カテゴリ:日々坦々( 294 )

 

10年後の姿。

広島の61回目の原爆の日も昨日終わった。
昨日は朝7時半から夜の11時半まで広島市内を歩き回っていたので、今日は友達のヨネチと二人ぐったり。
よく考えたら、私、アジア大旅行から帰ってきてまだ1週間しか経ってないんじゃないか・・・。
旅行から帰って来てから本当に長い時間が経ったような錯覚に陥る。

書くことはたくさんあるけれど、何だか今は書く気がしない。まあボチボチ。

8月5日の夜から神戸から泊まりで来ていたヨネチが今夜また神戸に戻っていった。
彼女は同じNACでアメリカで活動した仲間。
よく考えたらNACから帰国して以来会ってなかったみたい。つまり3年半は会ってなかった。
彼女が自分の原点に返りたいということで今回8月6日の平和式典に一緒に参加した。
突如東京からL社のカメラマン&記者をしているYさんがやってきた。8月5日の夜に思い立って、6日の朝一の新幹線に乗ってやってきた!その行動力というか、思いつきは何だかすごい。良い記事が書けるといいですね。
それでもって、6日の夜はNACのOBとサポーターで夕ご飯を食べた。そのOBの人は通訳をしているので、7日の朝には長崎に向けて発ってしまう。
ブラッドフォード時代の担当教官とも再会した!ピーターも会議に招待されて広島に来ていたので、7日の朝には長崎に向けて発ってしまった。でも久々に色んな話ができ、ブラッドフォードの懐かしい話も聞けてとても楽しい時間を過ごした。

毎年8月6日めがけて色んな人が国内外から広島にやってくる。
お陰で私は多くの友達にも再会できる。
特に海外では平和の”メッカ”化している広島。
これから例えば10年後の8月6日の広島市内もやっぱり今と同じように多くの人で溢れているんだろうか。
その頃は被爆者の人たちの平均年齢は83歳。
私もすっかりおばちゃんになってるだろうけれど、やっぱり相変わらず平和に関する活動をしている人間でありたいな。


平和公園に持ってこられる折り鶴は最近は保管されています。↓
b0061488_22395865.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2006-08-07 22:40 | 日々坦々  

思うこと。

明日のワークショップ、形ができましたよ~。
後はそれがどう出るか明日を待つのみ!(って実験台のような響きで明日の皆さん、すみません。)
今朝話したNYのエキスパートさんも”場数だから”って言ってたけど、それ本当だと思う。
NACでアメリカ周っていた時も、慣れだな~と思った。でもあれからもう3年以上経つので、大勢の前は緊張するかもしれません。しかも新たな試みだし!
でも楽しみです。

さすがに8月6日が近いのでテレビなども原爆報道ばかりです。
でもね~、8月になるとゴーッとこういう特集番組をもうやめて~というくらいして、6日が終わると一気に収束・・・。毎年のことだけど、そして仕方ないけれど、なんだかな~という気がしてしまいます。
きっと原爆などに興味のない人は、夏が来るとテレビが原爆ばかりになってしまって、余計に夏が来るのが嫌になっちゃうんじゃないかな、なんて心配しちゃうくらい。
報道をするのが悪いんじゃないけど、この偏りようがね・・・。普段からじわじわやってくれると良い感じだけど。
被爆者の人たちもね~、8月6日が終わると一気に人も関心も引いていき、それが寂しいって聞いたことあるよ。それはそうだろうなって思う。特に養老院などの孤老の人はそうだろうな。夏は人がたくさん訪問してくれるけど、他のシーズンは全然っていうのもね。。。

話は変わり、今日の亀田ボクシング、あれすごいね。
なんであれが勝ちなワケ?
家族全員???だったけど、世間の人も同じように???だと感じたのが分かって自分たちだけじゃなかったんだとホッとしました。
あのベネズエラの選手可哀想よね・・・。
あれが現代社会でまかり通っていいわけ?
[PR]

by smilingmoon | 2006-08-02 00:01 | 日々坦々  

チキン。

はい、まだワークショップについて考えています。
今日一通り考えてみたのだけど、一人で考えただけだったので、夜ブラッドフォード時代の友達をつかまえ意見を聞いてみました。
彼女の鋭い指摘のお陰で、なんだかもっと良いものができそうです。
そして明日の朝はニューヨークにいるまさにワークショップのスペシャリストのような女性にも意見をもらうことになっているので、それでちょっと安心。
ていうか、明日は前日なんですけど・・・。
でもきっと当日は楽しいワークショップになるはず!って言ったら、友達に笑われた。うん、ちょっと能天気か?

