カテゴリ:FUN!( 63 )

 

旅真っ只中。

1週間のイスラエルへの旅を終え、昨日イギリスに戻ってきた。
ヒースロー空港で母と合流し、今はブライトンに滞在している。
明日は1日ロンドン観光をし、明後日から本格的に母との旅が開始される。
手始めはプラハ。さむそー。
今日のブライトンは真っ青な空だったけど、この冬一番の寒さで外に居るのが辛かった!
早く最終地のイタリアに行きたいなぁー。

旅の日記もアップしたいのだけど、何しろネットを使わない環境なので当分は難しそう。
12月に日本に戻ってからかなぁ。。。
とにかく母と二人無事に日本に帰られるように健康と安全に気をつけます。
ではまた。。。
[PR]

by smilingmoon | 2005-11-25 08:03 | FUN!  

ユースと。

今日は、”これはイギリスじゃないだろう・・・スペイン?”というくらいの一面青空の1日で大満足。人間(私?)天気に気分を左右されるなー。こんな日は自然と顔も明るくなる。

今夕方4時前。だんだん空がオレンジがかってきてこれまた美しい。
暗くなる前に近くのアラブ系ショップにテレフォンカードを買いに行くつもり。さっきチェックしたけどさすがアラブ系、日曜日でも開いてた。

今日は近くのヨークシャーデールという美しい自然の中にある小さなレストランにランチを食べに出掛けた。ジョージとイニッド、娘のアリソンにそのパートナーのパット、そして私という5人で。
サンデーランチということで店内は少しおしゃれをした地元の人たちで一杯。要予約という流行っているパブっぽいレストランだった。
昼間からコースのPoshなランチをいただき、なだらかな丘を見渡しながらの日曜の午後。

幸せ。

ブラッドフォードから少し足を延ばすと、やっと自分が美しいエリアに住んでいる恩恵を感じる。緑の丘に白い羊の群れ。
これぞヨークシャー。

ただジョージの運転が荒いので、後ろに座っている私は少々車酔い気味で早く家に到着したかったのが残念。。。

話は変わり、昨夜はハルカの家で夕ご飯会をした。
私たち二人と、キョウコ、その彼Kくんともう一人Kくんという5人。
みんななんとなく初対面だったけれどラザニアを食べながらすっかり打ち解け、気づいたら夜中の1時半になっていた。
私より下手したら一回り近く若い彼らとの話は日本のプチナショナリズムから江戸時代の拷問の種類、英語耳から私がカンボジアで受けたひどい仕打ちの話(愚痴。)まで幅広い範囲に渡り、とても楽しくあっという間に夜中になっていた。まだ話し続けられそうな勢いだったし・・・。
私のこのブログを実は2年以上密かに読んでくれていたKくん。やっとご対面でした。

何だか新しい人と出会うのって嬉しい。
そういう知り合った人との縁をずっと続けていくことができたら50歳くらいになったら年賀状700枚くらい書くような人になってるのかなぁー。

年賀状書くの好きなのだけど、ここ数年日本におらず書けてません。
今年こそは!
[PR]

by smilingmoon | 2005-11-13 00:50 | FUN!  

アムステルダム、行ってきまーす!

10月の終り。
恒例の冬時間が始まった。というより、夏時間が終わったというのが正解なんだろうな。
今回は時計を1時間後ろに戻します。ということは、1時間余分に眠れるということ!嬉しい。でも夕方は1時間早く暗くなるということに加え、既にどんどん日が短くなっている真っ最中なので、今日はもう5時過ぎには暗かった。これが4時に暗くなるようになってくるんだよね・・・間もなく。ツライ。

昨日はウナというおばさんの家にランチにお呼ばれし、午後はずっとベルファーストから30分ほど離れた彼女の家で彼女のお友達たちと楽しく過ごした。このウナおばさんは1972年に日本に来たことがあったり、10年もザンビアに住んでいたり、ベルファーストの片田舎に住んでいるとは思えないインターナショナル人。そのお友達もやっぱり類友で、インというおじさんはパプア・ニューギニアに24年だって!向こうで建築家だったらしいけど、奥さんが弁護士(アイルランド人)でずっとパプア・ニューギニアの法制度を確立する仕事をされてたらしい。その奥さんは現在国連の法関係の仕事でシエラレオネに1年以上滞在中!もう60歳近いはずなのに、有能&パワフルな女性は多いものだ。

