<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

Spirit of イロシマ

ブラッドフォード時代のアンゴラ人の友人Fとその日本人の彼女のEさんが広島を訪問してくれた。
今日は1日彼らと曇り空の下、広島の街を一緒に散策した。

午前中は原爆資料館に行ったのだけど、”いつもなら20分位でミュージーアム系はシャーっと見終わっちゃうんだ”と言うフランシスコが初めて今日ミュージーアム見学に3時間かけた!と自分でとても驚いていた。
平和学の博士課程をやっている彼にとって、資料館の中身は大変興味深く、知らないことばかりだと言って持ってきていたビデオカメラでパネルを1枚1枚撮影していた。そしてそれは大変な作業だからとEさんに指摘され、途中から関連書籍を何冊も買って、後でじっくり見るんだと楽しみにしている様子だった。
資料館を観終わってから彼はしきりと『スピリット・オブ・イロシマ(ヒロシマ)!』と嬉しそうに繰り返していた。(確かそんな名のNPOかHPがあったような・・・)

彼はアンゴラ人と言っても、小さい頃に内戦で国を出て行かねばならず、その後はコンゴで暮らさざるを得なかった。(難民が大量に流出した)
いわば私と同じような年でも実際に戦火を潜り抜けてきた人なのだ。
その彼曰く、あんなに何もなくなって破壊されてしまった広島の街が今はこんなに大きくなっている。この復興の様子はアンゴラにとっても希望なのだ。その国を立て直すぞという精神をヒロシマから学びたい!と力説していた。

よくアフガニスタンやイラクの人が広島の街を訪れてこのようなコメントをしているのはテレビや新聞で聞くが、実際に自分の友達がそう言うのを聞いてなんだかとても感激した。
そういえばこれまで広島に来た私の友達ってほぼアメリカ人ばかりだったからなぁ。
アメリカに復興という言葉は結びつかないね。

Fのお陰でヒロシマ・ナガサキという言葉が持つ力をあらためて感じられ、広島市民として別に私が復興に貢献したわけではないけれど、とても嬉しくなった。

逆に、ありがとう。

スピリット・オブ・イロシマ! (Fはフランス語を話すのでHを発音し忘れることがよくある。)
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-26 22:11 | FUN!  

ワールドフレンドシップセンター

連日外出中・・・。
人に会うのは楽しいのだけれど、最近片道1時間以上かけて街に出るのが”たいぎく”なる。ずっと広島に住むのなら街中に一人暮らしでも・・・という気もするが、多分何年もここに住むことはないと思うので、その予定はない。しかも東京でもう10年も一人暮らしをしたものだから、”一人暮らしをしたい!”という欲求も全くないし。

さて、今夜は友達に紹介してもらい、ワールドフレンドシップセンターのアメリカ人館長さんご夫妻(ドンさん&ポーリンさん)にお会いしてきました。

ワールドフレンドシップセンター(WFC)のことは以前から知ってはいたけれど、具体的に何をしているところなのか知らなかった。実際お話を聞いてみると色んなことをされている。
例えば、毎日英会話教室を開いたり、ゲストハウスとして多くの海外からの宿泊客を家に泊めたり・・・。

そもそもWFCって何?って感じだが、1965年にアメリカ人のバーバラ・レイノルズさんという広島の平和関係者には有名な女性が設立した。
要は、ヒロシマという土地で、世界の人たちが仲良くなれるよう手助けする活動を行う団体だ。
運営は会員の募金やその英会話教室の月謝、宿泊客のお世話などで成り立っていると思うけれど、宿泊も朝食付で3,200円だし場所もなかなか便利そうだから、広島をサクッと観光したい観光客には良さそう。(実際アンゴラ人の友達が明日夜そこに宿泊予定。)