台湾でホームステイさせてもらったお友達の家はチキンを販売しています。
彼女のお兄さん(私と同級生)が、朝2時に起きて仕込みます。
そんなチキンをわざわざ一羽持って帰らせてくれました。(もちろん調理済みのもの)
連日チキンは厳しいので、今日はそのチキンを小さくして”おじや”を作ってみたりしました。この暑い中・・・。美味しかった!

b0061488_1113723.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2006-08-01 23:38 | 日々坦々  

現実とのギャップ。

昨夜台湾から関空に到着し、新幹線に乗って一気に広島まで戻ってきました。
台湾から関空までは2時間15分の空の旅。近い近い。
台湾で美味しいものたくさーん食べて、懐かしい友達に会い、素晴らしい時間を過ごして帰ってきました。
台湾を離れる前(昨日)市場で撮った写真を見たら、どれも嬉しそうな笑顔で写真に写っていて、よっぽど楽しかったんだなぁ~と我ながら思いました。心から楽しい時って表情に出るね。

そんな楽しかったアジア旅行の感傷に浸っていたいのですが、メールチェックしてスケジュールチェックをしたら、早速現実です。
現実とは、やらないといけないことがある生活。
旅行とは、ただただ新しい経験に感謝する生活。

ちょっとこのギャップが辛いです。
別に現実生活と言っても働いているわけではないので何が辛いんだ?!って感じだけど、何だかもう少し旅の余韻に浸っていたいのです。

あぁ、今年の7月は素晴らしかったなぁ~。
Kyoさんの書いた「旅と平和」について考えさせられる日々でした。

クーラーがガンガン効いている場所によく入っていたので、風邪の初期症状です。
今週は風邪ひいて寝込んでる暇はないので、あまり最初から飛ばさず、マイペースで現実の生活に戻ろうと思います。

感謝。
b0061488_1450168.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2006-07-31 14:41 | 日々坦々  

行ってきま~す。

遂に出発が明日と迫りました。
行ってらっしゃいメールをくれた皆さん、どうもありがと。
もうバックパックも詰めたし、明日の朝起きてちょっと用事したらもう関空に向けて出発です。
今回の旅、1ヶ月という長期だけど、3カ国なので、意外とあっという間かも・・・。
しかもその間、考えることもたくさん用意してるし。
香港&台湾は友達がいるし、友達の家に泊まらせてもらうので何も心配はしてませんが、やっぱりインドは7割のワクワクと3割の不安。。。
まず、その暑さにやられないか心配。そして蚊に刺されないかとか。(私は蚊の刺され易さでは誰にも負けない自身アリ!)マラリアとかデング熱とか怖いしね。←emiemi

友達が紹介してくれたインドの人からメールをもらった。
その人が住んでいるのがAPと略す地域だったのだけど、調べてみたら”えっ、ここもインドなの?”という北東にずーっと行ったところにある場所だった。ずーっとというのは半端じゃなく、ブータンなんかも越えちゃうくらいなのです。(地理、よく分かんないよね。)
特急電車で行っても丸2日くらい掛かりそうな勢いの・・・。
いらっしゃいと言われても、とても遥かな道のりね・・・。
しかも、そこは保護区のようになっていて、外国人は限られた人しか入れないみたい。日本人も入るんだったら、ツアーか日本大使館から特別な書類をもらったり、なんだかとても大変そう。無理かも。
でもそれだけに手付かずの(ヒマラヤの?)自然がとっても美しいらしい。
住んでいる人たちはチベット系の人が多く、やっぱり貧しいみたい。そんな山の中だからね。
さて、私はここに行くのでしょうか?