おなか一杯になった後は家に戻り一休みし、夜9時からまたベルファーストフェスティバルの映画を観に。
今日の映画はオルソン・ウェルズの最高作品と言われる『Magnificent Ambersons』というもので、1942年の作品だった。もちろん白黒。
まぁ良かったけど、家の小さなテレビスクリーンだときっと途中でチャンネル変えてるな、という気がする。通の映画かな。

ベルファースト滞在もあと1週間となった。あぁ。。。
加えて私は今日から木曜までオランダのアムステルダムに行ってきます。リンダという友達がいるので、彼女に会うことと、学生ビザが今日で切れるので、一度国を出ないといけないからという目的で。
アムステルダムのアンネ・フランクの家に行ってみたかったので、ちょうどいい。
ほとんど下調べもしていないアムステルダムだけど、素敵な旅になりますように☆
それではこれからバスで2時間ほどのダブリンへ行き、そこからエアーリンガスという飛行機で空路2時間の旅。
それでは行ってきまーす。
[PR]

by smilingmoon | 2005-10-31 17:55 | FUN!  

観光ツアーに参加!

今日は朝から1日大風小雨のまさに“ミズラブル”という感じのお天気でした。
そして私も1日学校へ・・・。週末に学校だなんて冴えない・・・。

というわけで、昨日の素晴らしい北アイルランド1日ツアーのお話をします。

北アイルランドに来て1ヵ月半以上過ぎたというのに観光らしい観光をしていなかった私。もうあと1週間でブラッドフォードに戻るので、このまま何もせず戻るのも残念だと思い、一人で1日ツアーに参加することにしました。
実は人の目を気にする日本人な私。以前レストランやカフェに一人で入りづらいという話を披露したことはありますが、こういうツアーに一人で参加!というのも私には結構大きな決断でした。一人でランチとか見学とか、一人でもともと行ってるんならいいけど、ツアーの中で一人って寂しいしーという発想からずっと躊躇していたのですが・・・。

そんな不安を持ちつつ参加した昨日の朝。
バスに乗り込んでみるとやっぱりみんな友達同士とかフルムーン風カップルばかり。あぁ、やっぱり私だけか、一人なのは・・・と思っていたところ、途中の停留所からアジア人女性が一人颯爽と乗り込んできた!
おぉ~、この人も一人じゃないかー。しかも同じアジア人女性!あぁ、早速話し掛けちゃおう、ととてもラッキーな自分に嬉しくなってしまった。
しかも!途中でこの女性はなんと日本人女性だということが判明。アキさんというダブリンで語学を勉強している女性だった。
ベルファーストで日本人に会ったこともないのに、こういう機会に日本人の人と偶然一緒になるなんて、しかもその人も一人だなんて。
というわけで、昨日は1日このアキさんとご一緒させてもらい楽しい会話をさせてもらいました。他のツアーの人たちもそれぞれ行動をしていたのでやっぱり一人だったら寂しかっただろうなぁと改めて思ったりしたのでした。

昨日はベルファーストを朝9時半に出発し、岩場の吊り橋渡り→古いお城→Bushmillsというウィスキー工場見学→ジャイアンツコーズウェーという世界遺産を1日かけて周りました。吊り橋のところでゲリラ的な雨に降られた以外はこれが北アイルランドか?!というような晴天に恵まれ暑いくらいだった。青空のアイルランドなんて何だか似合わないけれど・・・。
観光は天気が良いと全て良しっと思えるから不思議。今日みたいな天気だったら泣くなぁ。
ジャイアンツコーズウェーって、気が遠くなるような年月を掛けて写真みたいな人工的な形になったんだよね。絶対どこかからコンクリート運んできて立てたんじゃない?と言いたくなるくらい角々したところが人工的なのだ。
北アイルランドの荒涼とした自然を満喫&素敵な出会いにありがとう。
b0061488_21201979.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2005-10-28 03:00 | FUN!  