このWFCの館長さんご夫妻と職員の日本人女性の方がお一人いらっしゃる。
そして館長さんたちは2年ごとに交代し、前回の館長さんご夫妻はカナダ人だと聞いたが、今日お会いしたご夫妻はアメリカのバージニア出身の方たちだった。
彼らはみんな平和を第一主義とするキリスト教(例えばクエーカー教徒など)の信者さんたちで、奉仕の感覚で来ているのだろう。
昨年5月に初めて広島に移り住んだそうで、その時平和資料館を見て、”まさか原爆とはこんなに酷いものだったなんて!”とビックリされたそうだ。私としては、そんな見ず知らずの土地、しかもヒロシマに2年間も移り住むなんて勇気あるなぁ~と思ったが、そういう平和に大変熱心な人たちでさえヒロシマをこれまで知らなかったことにもビックリ驚いた。
これまで広島で一度も嫌な思いをしたことはなく、大変気に入っていると仰っていた。
それは嬉しい。

でも結構お年の館長さんたち、毎日とても大忙し。(娘さんが50歳ってことだったし・・・)
とりあえず毎日英会話だけで疲れそうだが、素人なのに宿泊客のお世話でしょ?
シーツ代えたり、朝食作ったり、掃除したり。
体力あるなぁ~。
そう、こういう時に欧米人って体力あるよな~って思うのです。いくつになっても・・・。

ホント、いくつになっても夫婦揃ってこうやって海外に住み、新しい文化に触れ、貴重な経験をできる彼らがとても羨ましい!
肩を並べて帰るお二人を見て、こういう夫婦って理想・・・と思ったのでした。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-24 00:52 | 日々坦々  

ピースビルダーズ・カンパニー

ブラッドフォード時代の友人Fさんが広島に住んでいる。
今日はそのFさんに紹介してもらい、ピースビルダーズ・カンパニーという去年広島にできたNPOを訪問した。
FさんからこのNPOの設立趣旨や活動内容を聞いた時からとても興味深そうだと思っていたのだけどここの代表のFCさんに会ってみると益々今後に期待が持てる団体だと思った。

広島には東京に多くあるような大型の有給職員さんが何人もいるような本格的な国際NGOはないと思う。県や市がやっているような財団法人系だと”平和の街・広島”だから何かとあるけれど、本当に生粋のNGOってのは知らない。
まぁ全般的に地方にはあまりないのかもしれない。

このピースビルダーズ・カンパニーのFCさんは東京のNGOで長らく働いてきた女性で、ザンビアでも働いていらしたそうで。
ザンビアといえば、ブラッドフォード友達の明子さんやemiemiが住んでいた国なので、Fさんに”(首都の)ルサカは欧米人がウジャウジャいて夜になるとクラブが盛り上がるような都会なんですってね?”と尋ねると、”えぇー、私が居た10年前は全然そんな様子はなく、まさかルサカがそんな都会になるなんて・・・”と絶句していらした。ザンビアも10年で大きく変化したらしい。

せっかく広島はあの惨状から復興を成し遂げ、今は平和のシンボルとして世界に知られている土地なのだから、もっと世界に向けて平和推進のために発信できる活動ができるといいね。
そういう意味でも、新たに広島から発信をしようとしているこのNPOの活動を今後も楽しみにしたい。

そうそう、このNPOがあの映画『ホテルルワンダ』を日本に誘致したのよね。
詳しくはこの団体のHP見てみてくださーい。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-23 00:27 | 学び  

NYからのメール。

東京の母校大学のニュースレターがEメールで送られてくる。1、2ヶ月に一度。
先週届いたそのニュースレターには、NYで活躍されている卒業生で、現地でも平和活動に携わっているという人のことが少し書いてあった。
広島・アウシュビッツ大行進というものに参加され、その後ポーランドのクラクフ大学に4年間も留学されたとか!しかも私の親の世代の方である。
きっと当時そんな人なんてとても珍しかったに違いない。

簡単な記事だったので、もっとこの人が行ってきた活動について知りたくなった。
早速同窓会にメールして、この人に連絡が取りたいと言ったら、すぐに私のことをこの方に連絡してくださった。
そうしたら今朝NYからメールが届いていた。
何でも早い早い。
私みたいに何日もメールを溜める人たちじゃないお陰で本当に事が運ぶのが早いわ。

おまけに、そのNYの方が日本にいらっしゃるお友達で(これまた同窓生)広島出身の平和活動にも献身的に携わっていらっしゃる方をご紹介くださった。そしてその方からもすぐに電話が掛かってきた。

お電話でお話した短い時間の会話からだけでも、その方の思い、活動について共感するところが多く、私がなぜ今の活動をしようと思ったか知りたいとのことだったので、私も早速便箋8枚に自分のこれまでについて書き、早速明日郵送。私にしては珍しく早いが、手紙を書くのは大して苦ではないので。

今度NYにも3日くらい立ち寄るので、その時に多分最初の同窓生のおじさまとも会える予定。

一気に、同窓生の平和に関わっている方お二人と繋がれた。
同窓生と言っても大先輩なので、本当にどのような人生を歩んでいらしたのかをお聞きするのもとても楽しみだ。

よく考えたら卒業後すぐの就職先も、同窓生の方が誘ってくださって入った会社だし、親と子ほど年が違っても同じ学校を出たというだけでかわいがってくださるのは有難い。

人とのネットワーキングって楽しいな。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-22 23:37 | 日々坦々  

行ってらっしゃい。

ネバーアゲインキャンペーン(NAC)という私が4年前に行ったのと同じアメリカでの平和活動を今度は中・高の後輩が行うことになり、1週間後には彼女はもうアメリカに向け出発だ。
後輩と言っても知り合ったのは私がミネアポリスに居た時だから、かれこれ3年前になる。彼女とはもっと長い間友達だったような気がするくらいなんとなく波長が合う。

その彼女が今日は1日我が家に来て、一緒にアメリカでのアポ取りの準備をした。
アメリカの学校に自分でコンタクトして、プレゼンテーションをさせてもらう約束を取り付けるという、まさに自分を売らないといけないこのアポ取り。
この作業が一番大変で、最初時間が掛かる。
誰もほとんど知らないような場所で1からコネを作り始めるわけだから、そりゃ大変だ。

この彼女。今度の行き先はミネアポリス。
そう、私が居た街だし、私がお世話になったホストファミリーがまた受け入れてくれることになった!ボランティアでね。
なので、私が4年前に滞在していた時に訪問した学校の連絡先などを納屋からノートを引っ張りだし、探してみた。
懐かしい思い出がサワーッと込み上げてきた。
アメリカから帰ってきてまだそんなに経ってないと思ってしまうが、その間私はイギリスに2年も居た・・・。そんな長い時間が経ったとは思えないんだけど。
それだけ強烈な印象に残ったNACの1年だったんだろうと思う。
今考えてもエキサイティングな毎日だった。
またそれを1年しろと言われるとちょっと気合を入れないとできないと思うが、振り返ると確かに血となり肉となった1年だったなぁ。

彼女の新たな1年で疑似体験をさせてもらおうじゃないか。
そして私も負けないよう、エキサイティングで平和な人生、送りたい。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-18 00:36 | 日々坦々  

集中しました。

今日は我ながらすっごい根を詰めて目を充血させながら仕事に励んだ。
朝の11時から(お、遅いスタート・・・)夕方6時までノンストップでインタビュービデオを見て、日本語の重要な部分を起こし、それを英訳!
思ったより、というか思った通り時間が掛かりました。
こんなに集中したことなんていつぶりでしょう。
やればできるんだね♪

四国の方の元軍人のおじいさんをインタビューしたビデオで、”人肉食”についての証言ビデオ。
なまりで聞き取りにくいし、パンをお昼に食べながらその証言を聞いていたらウッとなりそうだった。
なんだかおじいさんの昔の古傷を開いているようでいたたまれない気持ちになり、もうそんなこと聞くのはやめてあげてくれ!と言いたいような気分になった。
おじいさんの証言の中で、印象的だったのは人の肉を切ってとかそういう話ではなく、もう回復しそうにない傷を負った仲間が、自分から食べるのをやめたという話だった。食糧もない時に、死んでいく自分がお米を食べるのは申し訳ない。そういう思いから自ら食事を断った兵士。

最近のバイトで、旧日本軍のアジアでの様子を個人的な視点から眺める機会が多い。
日本軍が行った行為と、個人の責任と。。。
やっぱり最後は、”戦争さえなければ”となってしまうのだけれど。

その後、雨の中を旅行会社へ。
アメリカのチケット代を支払いに。
いつも利用している「トラベルファクトリー」。ここの広池さんは仕事も速いし的確だしお勧めです。私も数年前に友達から勧めてもらいおつきあいを始めたのだけど、良いので思わずいろんなひとに勧めてます。
今日またアメリカの入国の厳しさについてびっくりしたことがあった。
入国時に滞在先のホテルなどを書かされることは前からあったけれど、昨年の秋から今度はチケットを発券する際に旅行会社から航空会社に旅行者の滞在先を登録しないといけないんだそうで。
すごいコントロールだなー。
アメリカってどこまでセキュリティー厳しくなるんだろう。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-15 23:58  

こねくしょん。

アメリカでの職探し、しかもNGO、しかも教育分野でと絞りまくっていると途方にくれたくなるくらいそれは困難なものだと最近ヒシヒシ感じております。
とは言え、まだ具体的に誰かに会ったりとか応募したりしているわけではなく、遠いアメリカの情報をネットで探っては悲観的になっているだけなのでまた実際に行ってみると事情が違った・・・なんて嬉しいことになるといいなと思ったりしているのですが、全く楽観的になれる要素はありません。
しいて言えば、アメリカにあるコネクションくらいでしょうか。
でも場所も限定型なので、これまた難しい。

1つとっても興味を持っている(働きたい!)NGOがボストンにヘッドオフィスを持っています。
そこにコンタクトをクリスマス頃から取っていたのですが、やっと会う約束がまとまりました。
3月後半にボストンに2日くらいだけ立ち寄るので、その時に一緒に夕食を取ることになりました。昼間は既にミーティングで一杯だったところに、2日しかボストンに居れない私の動かせない日程だったのでもしかしてボストンまで行って会えないか?!と危惧しましたが、ご飯で何とか落ち着きそうです。意外とそれはそれでリラックスできていいかも。
本当にこのNGO、働いてみたいので、仕事欲しいぞオーラがガンガンに出ているかもしれませんが、それを悟られないように上手くスマートにこなしたいものです。

他にはあまり具体的に働いてみたいNGOは見つかっていません。
というより、自分でやりたい。

3月の10日から1ヶ月ほどアメリカに行き、様子を探り、その後のことは検討したいと思っています。
今はとりあえずできるだけ多くの潰しのきくオプションを考えることと、この3月に目一杯多くの人に会えるようアポ取りをするのが大事かなと思ってメール書き頑張っているところです。

あぁ、これで自分の居たい場所でしたい仕事ができるなんて幸運に授かることができたら、本当に嬉しいよ。
そのためには運磨きはさておき、今は地道なメール書きだな。今は。こねくしょん。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-13 22:16 | 日々坦々  

がっくり。

今朝は予定通り6時に起きてみたものの・・・。
胸がムカムカする。
支度をしていたけれど、これから電車に1時間半、そしてフェリーに揺られる元気は全然なかった。
なによりあれだけ殻付きの焼きたて牡蠣にしょう油とレモン汁を垂らしてシュルルと食べるのを楽しみにしていたのに、それを想像しただけでウプッと感じてしまうのはどう考えても体調が悪かった。

