との戦いになりそうな予感です。



ゴキが出たホテル。綺麗でしょ。↓
b0061488_21131100.jpg

[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-05 17:12 |  

京都からインドネシアへ。


朝からまた京都へ。なんだか京都の町にも慣れてきて、不思議な気分…。
まさか自分が京都ベースのNGOで働くなんて思ってもみなかったから。日本で働くと言えば、東京しか考えてなかったけれど、そうは言っても実際に働くのはジャワ島。要はどこでも、想像ができない場所でも、その環境下におかれたら大丈夫ってことだね。

今日は事務所へ行ったけれど、打ち合わせだけで終わった。ジャワ島で現在『現地統括』をしているSさんが数日だけ日本に戻ってきているので、彼と初めて顔をあわせ、現地での具体的な仕事の話を聞いた。彼は私からするとかなり若いのだけど、とてもしっかりしていて、今回のジャワの前はベトナム、パキスタンでも事業をしていたという経験者なので、貫禄も十分あった。いい感じに肩の力が抜けた人という印象を受けたので、一緒に働くのも苦にならなそう。彼は私に仕事を2週間で引き継ぎ、次の地、レバノンに行ってしまう。2週間で十分引き継げるのかどうか不安なところではあるけれど、日本でサポートしてくれる本部の人たちもちゃんといるので、ここはみんなに協力してもらいながらスムーズにジャワ島での事業も進むといいなと期待している。

今夜は関空近くの日根野ステーションホテルというところに泊まっている。
が・・・、トイレの水が流れなかった~!ショック。
部屋を替えてもらった。
隣の部屋にイチャイチャとした韓国人カップルが入っていった。
静かにしてね。

明日の夜はもうジャワ島のホテルで就寝です。
わー、グッタリしてそうぉ、ワタシ。

とりあえずガルーダに無事に運んで欲しいです。目的地まで。

それでは次のブログアップはインドネシアから!
[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-03 03:06 |  

ショック。

明日の朝からまた京都へ行かなくてはならないので(そのまま翌日からインドネシアへ)、今日は荷造りや身辺整理をしていた。
インドネシアではホテル暮らしらしいのだけど、少し行った所にカルフールがあるそうなので、きっと大体のものはそこででも揃うだろうからあまり心配はしていない。なんといっても、観光地だもの。
でも、唯一心配だったのがコンタクトレンズ。
使い捨てを使ってるのだけど、それがもうあと3か月分くらいしか残っていないので、万が一3ヶ月日本に帰れないことになってもいいように追加分を購入しに行った。
眼科からの処方箋が必要だったので、渋々と病院へ。
そこで視力の検査をしたのだけど、かなりショックを受けた。

あの検査表の一番上が見えない・・・。

目がまだ良かった小学生の頃は、あの一番上の巨大な文字や穴が見えない人がいるなんて信じられなかったけれど、それが自分になってしまったとは・・・。なんとも悲しいやら情けないやら。
もう私はコンタクトやメガネの助けなしには満足に生活もできないんだ・・・と思うと、すごーくガックリしてしまった。
恐ろしくて自分の視力は聞かなかったけれど・・・。0.1ないんだろうなぁ。信じられない。

もしかしたらネシアではメガネの方がいいかもよ、と人に言われたので、今日メガネも新しいのを買おうかと思ったんだけど、吟味する時間がなかったのでやめた。だから、今使ってる家用のを持って行くしかない。
でも人前でメガネをするのは嫌なので、コンタクトで頑張る。でもいつも充血した目をしてたら怖いよね・・・。

あぁ、視力が戻ってくるといいのになぁ。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-10-02 22:19 | 日々坦々  

広島に戻ってきました。

金曜までの本部での研修が無事終わりました。
研修と言っても、普通に業務に就くだけなんだけどね。
でもやっぱり業務と言っても、私の仕事の場合、実際に現地に行ってみないと分からないことが多分大部分なので、日本でできることはやったと思うけれど、あとはやっぱり現場だなぁ。。。
まさに嵐の前の静けさ状態で、本部での日常は静かに流れて行きました。

結局来週水曜日の関空からの出発が正式に決まり、今週末は広島に戻って荷造りなどをするけれど、また火曜の朝には京都へ行き、関西で1泊して翌日の飛行機に乗ります。慌しいな。

せっかく京都なのにまったく観光をしないのも悔しいので、今日は1日だけ友達のyoneと鈴虫寺という幸せをお地蔵さんが歩いて家まで届けてくれるというお寺と、嵐山を冷やかしてきました。天気もパーフェクトな気候で、やっぱり京都はいい!なんか他の日本とは違う・・・。

昨夜は京都駅から遠くないyoneのおばあちゃんの家に二人でお泊りさせてもらいました。
とても優しいおばあちゃんで、夜10時頃帰宅した私たちを夕食も食べず待っていてくれました。今朝の朝食も旅館の朝食以上に素敵な食事を用意してくれていて、3人で囲む食卓は楽しかったな。昨夜は戦争の時の大阪空襲にあった話なんかもしてくれて、もっともっと話したい気分だったけど、1晩だけで残念でした。
水曜日出発で荷物をまとめなくてはいけないんじゃなかったら、絶対もう1泊したかったなぁ。

夜遅く広島に戻ってきたら、もう風が冷たかった~。本格的な秋到来だ。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-30 01:06 | 日々坦々  

まだのんびりムード。

今日はホテルから事務所まで徒歩で行ってみることにした。意外と時間が掛かり、多分30分近くかかる道のりを根性で少しランニングしながら行ったら20分で着いた。滑り込みセーフ。でも朝思い切り走ってるOLのような人ってかなり見苦しい・・・。ま、電車で化粧してる人よりはましか。

今日は事務局長がいなかったり、来客が多く私に業務を教えてくれている例のかわいいKさんも大忙しだったので、私はかなりのんびりさせてもらってしまった。まぁでもインドネシアに行ったら徹夜のようなことも珍しくないらしいので、嵐の前の静けさっていうことで許してもらおう。
やっぱりファイルやメールのやり取りを見ても、実際に現場に行ってみないと分からないことが多いと実感する。だから今週は私が所属する団体のことをよく知ったり、これまでの流れを把握するのに終始することになるだろう。

今日は実際にインドネシアの事務所に派遣されていた建築担当の男性が事務所にいらしていたので、その人から少し生のお話を聞いた。ホテルに住むこと、キッチンはついてないので毎日外食とのこと、イスラム国でもお酒も問題なく飲めること、毎日とにかく忙しいから徹夜もありだし、だいいち勤務が月~土(現地スタッフも)だということ・・・。
生活は良さそうだけど、とにかくみんなが口をそろえて大変大変というので、何がどんなに大変なのか、そのことが興味ある。でも何事も自分の血となり肉となることなので、頑張るし、今はある意味楽しみでもある。We’ll seeって感じでしょうか。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-26 00:49 | 日々坦々  

初出勤

今日はいよいよ初出勤。朝の京都の町を通勤で自分が歩いているのは何とも不思議な気分だった。京都は観光で来る街というイメージしかないから・・・。

どんな1日になるのだろうかと思ったけれど、まぁ予想通りの1日だった。
インドネシア事業の国内担当をしている若くてとても魅力的な女の子が1日中私ともう一人今日から入ったMさんに親切に業務内容を教えてくれた。その女の子はまもなく某中東国に派遣されるらしい。Aに行くなんて、勇気あるなぁ。
その彼女の国内業務を引き継ぐのが、このMさんだ。彼女はとてもユニークな経歴の持ち主で、見た目もとても目を引く。モデルみたいに背が高く、真っ黒なロングストレートヘアがとても印象的な綺麗な女性。今日はランチも夕食も彼女と共にしたので、急接近した気分だ。自らを根無し草なんだと自覚したのが大学生の時というから、ちょっぴり同じ匂いを感じる・・・。片道2時間かけて大阪から通勤してるんだって。勤務時間長いのに、お疲れ様です。

私は今日まで担当業務内容の詳細をよく知らなかったのだけど・・・。私ってインドネシアの事業所の統括責任者になるんだって。
私はすっかりアシスタントな気分だったので、急に責任の重さをずっしり感じています。
わ、私が事業所の業務を仕切れるのでしょうか?
いや、するしかないけれどね。
いや、できる!  はず・・・。

とにかくしっかりこの1週間で業務内容を把握しておかなきゃ。前任者の人が2,3週間は一緒にインドネシアに居てくれるみたいだけど、その後はその人は別の国に行ってしまうらしいから・・・。
思った以上に運営もしっかりしたNGOで、外務省などからもお金を貰っているから、書類も細かいし、会計とか大変そう。慣れたらどこの国に行っても基本は同じなんだろうけどね。同じ業界なら。
頑張って吸収しよう。

インドネシアへの出発は来週の水曜日くらいかなぁ。(←その後正式に水曜の出発と決まりました。)
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-25 00:47 | 日々坦々  

京都。

土曜の朝5時半起きなんてして、京都にやって参りました。
そして、週末は滋賀での環境教育セミナーなるものに参加し、やっと京都に今夜戻ってきて、さっきチェックインしたところ。
ここ2日ほど睡眠時間4時間といつもの私の睡眠時間の半分しか寝ていないので、ちょっと目がショボショボ。
というわけで、また環境教育セミナーのことはあらためて書きたいと思います。(希望)

いよいよ明日は仕事始め。
週末にそのNGOのメンバーとずいぶん顔見知りになったので、明日からの仕事は楽しみ85%、心配15%という感じでしょうか。
とりあえず寝坊はしないだろうけど、朝がドキドキ。

それでは。寝て備えます。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-24 23:45 | 学び  

気分一新。

何軒もハシゴして、何時間も吟味して・・・遂に決めました。

今年の”システム手帳”☆

毎年毎年選ぶ際には悩んでしまうのだけど、今回は東急ハンズのオリジナルの手帳に落ち着きました。シンプルなんだけど、機能的にはかなり優れもの、というか私の今のニーズに合っていると思われます。
ちなみに現在のはGaspard et Lisaの妙にかわいいやつなんだけど・・・。
2007年は仕事もプライベートでも忙しく頑張りたいと思っているので、この”やる気”をシステム手帳にも反映してみました。(笑)

新しいシステム手帳を1月1日から使うっていうのが気分も引き締まっていいんだと思うんだけど、ここ数年はもう10月11月から待ちきれず新しいのを買い、待ちきれず使い始めてしまいます。
予定立てるの(だけ)大好きな私としては、このシステム手帳っていうのは本当に重要。

あぁ、こんなことしていると、もう年末のような気分にさえなってしまいます。
まだ30度近く日中は気温が上がる日々だというのに。。。

とりあえずこんな小さなことでもすごく嬉しい。
やる気↑。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-21 23:00 | 日々坦々  

気持ちだけバタバタ。

なんだか気ばかりバタバタしている今日この頃。でも最近外出も増えた。家族と!
昨日も両親と96歳になるおばあちゃん、そして叔母と一緒に島根までドライブして美味しいものを食べてきた。敬老の日関連で。関連?

今週はもう土曜の朝から新幹線に乗り、滋賀まで行くのです。
そこで今度働くNGOが行う環境についてのセミナーに1泊で参加。
”おぉ、私、環境についてあまり関心ないかもー。”と少々意気消沈気味だったのですが、神戸の友人にセミナーのことを話したらとても興味があるということで、彼女も参加することになりました。嬉しい☆
彼女はピースボートで環境問題について目覚めたらしく、今でもちゃんといつでもお箸を持ち歩き、割り箸は使いません。コンビニでも袋はなるべくもらわないし。
そういう継続性がある行動ってエライねぇ。
そういやぁ、中・高の時も割り箸を使わないって運動があったわ。で、お箸持ってきてる子とかいた。もし今でもその子たちがしてたらすっごいと思うけれど。してないだろうなぁー。

そのNGOから別メールが来てたんだけど・・・。夜中の12時過ぎに。
面接でも夜遅いですって言われたけど。。。本当だー。
私、もうそんな時間まで働ける自信ありません。ごめんなさい。でも仕事は頑張りますから。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-20 00:51 | 日々坦々  

台風、明日はどうなるのかな。

すごいすごい、この大雨。
夕方から降り始めたこの大雨。半端じゃなく降ってる。時々雷と共に。
台風が明日は広島の方も直撃するのかなぁ。
今週末は3連休だから、新島に行く友達も沖縄に行く友達もいるのに可哀想に。
私が住んでいる地域は山に囲まれていて、山を越えた地域では数年前に土砂崩れがあって家が潰されて数人なくなっている。姉の知り合いのクロネコの配達員の人も土砂にのみ込まれて・・・。
だからこういう大雨が降ると嫌な気分になる。

私の家のすぐ上の方にはダムがある。大きなダム。
その堰が石を積み上げてできている。
小さい頃はよく心配になってきた。何かあってこの堰が崩れてしまうと、私の家までザーッと水で飲み込まれてしまいそうだから、どうやって逃げようかしら、と。
まぁよっぽど大きな大地震がない限り大丈夫だと思うけど。

自然災害の前には人間は無力だよね。
あ、あの2004年12月の津波で大被害を受けたアチェもインドネシアだねぇ。
ジャワ島地震も5月7月と来たのなら、またあってもおかしくはなさそうだし。。。
う~ん、地震は怖いなぁ。

とにかく今回の台風で大きな被害がでませんように。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-16 23:56 | 日々坦々  

ボランティア慣れ。

よくよく考えると、5年半前に正社員としての仕事を辞めて以来、少しだけ広島で仕事をしたけれど、基本的にはがっつりは働いてない。
NACだって、ボランティアだったので、アメリカまでの渡航費も保険もぜーんぶ自費。
広島でやるボランティアだって、基本的には無給。
ここ最近はそういう生活に慣れていたので。(それが嫌だったのもあるけれど)
今回インドネシアに派遣されるに当たって研修が京都であるのだけど。
その時の交通費やホテル宿泊費も出してもらえると聞いて、なんだかすごく感激してしまった。
そりゃあ仕事をしていると、そういう必要経費などは会社持ちっていうのが当たり前だけど(契約でも社員になるのだから)、あまりにも長くそういう世界から離れていたため、どうもそういう感覚がずれているような気がする。
でも逆にずれるのは辛いけれど、こういうズレはちょっと嬉しい。

私たちの世代はまさに第二次ベビーブームのピークの人間なので受験競争も激しかったが、就職だってまさに超氷河期。
バブルは自分が大学生になった頃にはすっかりはじけていたので、何の恩恵もナシ。
そう、貧乏くじ世代とも呼ばれるけれど、それが当たり前の中で育ってきたので、別に可哀想な世代と言われても別に可哀想とも思わないし。
お姉ちゃんなどはバブルを経験してる人なので、”あぁ、あの当時は良かったわぁ。”なんて言ったりするけれど、良い時代を知らなければ懐かしむこともないし。

