<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

dirty faceの続き。

実は昨日の日記は途中で図書館を離れなくてはいけなかったため、書き途中だったのです。
大したことしてないくせに、なんだかあっという間に時間が経っていくのです。
図書館でしかネットが使えないし・・・。

Anyway、毎日何個も聞きなれない英語の言い回しが出てくるんだよ。
英語の言い回しとか、あと、アメリカ人についてとか、発見がたくさん!
それを是非みなさまとシェアしたい。

最近私の言った一言が笑いのネタにされているのは、“dirty face”と“dirty look”の違い。
確か、"Don't give me a dirty look."って文章があったかなぁと思い出した。
give 誰々a dirty lookで、嫌な顔をするとか、にらむとかいう意味。(アルクの英辞郎より)

裏覚えだったのだけど、使ってみようと思って私が言ったのは、

Don't give me a dirty face.

私的にはまったく違和感もなく、ふふ、新しい用法を使っちゃったわ程度にいい気になっていたら。。。笑われた!笑われてからもぜーんぜんなんでか意味が分からんかった。

聞いてみたら、dirty faceっていうと、ただの泥とかで汚れた“汚い顔”っていう意味。dirty lookっていうと、嫌な顔っていう意味。

うーん、私にはどっちでもいいじゃん、って思えるんだけど?

ま、でも”嫌な顔を見せるな”と”汚い顔を見せるな”ではちょっと違うか?

外国人が日本語話していると、クスっと笑える表現とか出てくるけれど、そんな感じかな?
例えば、Eメールのことを、”電気メール”と言う外国のお友達・・・。(笑)

うーん、もうちょっと勉強しよ。
[PR]

by smilingmoon | 2007-06-26 04:54  

dirty face

英語を最初に中学校で学び始めて20年以上!
その間”勉強”していたわけではないけれど、ある程度は使っていた。
ひとつの言語をそんなに長い時間使っていればネイティブになりそうなものなのに、いやいや、今後残りの人生をずっとアメリカで暮らしてもネイティブみたいにはなれないだろうなぁと思う。
小さい子供は小学校の3年間でも居たらネイティブみたいに話せるようになるのに、やっぱり大人になってからは難しいな。
[PR]

by smilingmoon | 2007-06-25 04:29  

クリーブランド。

またクリーブランドにやってきました。
ソルトレイクシティーからシカゴを経由してクリーブランドだったのだけど、3月に引き続き、またシカゴのオヘア空港にやられました。3月は便がキャンセルになって、1日足止めを食らったのだけど、今回も予定のクリーブランド便が悪天候のためキャンセルとなり、次の便もキャンセル、あぁ・・・私はシカゴ空港で夜を明かすのか!と泣きそうになったら、クリーブランド近隣の空港行きの便に変更でき、それはなんとか離陸してくれました。あぁ、本当に魔のシカゴ空港。
シカゴは天気が悪い(強風とか)ことで便が乱れることがしょっちゅうなので、本当に油断大敵。帰りは日本への便に乗り継ぎなので、本当に頼むよっ。

到着翌日の夜はみんなでクリーブランドインディアンズの試合観戦へ。
やっぱりアウトドアの球場って気持ちいい。
試合には負けたものの、ボールゲームを満喫して満足。
さぁ、日本に帰ったら、今度はカープだね!

b0061488_10133355.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2007-06-21 10:13  

Arches National Park in Utah

ロータリーの会議が終了した翌日、友達のアーティと一緒にレンタカーで4時間半ほどユタ州を南下した。
アリゾナとかネバダというと砂漠や岩をイメージするけど、ユタも実は全然そうだった!
気温は40度近く。水を何リットルも飲まないと脱水症状になると脅され、あまり水は好きではないのだけど、一生懸命飲んだ。
そして辿り着いたArches National Park。アーチというのは、そのアーチ。
写真の通り、自然に岩が崩れ、アーチ状になっているのだけど、それがこの国立公園内には200箇所(だったかな)以上あるそうで、確かに至る所にきれいな岩のアーチがあった。

b0061488_955742.jpg


この公園に到着したのが夕方6時。
私もたいがいダラダラして時間が遅くなるのだけど、増してアーティもそうなので、二人で行動するとこんなとんでもない時間からの登山、ウォーキングとなった。
でも10時頃まで明るい夏のアメリカ。6時~10時まで歩いたけど、さすがに帰りは暗くなってて、月の明かりを頼りに歩いたりして・・・。危険~。