何にも決めてない旅っていうのも・・・どうなん?インドだからアリか?!

ひとまず体だけには気をつけて、行って参ります。
[PR]

by smilingmoon | 2006-07-02 01:04 | 日々坦々  

西海岸には縁がなし。

結局サンフランはダメだった。
まぁOKだったら奇跡的だと思ったけど、時には奇跡みたいなラッキーも起きていいんじゃないかと思ったりもするので。今回は予想通りの残念でした。
まぁ、それも人生、なんて思えたりする。サンフランに行かないことによって、また少し(すごく?)人生も変わってくるのだろうし。
私にはああいう楽しそ~な西海岸での生活、想像つかなかったもんねぇ。
やっぱり私は中西部な予感。NYでもないだろ。

こうやって人生の履歴書って作られていくのだねぇ。。。

アメリカでの就職。
こんなに大変なんなら、エイッと手放してしまえば、楽になるかもしれない。
ぐちゃぐちゃ言ってないで、サッサと就職しちゃえばいいのかもしれない。
でも、まだやりたい国でやりたい仕事をするっていう夢を諦められない。
例えば、もう一銭もお金がなくなって働かざるを得なくなったり、挑戦してもどうしてもビザが取れないなんて場合には諦めざるを得ないでしょう。
でもまだあと一踏ん張りできる余力がある気がする。
その余力を使ってもどうしても実現しなかったら、私はスッパリ、仕事ができる国で好きな仕事をするだろう。(いや、好きな仕事を得るのがそんなに大変だとは思わないけれど・・・。)

昔から自分がやりたいことに関しては、しぶとく粘る私。
あともうちょっと粘りたいと思います。
[PR]

by smilingmoon | 2006-07-01 23:47 | 日々坦々  

明日から7月ではないか!

年に1度行くようにしている健康診断。
今日は友達と平和公園横の土谷クリニックにて受診。
まだ結果は出ないけど、どうやら今年も健康に過ごせている様子。
前回受けたのが2年前だったけど、3キロ痩せてた♪まぁ、2年前といえば、ちょうどイギリス留学が1年終わった直後。そりゃマックスで太ってた時期だな。
いつも同じクリニックだと、こうやって前回と比較できるから便利。
でもさすが健康診断。友達と、”淡白な検査だよね~”と言いつつ終了。だって、先生とゆっくり話す時間なんてないもの。機械的にサクサクと進められるからね。
でもここの看護婦さんたちはみんなとても感じが良いので、また来年も来ようと思わせられるのです。

その友達と長~いランチを取り、今度は一緒にインドに行く友達と合流。
旅行会社でチケット代を支払い、代行して取得してもらったインドビザが貼り付けてあるパスポートも返してもらう。あぁ、こんなに楽に取れるビザっていいな。

その後インドの最終打ち合わせを行う。
関空までの新幹線のチケットも買ったし、これで準備万端!かな。
今日も抱えきれないくらい必要なブツを買って帰ってきたけど、まだ数点買い足さないといけないので、それは週末に。

それ以前に、週末には済ませておかないといけない大事なこともある。
これをイギリスのハルカに送り・・・。

これで晴れて雨季まっただなかのインドに出発です☆
[PR]

by smilingmoon | 2006-06-30 00:08 | 日々坦々  

楽な1日。

今日は色々したけれど、なんだか楽な1日だった。

まずバイト先へ行きちょっと事務処理。

その後、舟入にある有名な整形外科へ。
実は1ヶ月以上前から尾てい骨の横あたりが痛い。痛いと言っても飛び上がるような痛さではなく、鈍痛っていうのか。
3週間前くらいに椅子から転げ落ちたので(!)そのせいかなとも思ったりしていたのだけど、友達からそれってヒビが入ってるかもよ~と言われ、ちょっと怖くなって行ってみた。
その病院はとても評判が良いらしく、待ってる人も山ほどいた。
でも私の担当医はイマイチ。最初の問診の時も全然詳しく話を聞こうとしなかったし、それですぐにレントