カテゴリ:日々坦々( 294 )

 

去年以来のトモダチ。

去年と今年のフラットの違う点。
それはやっぱりフラット住人同士の親密度だろうか。
今年のフラットは各自の部屋が広く快適なので、みんな自分の部屋で時間を過ごすことが多い。会うとしたらキッチンで会うくらいだろうか。でもそこは本当にいわゆる”台所”なので、イスなどもないから立ち話程度しかしない。
加えて、みんなビジネス系の学生なので、授業も大変みたいで特に最近は課題に追われ顔色もよろしくない。プレッシャーを感じている様子がよく分かる。ま、それは仕方ない。学生だもん。

今夜はシティーセンターに出掛け、去年のフラットメートのトゥーファンとアキとその彼のパルの4人でボーリングをした。トゥーファンは前回の試合で私がこっぴどく彼を負かしたのでそのリベンジがしたかったらしい。。。
確かに前回は私の調子が良すぎた。160はいったもの。でも今回は悪すぎた。どうしても球が右に寄ってしまい、普段はあまりしないガーターを連発。到底100にも達しないようなロースコアで、爪も折れるし、もう1ゲームで十分だった。(しかもイギリスは1ゲームが高い!800円もする。)
帰りのバスも乗り遅れてタクシーで帰る羽目になったし、何だか冴えない夜だった。
でも1ヶ月ぶりにみんなの顔を見れたのは良かった。12月1日の卒業式には香港からジェシカも帰って来るので、そうしたらまたみんなでボーリング大会だ。

今日は実は昼間も懐かしい人に会っていた。
懐かしいというと言い過ぎだけど、去年のクラスメートのオールセインツ真梨子さんがうちに遊びに来てくれて、ランチ&お茶をした。ブラッドフォードにまだいる残り少ない去年の日本人の一人だ。彼女はこれから当分(数年)まだイギリスにいる予定らしい。
今日は羊羹をつつきながら、”初対面の人に感じるインスピレーション”だとか”親の愛情の過多がどのように子供の性格に影響するか”などなど、身近な興味深い話題について盛り上がってみた。真梨子さんは普段はあまり自分のことを話さず、どちらかというと一匹狼タイプなので、彼女がどんなことを思い、考えているのかを聞くのは興味深い。
うーん、楽しかった!
[PR]

by smilingmoon | 2004-11-17 09:33 | 日々坦々  

TV

今日はテレビを沢山見た。
誰かも言っていたけど、日本でテレビをダラダラ見ていたら罪悪感を感じるけど、こっちの番組を見るのは”リスニングの勉強”とか何とか自分に都合よく理由をつけて、いいことにしたりして。

さすがにBBCなどを見るのは罪悪感は感じない。
世界情勢&イギリス英語のお勉強。
でも今日見た番組は以前も見たことあるけど、すっごく気分が悪くなる番組なのだ。
画像が気持ち悪いとかじゃなくて、人間模様が嫌だ。
クイズ番組で、"Weakest Link"とかいうタイトル。一番弱いリンク?
9人くらい最初に一般人の回答者が並び、次々にクイズに答えていかなくてはいけないのだけど、一人が正解したら20ポンド、次の人も正解したら40ポンド、というようにお金を獲得していけるのだけど、誰かが間違ったらゼロに戻る。1ラウンドが終わるごとに、そのメンバーの中で一番弱者、メンバーから抜けて欲しい人の名前を書く。それで一番多くの人に書かれた人が立ち去らないといけないというゲームで、1ラウンドごとに一人ずつ減っていって、最後には残った二人で直接対決し、勝った人がその賞金を獲得できるというゲーム。

”仲間”意識を高めていくようなゲームなら見ててもいい気分だけど、この番組みたいに”あの人は役立たない”とか”さっきから間違えてばっかりだから”なんて言われて脱落して行き、そしてその人はその人で”僕より彼女の方が間違え率は高いのに”とか”あの子は私ばかりさっきから名前を書いていて、生意気だわ!”なんて毒を吐いて退席する。
加えて、司会者の女性も、役柄だとは思うけど、冷たい人で、まるでサドのように回答者たちを罵倒していく。怖~い。

こんなクイズ番組が存在する自体なんかヤナ感じ~と思うけど、嫌な気分になりつつ1時間全部見ちゃったっていうような私みたいな視聴者も多いんだろうな。
日本の番組も相当つまんないのが多いけど、このWeakest Linkも相当後味の悪い番組だ。
あ、ミノさんがやってるクイズミリオネアーも全く同じのやってる。こっちの司会者はミノさんほど回答をじらさないので、彼ほど憎らしくない。

さ、勇気を出してテレビを消そう。
[PR]

by smilingmoon | 2004-11-16 07:31 | 日々坦々  

今日で終りです。

昨日の大きなイベントが終わり、今日はみんな家で一息つきたいところだったと思うけど、今日もお昼からロータリー平和奨学生8人で集まり、アランというロータリアンのお家にランチにお呼ばれした。
彼の家はブラッドフォードの次の駅(ハリファックス)なので、駅にみんなで集合した時は、行くのがちょっぴり”たいぎい”雰囲気が漂っていたけれど、行って良かった~と今はみんな心から思っているはず。
とてもピースフルな時間を過ごすことができた。

彼の家は、”THE金持ち”という感じの、とっても大きく素敵な家だった。
まるで映画に出てくるようなお部屋で、きっと100人くらい入りきるんじゃないかというくらい大きなリビングで暖炉の前に座ってワインを飲む。
ジャマイカの貧しいエリアの出身だというセビアは、”こういうのが私が理想とする家なのよ!!!”と何度もため息交じりに叫んでいた。

このアラン、今はこうやって、大きな家、愛する妻、近所には子供夫婦ファミリーと全てを手に入れている成功者だが、そのサクセスストーリーの裏には苦労もあった。
リーズの一番貧しいエリアの出身で、学校も大学なんて行ってないし、小さい頃はお金を稼ぐために木に登って”鳩”を捕まえてそれを売ったりしていたらしい。そのことで10歳にして警察にも捕まったり!
そんな生活からよくここまで登りつめたなぁ~。すごいよ。

そんなアランと愛妻ローズの暖かいもてなしを受けて、私たちは満福&幸せな気分でハリファックスを後にした。

家に帰ると次はフラットのみんなでクラークスというイタリアンレストランへ。
台湾人のシーフェンが明日この家を出て帰国するので、最後の夕食だ。
彼女は去年の学生で、数ヶ月長く居残っていたのだけど、ほとんどヨーロッパ旅行をしていたのであまり一緒に時間を過ごすことはなかったが、居る時はよくお喋りをした。
今度台湾に行く時は彼女の実家の日本風ゲストルームに泊めてもらう約束をした☆

シーフェンと入れ替わるかのように、別の空いていた部屋にリエンというこれまた台湾人の女性が引っ越してきた。リエンとは以前から顔見知りなので、特に違和感はない。
彼女も引っ越してきて早速ブロードバンドのことを心配していた。
マリコムも言っていたように、アジア人はインターネットなしでは生活ができないようだ。

明日からノーマルな生活に戻る。予定。ノーマル?
[PR]

by smilingmoon | 2004-11-15 10:16 | 日々坦々  

けっこう好き。

また追い詰められ中。
明日は朝から1日ロータリー関係の発表会のようなものがあり、そこで25分間のパワーポイントでのプレゼンと、1時間のワークショップを担当しているのだけど、これからワークショップの準備。いまごろ・・・。

25分間のプレゼンといっても、パワーポイントの資料は他の人が作ってくれていて、原稿まで用意してあるので、私はそれをただひたすら読むだけ。
日本語で原稿を読むんだったら練習なんてほとんど必要ないような気がするけど、英語だとたった読むだけの行為でも大変。母国語の日本語だと”漢字が読めない”ってことはあっても、言葉を”発音できない”なんてことは少なくともないからねぇ。
高校の時の英語スピーチコンテストで、文を暗記するために何度も繰り返し原稿を読んでいたことを思い出しました。今あんなに何ページも暗記しろと言われてもできんだろうな~。

今日も1日家に居たのだけど、夕方ちょっと郵便局に行った。
家から3分も歩くと、そこはこの町の中心地。”ビレッジ”と呼んでいる。
中心地と言っても、郵便局、レストラン、美容院など15軒くらい店が並んでる程度。でも必要最低限の暮らしは営めそうなレベル。
夕方のちょっとした通勤ラッシュの町を歩きながら、この町はけっこう好きだと感じた。
歩いていて”不安”を感じることもないし、なにより色んな人種が普通に暮らしてる。白人が多いけど、近くに大学のビジネス学部があるので、中華系学生もちらほらいるし、パキスタン系のファミリーも住んでるし。ここではみんなうまいこと融合して住んでる気がする。この辺りを境に急に”分離”が起きるのだけど・・・。

いい町だ。
[PR]

by smilingmoon | 2004-11-13 05:37 | 日々坦々