でも雄大な景色に1日だけ心洗われました。
大きな自然に囲まれ、リフレッシュの1日でした。

b0061488_1063496.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2007-06-21 10:02  

ソルトレイクシティー。

今朝広島空港を発ち、夕方やっとアメリカはユタ州ソルトレイクシティーに到着しました。
夕方といっても、そこは時差が15時間あるので、実質かかった時間は不明だけど。(考えない方がいい)
今回はすべてのフライト、時間通りで、席は混み合っていたけれど、特に問題もなく到着。
空港からホテルにチェックインして、広い部屋を持て余しています。
今回はロータリークラブの国際大会。
ロータリー平和奨学生をみんな招待してくれました。
なので、夜は懐かしいブラッドフォード時代の友達たちと再会を楽しみ、この1、2年でのみんなのめまぐるしい人生の様子を聞いていました。
みんなそれぞれ悩みつつ、とても頑張ってて、さすがだなぁ~と感心しきり。
そして母国で落ち着いている人がとても少ないのにも笑ってしまった。
こういう人たちは一生世界を渡り歩くのかなぁ・・・。

とにかくこの週末の大会、いろんな人からいろんな良い”気”を吸い取り、私の日本に帰ってからの生活再スタートに繋げたい。
私、本来はこういう社交的な場面ってあまり得意じゃないのだけど、せっかくアメリカまで招待してもらったんだから、今週末は努力して社交的になろう。
[PR]

by smilingmoon | 2007-06-15 16:16  

いつもより早く。

あっという間の広島滞在だった。
戻ってきたの、先週の金曜夜だものね。
明日は朝早く広島空港から羽田→成田と行きますが、今夜は思ったより早くパッキングが終わった。といってももう夜中の1時だけれど・・・。
いつも大体もっとギリギリ(例えば翌朝とか)までパッキングをすることが多いので、何だか今回はすごく手際よくできた気が勝手にする。
まぁ今回は”仕事”っていうわけでもないし、夏服だから軽いし、あまり荷物がないのだけれど・・・。小さなスーツケースだけど、それにもゆとりスペースさえ!
インドネシアから戻ってきて、何だか心にゆとりもでてきた。

では、また行ってきます。
[PR]

by smilingmoon | 2007-06-14 00:58  

消えるものなのです。

あー、せっかくブログ書いたのに、消えた!
もう遅いから書き直さんぞぉ。

インドネシアのプロジェクトをしていた場所の1つに、外国人は絶対こないような海岸に面した村があった。
いつも片道車で7時間かけてその場所に行っていた。
私たちがインドネシアを去るにあたり、パソコンを2台どうにかしないといけなかったので、1台をその村に譲渡してきた。この村にはインターネットはおろか、電話線が通っていないので、パソコンなんて使うかなぁと思ったのだけど、村の若い人でパソコンが使える人がいるから大丈夫と言われ、譲渡を決めた。
実際記録管理などもパソコンがあり、使えると、便利だしね。

でも1つだけ口をすっぱくして何度も言っておいたのが、”パソコンは壊れるものだから、データは必ずバックアップしておくこと”ってこと。
一瞬にしてデータがなくなってしまうことをどれだけの人が経験したことだろう!(私もメールアドレスを一瞬にして失った。。。)
これだけが恐ろしい。

彼らの生活にパソコンなんて必要品ではないのだろう。あれば便利だけど、必需品ってわけではない。日本の子供たちのようにパソコンでゲームして部屋で遊ぶより、今みたいに海岸で凧揚げだのカケッコだのして遊んでいてほしいと私は勝手に思うのです。
インドネシアで一番考えさせられたのがそういうことかもしれない。
いわゆる先進国のような生活になることが、果たして幸せってことなんだろうかってことかな。
[PR]

by smilingmoon | 2007-06-13 03:09  

微妙に時差ぼけ?