ベルファーストフェスティバル。

何もすることないじゃん?と思われそうな今日この頃だけど、何故だか気分的にはやることがたくさんあるような気がしてせわしい。そしてやるべきことも実際溜まってる気がする・・・。

実は金曜日から“ベルファースト・クイーンズフェスティバル”というのが始まった。約2週間続くこのフェスティバルの催しに毎晩のように参加しているので、それだけで1日があっという間に終わってしまう。フェスティバルとか催しといっても(かなり地元ネタだけど)広島のフラワーフェスティバルや博多どんたくのような賑やかなものではなく、この期間毎晩特別な映画や劇、音楽コンサートなどがベルファースト市内でたくさん行われる。1つの催しが大体2,000円、映画だと1,000円くらい。(映画は元々イギリスは安く、学生だったら800円くらいで普通の映画も観ることができる)吟味して10くらいの催しのチケットを事前に購入した。
金曜日は有名な女性コメディアンの一人芝居、土曜日はマンチェスターで白人の養父母に育てられた黒人男性が自分の複雑な生い立ちをこれまた一人芝居&語りにしたもの、そして今夜は2つの映画を立て続けに観た。さすがに6時から11時半までほぼ休みなしでスクリーンを見ていると、最後頃には眠りに落ちたくなった。というもの、2つ目の映画はパレスチナのドキュメンタリーということで観てみたら、パレスチナに詳しい男性に2時間ずーっと同じ場所でインタビューしている映画だった。もっと映像とか色んな人へのインタビューかと思った~!ちとこれはガッカリ。
まぁ、芸術の秋に芸術に触れられて満足。

こうやって暮らしていると紛争地域としてのベルファーストの顔は全く見えないので、こじんまりとまとまった良い街だと思う。ショーの後に、近くに伝統的なアイルランドの音楽を生演奏しているパブがあるということでそこにも立ち寄った。やっぱりアイルランドなのでギネスを注文。苦めの黒ビールを飲みながら、タイタニックの映画に出てきたような軽やかな演奏を聴き、人々の様子を観察。いいねぇー、アイリッシュパブ。Kyoさんの東京で1パイントのギネスに900円という話にはビックリしたけど、こっちではいくらだろう。今日のギネスは買ってもらったので不明。でも日本の半額くらいだろうなぁ。
会場まで歩いていく途中にHotel Europaという名のホテルがあった。大きく立派なホテルだ。でもこのホテル、ヨーロッパで最もbombedされているホテルらしい。近くにはIRAのメンバーがたむろしているというパブも?!
そういうのを聞くと、Northern Irelandなんだーと思う。
ベルファーストにはあと2週間もいないけれど、もうちょっとこの街の歴史を知っておきたいところ。せっかく北アイルランド人も家に住んでるんだし。
[PR]

by smilingmoon | 2005-10-23 21:27 | FUN!  

Omar

VIVAが終わった後、SVのピーターと2時間近く雑談。(もちろん平和博物館関連)
一旦ジョージの家に帰ろうと思っていたけれどそれを取りやめ、図書館で3時間ほど過ごした。
やっぱり自分の大学の図書館は過ごしやすい。しかも知らないうちにワイヤレスで自分のPCを繋げるエリアなどができていて、いきなり進化していた。すごく嬉しい・・・。

それにしてもほぼ白人のベルファーストのクイーンズ大学とはまったく雰囲気が違う。
ブラッドフォードは思いっきりマイノリティーがマジョリティー!と言った雰囲気。
ちなみに今日のブラッドフォードのキャンパスにいた学生を観察すると、6割がインド・パキスタン系、2割が白人、1割がアフリカン、1割が中国人などのアジアンという感じだった。いや、中国人もっと多いかな。彼ら増えすぎ。