生活が堕ちていくのは辛いけど、逆は嬉しさ倍増。
ま、当たり前か。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-13 20:56 | 日々坦々  

神戸まったり。

はい、"京都に行ってきまーす!"と言ったわりには。
今回の大週末は結果的には神戸まったり旅となりました。
金曜の午後、京都で時間があった私は。とりあえず京都マップを観光案内所で買い、どこに行こうかと一瞬迷い、向かった先は立命館大学の国際平和ミュージアム
前から一度行ってみたいと思ってたんだー。評判いいし。
行ってみてまず思った感想は、”まぁ、なんて立派な平和博物館!”。新しいし、内容も多岐に渡り、ちょっと大学に付いてます程度ではない、プロフェッショナルなミュージアムでした。

そこで3時間費やしたらもう夕方。実は夕方ちょっと面接があったので(しかもそれが今回の京都のメイン)これで私の京都は終わり・・・。
まだまだ広島より全然暑くて、残暑が残りまくりの京都でした。

なにがびっくりしたかって、この面接会場を探して烏丸を歩いていたら!
路上でふと目があったスーツ姿の男性。
な、なんと。大学のテニスサークル仲間でした!同じサークルではなく、彼はもっと強いSLTAというサークルに居たんだけど。彼とはなぜか微妙につながっていて、最後に会ったのが3年前なんだけど。でもそれ以来連絡も取ってなかったからねぇ。
彼は出張で東京から、私は面接で広島から。
恐ろしい偶然じゃない?あー、びっくりした。

金曜の夜に神戸の友達のところへ行き、今日の夕方までずっと神戸でまったりと過ごしました。
昨夜大阪でブラッドフォード時代のクラスメートのリチャードと焼き鳥を食べに行った以外は。
この神戸のNAC時代の友達と喋り倒しました、毎晩。朝まで。いやぁ、ほんとよぉ喋ったわぁ。しかも彼女もピースボート乗ったりしてるので、かなり真面目トークだったね。移民問題とかグローバリゼーションとか!
あとPとBについてもたくさんね。(笑)
彼女のお薦めで観たDVDもすごく良かった。特に「リトルダンサー」はイギリス北部を思い出させてくれて、胸にこみ上げてくるものがありました。すごくいい!ハリウッド映画とは全然違う、なんかあの暗い、でも味のある後に引きずる映画です。観てみてね。

そして今夜551蓬莱豚まんを持って広島に帰ってきたわけです。おいしいね。

そして突然ですが、面接の結果が来てて、来月頭からインドネシアのジョグジャカルタで2ヶ月の短期の仕事をすることになりました。ジャワ島地震関係の。
詳しくはまた追ってお知らせします☆
頑張るよ。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-11 00:29 |  

京都へ。

急な話なんですが。
明日から月曜まで京都に行くことになりました。
正確に言うと、京都・神戸・大阪ですか。
最近関空は使うものの下車することはないので、前回関西で遊んだのが思い出せないくらい前。
なので秋の京都、かなり楽しみです。
明日は朝早いので、今夜色々準備しなきゃ。
まずは明日返却のDVDを見終えること!
イギリスで見逃した『Finding Neverland』を観ます♪

じゃ、行ってきます。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-07 22:35 | 日々坦々  

アロハ~。

久々にフルで外出した気がする。朝から夜まで・・・。
外出すると、部屋が荒れるね。

中高時代の親友が7月に出産したので、彼女の家にお邪魔して、午後はずっともう一人の友人と3人プラス赤ちゃんでお茶して喋って。
前回彼女に会った時はまだお腹にその赤ちゃんがいた時だったので、こうやって分離した(?)姿を見るのは何だか不思議な気がした。そしてもちろん生命の神秘も感じたりして。
一度お腹から出てしまうともう成長も止まらない。あっという間に首がすわり、寝返りを打つようになり、ハイハイして歩くんだよね~。
私が今後半年、1年の仕事の予定を考えているうちに、彼はぐんぐん成長していくのだ。
自分の成長もそれくらいグングンだったらいいけどね。(老化とは言わない。)
私が(hopefully)子供を産む頃には周りの友達はみんなベテランママになってるだろうから、質問できる人がたくさんいていいな。
それにしても子育てというのはフルタイム以上のお仕事だから、この子育てをしつつ仕事をしてる人とか・・・すごいなー。

と、赤ちゃんとまったり時間を過ごした後はすぐに脳を切り替え、平和研究会へ。
今日は友達のアメリカ人研究員Boさんがアメリカの原爆投下についてプレゼンをすることになっていたので珍しく参加。そうしたら会場には知ってる顔がたくさん。
やっぱりねー、狭いよ、広島。そういうところに来る人は決まってくるしね。
でもここは以前バイトしていたところなのでやっぱりcomfortable。

その後、Boさんと数人で焼き鳥を食べに行った。
その中に、一人、見るから~にハワイからやってきたしぶーいおじさんが一人。
ハワイなら日本語くらい話せるのか?!と高飛車なことを思ってしまった私が悪かった。
彼は一見ちょっぴり日系人にも見えるけれど、れっきとしたネイティブのハワイアンで、日本語は全然話せなかった。
この人がとぉーっても不思議な人で、今夜は彼の話に吸い込まれていたら、あっという間に終バスを逃していた。
3時間話を聞いても得体の知れない人で(?)、本職は何か分からない。ヒーラーでもあり、芸術やコンサートなどのプロモーターをしている人のようで、見るからに一般人ではないオーラを発している。マウイ島の1,000人しか人が住んでいない村に住んでいるらしい。
彼のご両親はネイティブのハワイアンとタヒチ系の人みたいだが、ムー大陸に住んでいた子孫でもあるとか言ってた。ムー大陸って聞いたことはあるけれど・・・。ググってみよう。
ムー大陸だなんてなんかあやしーと思ったけれど、そう言って見せてくれた彼の手相。
両方の手のひらをくっつけて見ると、真一直線に手相が繋がっている!あんなの見たことない。
あれがムー大陸の人の証なのか?!
本当のハワイの人が何を食べているのかとかどんなことを信じているのかなど話してくれたけれど、彼も言ってたが沖縄と共通するところがある。雰囲気も似てるよね。南国だから。
とにかくもっと色んなことを話したのだけど、あまりにもちょっと話の幅が広かったので、ここでまとめることができない。
とにかくvery spiritualな人でなんだか笑えるくらいハワイアンな人だった。そう、フラダンスを踊ったり、とても陽気な人。

帰りに本通りで別れたけれど、立派な男の人4人と私。5人が円になって手をつなぎ、ハワイアンな呪文を聞きつつ今日の出会いに感謝している姿は絶対怪しい人たちだったに違いない。
世の中にはすごいオーラの人がいるもんだ。

He was the one who said he freed me.

b0061488_11412057.jpg

[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-06 01:11 | 学び  

悪いことばかりでもない。

人生なかなか思うようにはいかなくて、今年は何やってもダメな年なんだ・・・とか、もしかしたらこのままうまくいかないままなんじゃないか・・・なんてすごぉーく弱気になることもある。
その弱気が連鎖して、どんどんネガティブのスパイラルにはまっていくんだよね。

これまでの人生、あまり弱気になることがなかったので、ネガティブな人とか見ると、”なんで?”って思ったりしてた。そういう人の気持ちって分からなかった。
今年1年間、色んなことがあって(大してないけど)、これまで分からなかった人の心の痛みとかちょっと分かるようになった気がしてる。

私にとって、うまくいかない時の打開策って、やっぱりなんでもいいから気持ちに正直になって”行動すること”だなって思った。
そこから見えてくるもの、動いてくるものがあるから。
待っていても、良い人との出会いもないし、仕事が降って沸いてくるわけでもない。

今日、1つ自信が戻ってきた。

負けないぞ!
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-04 22:55 | 日々坦々  

恐怖心。

最近あの元警視庁の北芝さんとかいう人をよくテレビで見かける。
踊る捜査線(だっけ?)のモデルになったとかいう人。
今日もあの人がテレビに出演して、どれだけチャイニーズマフィアが危険で日本に既に入り込んで活動しているかを訴えていた。
あの人は頭もいいのだろう、話も面白いし、視聴者が期待しているであろうことを言うので今ではひっぱりだこだ。
今日も番組のメイン司会者のように人々を釘付けにしていた。

きっと今日あの番組を見た人は、恐怖を感じたと思う。日本がチャイニーズマフィアにやられるぞっ(いや、やられてる)って。
世田谷の一家殺人事件も北芝さんは外国人が関わっていると断言していた。
そして、チャイニーズマフィアは中国で、第二次世界大戦の記憶から日本は鬼子だと教えられているので残虐な殺し方をしても何とも思わないと。
おぉ、こんなところにもやっぱり出てくるか、戦争の記憶・・・。

最近、本当にテレビでは中国の悪いところしか見ない・聞かないので、日本全体、すごぉーく対中イメージが悪いのは理解ができる。日常生活で中国人と関わることがなければ、その人たちに対する情報と言うのは主にテレビなどの情報になるし。
きっと中国に実際に行ったら、当たり前だけど、良い人たちもたくさんいるだろうに、自分を含めて悪い部分しか触れず、その国&国民のイメージを決めつけてしまうのは残念だ。
と言う私も、中国人の友達っていないし(台湾と香港は別よ)行きたいとも今は別に思ってないので、最近自分の中の中国がすごくマイナスの方向に影響されているのが分かる。
周りの情報・価値観だけで、自分の価値観も決めてしまうのは危険だし良くないとは思っているんだけど。
行ってみたら、意外と楽しいかもしれないけどね。でも、みんながみんなすぐに旅に出掛けられるわけでもないし、行きたいとも思わない人は行かないだろうから、やっぱりメディアからの情報をただそのまま受け取るってことは危険なのだろう。そこで一度立ち止まって自分でも考えてみないとね。
でも普通はそんな考えないだろうなぁ。きっと今日みたいな番組を見たら恐怖感に襲われ、”中国人の入国は禁止しろ~。”なんて方向にいくんじゃない?
でもね、人々の”恐怖心”を利用して国民を支配しようとしているのって・・・。
アメリカじゃん!
だからアメリカもあーんなに入国を厳しくしてるんだよねー。
どこの国も同じだね。やることは。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-09-03 16:17 | 日々坦々  

プライオリティー。

本当はもっと急いでやることがあるはずなのに・・・もっと大切なことがあるのに!
そんな時に限ってどうでもいいことをついやりたくなる、やってしまうっていうのはよくあることで・・・。
今日はそんな日でした。

夏休み最後の今日。姉と甥とお出掛けをして、帰ってきたのがまだ午後の早めの時間。
そこから思い立ってやり始めた写真整理。
今回のアジアの旅で撮った300枚以上のデジカメ写真。
その中から選りすぐり、オンラインアルバムにまとめました。でも紙焼きにした写真もあるので、それらもアルバムにまとめなくちゃいけません。でもそれはまた別の日に。

こんなことをしていたら、もう筑紫さんの時間になってるし・・・。あぁ。

仕事でもプライベートでも、やることにプライオリティーをつけるって大切です。
でも、その通りにできない意志の弱い私です。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-08-31 23:12 | 日々坦々  

いや~な夢。

朝一度起きて、二度寝したら、すごぉ~く嫌な夢をみた。
しかも今も生々しく覚えている・・・。人と喧嘩する夢。しょうもないことで。
夢の中にも深層心理が隠れていて面白い。
喧嘩の相手は普段から苦手にしてる人だったし、喧嘩の内容も今自分が気にしていることだったし、不当だと思ったことに相手は大勢なのに一人で抗議しに行ったところはそうありたい自分だったのかもしれない。

夢の中で、まだ買うとは全然言ってないのに勝手に商品を押し付けられ、それを法外な値段で売られて、それに抗議している自分がいた。
状況は全然違うけど、なーんかこのシーン覚えがあると思ったら。

そう、現実世界でもこういうことありました。
しかもイスラエルで。

昨秋、日本人の友達を訪ねてイスラエルに行った時に一緒にエルサレムに行った。
その旧市街地のお土産物屋さんが立ち並ぶ道を歩いていたら、ある宝石屋の店主からある英語を日本語に訳して欲しいと言われた。それを日本語で書いてあげたら、お茶を出してくれた。(現地ではすぐにみんなお茶を出してくれる。)
そこで奥さんがイギリス人という彼は堪能な英語で私たちと色んな話をした。基本的にはパレスチナ人がイスラエルでどんな不当な扱いを受けているかについて・・・。
楽しい会話も終わり、彼はお礼にと言って、ピアスを二人にその場で作ってくれた。いや、いいです、と言ったのだけど、どうしてもお礼にといって譲らなかった。

そこまでは良かったのだけど、”お店にある宝石は興味ある?”と言い始め、私はまったく興味がないのでないと言ったのだけど、友達は少し興味はあったみたいで店内をぐるりと見て回った。でも大して欲しいものもなかったので、じゃあ帰ろうということになり、帰ろうとしたら、彼女が一度手に取っていた真珠を手に、”どれだけ安くなったら買う?”と言ってきた。
いや、いいから・・・と言っても、自分の財布の中身を見せ、”今日はまだ1つも売れてないんだ。これじゃ食べていけない。今日最初の客になってくれ。”と哀願してくる。
だんだんといやーなムードになってきて、友達もこれ以上なんと言っていいか困っていたら、今度はその子のことをすごい勢いで責め始めた。
”買う気もないのに店を見て回ったり商品を手に取ったりするのは失礼だ!そんな曖昧なことはしないでくれ!気分を害した!”と。

もらったピアスを置いて店を後にしようとしたら、そのピアスはプレゼントしたものだから持って帰ってくれと言われた。

二人してどよーんと嫌な気分になって、もう翌日からその店の前は極力避けて通るようにした。

土産物屋で生計立てるって難しいね。
しかも”観光客はみんなユダヤ人の店ばかりに行って!”と言っていたけれど、別に選んでいるわけではなく、感じの良い店を選んだらそれがユダヤ人の店なのだ。やっぱりセンスも良いし。
商売の面では被害者意識も相当入ってるねぇと友達と話した。

あぁ、でもまた行きたいな、イスラエル。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-08-29 12:34 | 日々坦々  

隣にいる人が・・・

ここ最近テレビを見ていて、

”なんでこうなっちゃったんだろうね~。”

と思うような事故が多い。
まさに運命を呪いたくなるような。

福岡の3人の子供が衝突されて橋から落ちて亡くなった件も、アメリカで旅客機が墜落してたまたま日本人夫婦が搭乗していた件も。
どちらとも防げる事故だけど、それでもたまたまその場に居合わせちゃったんだから・・・。

ある日突然一緒に暮らしていた子供たちが全員いなくなるとか、会社で隣に座っていた人がいなくなるとか。。。
想像がつかない。残された人の心の痛みって。

あの3人の子供たちのお父さんも翌日からインタビューに答えてらしたけど。
実感なんて沸かないよね、そんなにすぐ。
これからじわじわと悲しみとか苦しみとか後悔などいろんな気持ちが襲ってくるんだろうな。
残された人は辛いね。

運命。
人生ってすべて決まってるのかな。こういうことって。
哀しいね。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-08-28 20:44 | 日々坦々  

ブラジル。

今日はブラジル人の大学教授を平和公園&原爆資料館に案内してきました。
よく考えるとこれまで平和関係で案内した人たちってアメリカ人がほとんどだったので、アメリカ人以外&英語がネイティブじゃない人を案内するのはちょっと新鮮でした。いつもは私が単語が分からなくて相手が教えてくれるのに、今日は私が教えてあげてたりして。うーん、いつも私の英語をネイティブの人たちはこんな気分で暖かく聞いてくれてるのかな。

今日は結構フルコースでした。
資料館だけじゃなくて、平和公園の碑巡りをしたり、旧日銀で折鶴の山を見たり。
アメリカでは有名なサダコさんや折鶴のこと。でもこのブラジル人の先生はあまり知らなかったようで、”なんで鶴しか折ってないの?”なんて質問していたけれど、サダコさんの写真があったので彼女のお話をしたらとても心を打ったようで、声を詰まらせていらした。
資料館の中でもサダコさんの折鶴が出口付近にあるのだけど、あのエリアは悲しすぎたようで、あまりじっくりご覧にならないままハンカチでチーンと鼻をかんでらした。
アメリカでも原爆の話はするなという人たちでもサダコさんのストーリーはして、なんて言うように、国境や世代を超えて、一人の子供のストーリーとして胸を打つのだろう。

逆に私が今日この先生と過ごして心に残ったことは、『平和』の定義。
ブラジルは先の世界大戦に参戦しなかった。所謂”戦争”を体験していない国だ。
だから&だけど、ブラジルの貧しい人たちにとっては、日々生きるために生活すること自体が”戦争”のようなものだと。今の状態が彼らにとっては”平和”ではないし、明日元気で生きていられるかさえも保障はないから。

う~ん、これはよく言われることだね。”平和って何?”という話。
日本に関しては、現在は確かに戦時下ではないし、ギャング抗争が日常化していて路上で撃たれる心配をして生きないといけないわけでもない。いじめや仕事のストレスで自殺する人が年間3万人以上いるのは平和ではないけれど、でもそれはある意味巻き込まれて死ぬわけではないよねぇ。
そういう意味ではやっぱり平和なんだろう、日本。
[PR]

# by smilingmoon | 2006-08-25 22:37 | 学び  

You're beautiful

つい先日”音楽がなくても生きていける”と言ったばかりで恐縮なんだけど・・・。

James Bluntの『You're beautiful』っていう曲、大好きです。
よくCMなどでも流れているので、きっと聞いたことがある1曲だけど。
リリースされて1年以上経つようだけど、私はここ半年くらい好き。

ブラッドフォード時代もテレビがない時や勉強してる時にはいつもラジオを聴いていたので、その当時ヒットしていた曲などが今流れると、”おぉ~、なつかし~。”となる。
匂いと同じくらい音楽っていうのは体が覚えてるっていうか、哀愁を誘う。
もう戻らない過去への哀愁。
その頃のことが走馬灯のように駆け巡っちゃうしね。

これが顕著なのが高校留学時代の1年の思い出で、あの時はテレビを観てもイマイチ何言ってるか英語が分からなくてつまんなかったので、もっぱらMTVを気に入って観てた。
だからあの年の音楽にはかなり詳しいと思われる。
More than wordsとか聴いちゃうと、旅行したルイジアナとか妙に思い出すしね~。(古いねぇ!)

そうやって思い出に耽るのは年を取った証拠よ!と言われるが、私は大学時代から思い出に浸るのが好きだったので、別に気にしない。
思い出は美しいよ、まったく。

この歌、大好きだったんだよ。

"You're beautiful"

My life is brilliant.
My love is pure.
I saw an angel.
Of that I'm sure.
She smiled at me on the subway.
She was with another man.
But I won't lose no sleep on that,
'Cause I've got a plan.

You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true,
I saw your face in a crowded place,
And I don't know what to do,
Cause I'll never be with you.

Yeah, she caught my eye,
As I walked on by.
She could see from my face that I was,
Flying high,
And I don't think that I'll see her again,
But we shared a moment that will last till the end.

You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true.
I saw your face in a crowded place,
And I don't know what to do,
'Cause I'll never be with you.