風邪は引き始めが大切、と思い今日の牡蠣打ちは本当に残念ながらキャンセルさせてもらった。ごめ~ん。
15人くらいで行く予定だったので、新しい人たちと友達になったり誘ってくれた小学校時代の友達に久々に再会するのを楽しみにしてたんだけどなぁ~。

今日は1日中寝てたのだけど(午後は叔母と祖母が来たのでお茶したけど)それでもまだまだ寝れる。
妊婦の友達と一緒だな。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-12 21:55 | 日々坦々  

ちょい風邪。

今日は朝から頭が痛く、昨夜の二日酔いかと思ったけどどうやら風邪気味。
体もだるく、1日コタツでゴロゴロしていた。
隣で母も風邪だと以前からゴホゴホしたりしてたので、彼女の風邪が移ったのかもしれない。
明日は早朝から瀬戸内海の島に行き、牡蠣打ちの予定なのでまた外は寒いだろうから気をつけなくては。第一明朝熱とかあったら行けないし。
でも本格的な熱を伴う風邪はここ何年も引いていない気がするので、その調子で大風邪を引かないように持ち堪えたいものです。

昨日はまた以前の職場で1日働き、夜はチケットが手に入ったからとお誘い頂いた人と広響のコンサートに行ってきました。
なかなかコンサートなんて行く機会がないので、久々に文化的活動に触れ心穏やかな時間を過ごしました。好きなことを仕事に食べていけるなんて、羨ましい!
その後ご飯を食べに行ったのですが、その人は高校の先生なので、色んな興味深い話を聞かせてもらい、とても勉強になり、そして楽しい時間を過ごせました。
似たような価値観の人と同じ関心事について話すのは本当に楽で何時間でも話していたいと思った。
学校の先生、忙しくて大変そうだけど、情熱を持ち続けて頑張って欲しいな。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-12 00:02 | 日々坦々  

チョキチョキ。

昨日、今日と久々に家で過ごしてます。
やっぱりいい!部屋も荒れないし、何だか心にゆとりが・・・。
また明日は朝から平和研に行き、夜も・・・。

したい事はできる時にやっておこうというわけで、今日は思い立って午後から地元の美容院へ。
その名も『美人館』。ちょっと恥ずかしい。
12月に帰国して以来、ずっとどこの美容室にしようかしらと迷っているうちにこんな時期になってしまった。しかも前に美容院に行ったのが言うのも恥ずかしいくらい前だし。

今日この美容院に行って私が認識したことは、”日本では自分の身なりをとても気にかけるべき”ってことだった。
イギリスの私は手抜きをしすぎていた!しかもそれが日常になっていたので、そのことにすら気づかなくなっていた!やばいワ~。

随分黒髪も増えたとは言え、まだまだ日本は茶髪真っ盛り。
全然染めてない私の髪は、明るい茶色の髪の美容師さんたちに囲まれると余計に黒々してて、まるで私がガイジンのようだよ・・・。
それにパーマもかけてないのでホント良い言い方をしたら”ナチュラル”、悪い言い方をしたら”手をかけてない”髪形なのでした。

美容師さんがアイロン(コテ)で毛先をウネッとさせてくれたら軽くパーマがかかったような素敵な髪型になった。
そのあまりにも簡単そうにウネッを作るヘアアイロンに感激し(というか美容師さんの腕だろう)、すぐその気になる私は早速帰り道にデオデオ(電気屋)に行ってマイナスイオンも出るヘアアイロンを買ったさ。
早速明日試してみよっ。

”こんなの毎朝みんなしてるんですかね~。”と聞いたら、”してる方多いですよ~。”だって。
そうか、日本の若い女の子はみんなとーっても素敵な髪型をしていると思ったら、やっぱりそこには努力があったんだ。すごいな。

というわけで、私も少しは日本の女の子たちを見習い、もうちょっと自分に手をかけてあげようと思った1日でした。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-09 23:27 | 日々坦々