夜は同じロータリーの平和奨学生のカレンとエルシャと3人でオマールのカレーを食べに行った。途中でこれまた1学年下のロータリー生のアーティーとブリギータが途中参加したが、最後はカレンと私でカフェにて語った。最終バスを逃すくらいまで・・・。
ほぼ知り合いが居なくなった大学でこうやって友達と会うのは嬉しい。
なんだか不思議な気分だぁ。2年前に来た時は私もMAコースの一員で知り合いもたくさん居たのにみんな世界中に散らばり、私だけブラッドフォードに留まっている気分。でもまあ私もずっとブラッドフォードに在住していたわけではないので、そこまで”主”になったような気はしないけど。

あ、これからジョージとイニッドとランチを食べに出掛けるので続きはまた。
[PR]

by smilingmoon | 2005-10-18 19:28 | FUN!  

NAC in Fukuoka。

12日で日帰りの予定だった福岡だったが、あまりにもNACのOBたちとの時間がいとおしかったため予定を急遽変更し、その夜はメンバーの一人、ヨシミさん宅に他の人たちとお泊りさせてもらった。
ヨシミさんの旦那様は新聞記者さんなのだけど、さすがNACメンバーのヨシミさんと結婚されるだけあり、国際・平和問題についても関心が高い。
夜中の1時にも関わらず、3人ものゲストを快く迎え入れてくださり、朝の5時まで生NACにつきあって頂いた!有難うございました。
ヨシミさんと旦那様を見ていると、いつも”九州の代表のような(良い)夫婦だなぁ~。”と思わざるを得ない。かなり九州男児なので。

朝遅く起床してからも飽きずみんなでまたNACを含め色んなネタについてお喋りした。
大学のサークルのような雰囲気が何とも言えず楽しかった。やっぱり同じようなことに関心のある人たちとの会話って白熱するし、楽しい。

博多ラーメンも食べたし、NACの将来についても意見交換できたし、昨夜は実は深夜までイラクの子供たちのためのチャリティーコンサートにも行ったし、楽しい福岡1泊2日だったー!
家に着いたら深夜になっていたけれど、行って良かった。
福岡NACの皆さま、有難うございました。
[PR]

by smilingmoon | 2005-08-13 01:12 | FUN!  

お邪魔しました。

最近6時起きしているので、ずっと頭が痛い。偏頭痛の人ではないのだけれど。ちなみに英語で偏頭痛は『migraine』。
しばらく続けてると体も慣れるかな。

今朝は朝から活動開始。

言うのはちょっと恥ずかしいけれど・・・言ってしまいましょう。
朝一で友達と占いに行きましたー。
街の某デパートによく当たるという占いのおじさんがいて、そこに並んできた。
でも開店10分前から並び、エスカレーターを使い走りこんだお陰か1時間も待たずみてもらえた。開店5分にして既に長蛇の列。やはり女の子、占い好きらしい・・・。

今回の占い、字画占いだけれど、ちーっとも良い事言われませんでした。
最初からあまり見て貰いたいという気持ちがなかったのに見てもらい、嫌な気分になり帰ってきて・・・失敗だった。大失敗。
占いで何を言われようが、今の自分が幸せだったらそれで良し。占いなんかに左右されない。
というわけで、もう占いのウの字は私に言わないでください。今日の記憶は全て消し去ります。


その友達とランチを食べに行き、色んな話を聞いてもらった。
彼女は私と違いチャキチャキしてるので、優柔不断な私を戒めてもらうには最適の人物。
今日も鋭いツッコミをされつつ、美味しくマリオのパスタを食べました。
中学時代からの親友。
ありがとう。

その足でこれまた高校生の時からお世話になっているS家にお邪魔する。
私が高校で留学していた時にカウンセラーとして担当して頂き、それ以来のお付き合い。その方のお嬢さんたちが私と同じような年代なのだけど、今日はその中のお一人の聖子さんとカワイイ息子さんとみんなで美味しくカキ氷や羊羹など和のデザートを楽しんだ。
聖子さんも私も間もなくまた日本を後にするので、今のうちに日本食を堪能。
このS家にはいつも家族ぐるみでお世話になっている。有難い。

あぁ、日本に帰ると会いたい人たちがたくさんいて困ってしまう。
みなさーん、こんにちはー。
明日は日帰り福岡です。
[PR]

by smilingmoon | 2005-08-11 23:52 | FUN!  

どっと疲れが・・・。

ホストと共に過ごした1週間。
色々書き残したいこともあったのに、やっぱり日記って後に残してしまうとダメだ。記憶も鮮明じゃなくなるし、その時に感じたことも忘れてしまう。

日曜の朝に広島駅を発ったホスト。
今日の午後の成田発のフライトでミネソタに帰って行った。
フライトに乗り込む直前に電話があった。”これから飛行機乗るとこ!結局富士山に登ったよー。”って。
すごい・・・。
日曜の朝出て、その足で富士山に向かい、夜通し歩き、そのまま成田に向かったはず。
広島に滞在中も毎日外出し、内2日はストーンウォークでこの炎天下の中20キロも歩いたというのにまだ富士登山をする元気が残っていたとは!
やっぱりアメリカ人、体力あるぅ。

彼らが来る前はどうなることかと思っていたけれど、終わってみるととても良い経験となった。私も楽しかったし、うちの両親も英語が通じないなりに楽しんだと思う。そして英語なんて習ってない10歳の甥もホストの男の子たちに遊んでもらい、”なんか何言いよるか分かる気がする・・・”なんて言ってた。子供は言葉ができなくても通じるのかもね。

またどんどん海外の友達(日本の友達も!)に来て欲しいと思った。

ただちょっとここ数週間の疲れが出たのか、私は今日は何年かぶりに頭痛薬を飲んで大人しくしていた。
明日から本格始動開始。



ホストと庭で。
b0061488_22494721.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2005-08-08 22:43 | FUN!  

お喋り三昧。

朝から打ち合わせのために街に出掛け、その後、ランチ→お茶→夕食とフルコースの1日だった。

ランチはいつも帰省の度にご飯に出掛ける高校時代の気心知れた友人二人。
一人は現在大学院で倒れそうなくらい猛勉強中だけど、もう一人の友達も私も既に修士課程終了。やっぱり”高学歴の女性は結婚が遅い”という巷の噂通り、皆独身。ちょっと悲しい。
でもまぁ皆それぞれ自分のやりたかったことをやっており、満足してる様子なのでそれはそれでいいんじゃないかと思うけど。
きっと20年後とかも相変わらず3人でランチとかしてそうだ。きっとしてると思う。
よく高校生の卒業時にまわってきていたサイン帳。それに私は、”おばちゃんになっても子供連れてだべろうね!”と書いていたらしい。だべろうねって。それって方言?それともあの当時の高校生が言っていた流行言葉だったんだろうか・・・。子連れの部分以外は実現してる!?

夜はヨウコさんと地蔵通りにある中華料理の聯聯(れんれん)へ。
以前知り合いに連れてきてもらって美味しかったので、また今日もショウロンポウと焼き餃子を食べに行った。
ヨウコさんと知り合ったのは私がまだ大学生の時。
その頃はまだベトナムブームの先駆けの時代だったのだけど、私はベトナム語を習いに通っていたのだ。そしてヨウコさんもその生徒の一人だった。
今思うと、社会人の人がほとんどだったけど、週1で自主学習で集まったりしてて、結構熱心にやっていた。今覚えているのは自己紹介がやっとだけど・・・。
そのヨウコさんとはご縁が続いていたのだけど、なんと結婚されて10ヶ月前に東京から広島に移住していらした。まさか同じ広島人になるとは!
嬉しいことに広島を結構気に入ってもらっているようで、根を下ろしたいんだって。
数年ぶりの再会だったので、その間の時間を埋めるように色んな話をした。楽しかった。

みんな忙しい中を時間調整して会ってくれてどうもありがとう。
また秋の気配を感じる頃に会いましょう。
[PR]

by smilingmoon | 2005-07-16 00:04 | FUN!