最近毎日夜中3時頃にようやく寝る準備をしている。
これってインドネシア時間で言うと1時。
うーん、微妙にまだ身体はインドネシア時間で生活してるっぽいねー。
しかも生活に時間的制約がないので、それが許されてしまう。
でもまあどうせ明後日から13時間時差のある場所に行くんだから、いいかな。

今日は中・高時代の友達と二人、別々に会った。
やっぱりねぇ、この中高時代に知り合った人たちって、例え別に友達じゃなかったような人とでも10年以上ぶりに再会しても不思議と違和感なく話せるよね~って話になった。確かに、本当にそう。やはり多感な時期に6年間一緒の学校に通うって、例え同じクラスにならなかったとしても、多くのことを共有してるんだなぁって思う。12歳から18歳までを知ってて、今は3X歳!歴史を感じるぅ。

そして、二人目の友達の家では彼女のおぼっちゃんがとても大きくなっていた。
去年の7月に生まれたばかりの時にしか会ってなかったから、すっかりハイハイして自我が芽生えている彼にびっくり。
大人の1年と子供の1年はこんなにも意味が違うのか!

周りには赤ちゃんばかりだよー。日本の少子化も意外と鈍化するんじゃない?
[PR]

by smilingmoon | 2007-06-13 02:44  

芸北町。

広島県北部に芸北町というスキーで有名な場所がある。
私の家からだと1時間もかからず到着。
今日は母と叔母、そして叔母のご近所さんと一緒にここ芸北町へお蕎麦を食べに行ってきた。手打ち蕎麦。
お蕎麦は美味しかったけど、新宿御苑前のなんていう名前だったか忘れたけど、御苑前で働いていた時によく昼食に食べに行っていたお蕎麦屋さんにはかなわないな。
東京に戻ったら、また行きたい!

他にもすることはあるはずなのに、夜はずーっと家探し。
最近はネットで色々できるので便利ではあるけれど、やっぱりその建物や周りの環境など、実際に見てみないと分からないことも多い。
東京にいれば、すぐに行ってみて決めるってこともできるけれど、こんなに遠くからだと一発勝負で決めるしかない感じ。
実際大学で初めて上京した時は1日で決めざるを得なかったし、クロちゃんも1日で決めたし、やろうと思えば不可能ではないけどね。でもついつい欲が出て、もっといいところ、もっといい条件・・・ってなっちゃうからね。

あと2日しか広島にいません。
使い捨てコンタクト買ったり、銀行行ったり、色々しないといけないことがあるのに。
どうもいつもプライオリティーを故意に間違えてしまう私なのです。


b0061488_1543289.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2007-06-12 01:56  

美容院行きました。

久しぶりに広島の町に出たら、ちょこちょこお店が変わっていた。
私が行っている美容院も先月移転して、今度は私が利用するバスセンターにほど近い場所で、ホストクラブみたいな入り口の、窓のない渋い店舗になっていた。
今日はここでツイに念願の髪を切ってきた。お正月明けにインドネシアに戻って以来髪を切っていなかったので、5ヶ月ぶり!うーん、こんなの日本じゃ許されないよねぇ。。。

今日はカットとカラーリングをやる気満々で行ったのに、前のアポが長引いて、到着が遅くなってしまったので、カラーリングをするには遅すぎ、カットだけになってしまった。ま、いいけど。
周りを見渡すと、色は暗めだけど、ほぼ9割以上の同年代の女性は髪を茶色めにしてると思う。やっぱり少し茶色の色を入れるのはいいね。軽くなるし、巻いてあったりしたらかわいい。
でも、長い髪で、茶色にして、巻いてるのってすごくありがち・・・。かわいいけど。
なので、このまま黒髪でもいいかなぁと思ってみたり。

優柔不断の私には、今日はカットだけで良かったのかも。迷っちゃって決められないから。

とにかく、ここ何年も、”伸びてもおかしくないように切ってください”と言い続けていたので、今度から私も手入れの行き届いた日本の女性たちと同じように美容院に行ける環境になるのかと思うとちょっとワクワク。
[PR]

by smilingmoon | 2007-06-11 03:12