Lalala lalala lalala lalala laaaaaa

You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true.
There must be an angel with a smile on her face,
When she thought up that I should be with you.
But it's time to face the truth,
I will never be with you


http://www.virgin.net/music/musicvideos/jamesblunt_yourebeautiful_hi.html (これで視聴できるよ。)
[PR]

# by smilingmoon | 2006-08-25 00:15 | 日々坦々  

ユダヤ人とイスラエル。

今日はブラッドフォード時代の友達、アティが広島に国際会議で来ていたので、一緒にランチをした。(もちろんお好み焼き。”広島焼き”じゃないよ~!)
アティは日本人とインド人のミックスの女の子で、モデルのようなスタイルに、濃くも薄くもないちょうど良いバランスでミックスされた顔。とてもチャーミングで元気な女の子。
7月にインドに行った時にはお世話になったので、1ヶ月ぶりの再会を楽しんだ。
彼女と話をしていて、やっぱりみんな似たような悩みを抱えているものだと何だか勇気づけられた。特に平和に関わる仕事をするという意味では。

帰りに紀伊國屋で本を買って帰った。
今日の私が読みたい気分だった本は・・・。

『アメリカのユダヤ人迫害史』 (集英社新書・佐藤唯行著)

うーん、なんだか暗いタイトルだな。”迫害"だもんね。今日の私はどんな気分だったんだろう?
Anyway、私は4月にアメリカでユダヤ人の人たちに囲まれて過ごして以来、とってもユダヤ人、特にアメリカに住んでいるユダヤ人に興味を持っているので、この本は買わずにはいられなかった。
まだちょっとしか読んでいないので、これについてはまた別の日に。

そんな本を買って帰った夜にタイムリーにメッセンジャーで話した相手は、ネパールで働いているこれまたブラッドフォード時代のクラスメートであるカレン。
そう、彼女はユダヤ系アメリカ人なのだ。
彼女と2時間余り、仕事のことから恋愛のこと、そして最後には現在のイスラエル・レバノンのことにまで話は及び・・・。目が乾燥した!

彼女は生まれはイスラエルで、その後アメリカに移民した口なので、やはり親戚一同が住んでいるイスラエルには特別な思いがあるみたいで、平和構築に携わっている者として一生懸命冷静に状況分析しようとしているのだが、どうしても個人的な思いが強くなると言っていた。
今はまるでレバノンが可哀想でイスラエルが酷いというように世界は思っているけれど、メディアでは伝えられていないイスラエル側の言い分や視点があると言っていた。
ヒズボラは南レバノンの民家や一般市民に紛れてテロ活動を行っているから、どうしても一般市民が犠牲になってしまうことがあるけれど、それだけで問題を捉えてしまい、”民間人を巻き添えにするからイスラエルは悪”、と言ってしまえるほど問題の根は単純ではないと。

きっとホロコーストなどであれだけ迫害されて、ユダヤ人は一致団結して”力”で自分たちのことは自分たちで守らないといけないという考えや、他にも色々な要因があるのだろうけれど、そのあたりのことはもっとちゃんとイスラエル側の言い分を聞いてみたい。
じゃないと、どう見ても今の状況は、あんなにパワフルな軍隊を持ったイスラエルがテロリスト撲滅といって民間人を爆撃しているようにしか見えないから。

ユダヤ人とアメリカとイスラエル・・・。
もっと知りたい。

b0061488_1404127.jpg

[PR]

# by smilingmoon | 2006-08-21 01:10 | 学び  

ライブ。

実は私・・・。
音楽がなくても生きていける人間です。あればいいけどなくても大丈夫。

そんな私が今日はとっても珍しく”ライブ”に行きました。
ロータリアンの方にチケットを頂き、広島東ロータリークラブの有志の方のバンド、そして今夜のメインは【脇大輔】という方のバンドのライブでした。

脇大輔さんのバンドの名前はSOLE JACK CAY。(うーん、広島っぽい!)
音楽の上手さもさることながら、彼が私と似たような年で、塾講をしながらこの活動を続けているというところに妙に親近感を覚えました。
夢を追っている彼らの姿はとても輝いていて、なんだかじーんとしました。
応援したい!と思いました。
現実問題、きっと彼も生活苦しいだろうし、将来のこと考えたら不安だろうし、自分がやりたいと思うことをやっていて充実している反面それに伴う辛さもあるよね~と、思わず個人的に飲んで語りたい気分になりました。
ほんと、これからも頑張ってねー。

その後のおじさまたちのバンドもすごく上手で、曲も全部聞き覚えのある昔のメガヒット曲だったので会場のお偉いさんたちもノリノリ。
一緒に行った友達の大学の理事長さんという人も踊ってたぞ!
ホステスさんたちもちらほら居たりして、なんだか別世界を覗いた気分でした。

いろんな意味で社会経験な夜でした。


ロータリアンのバンド↓
b0061488_1202893.jpg

[PR]

# by smilingmoon | 2006-08-19 00:43 | FUN!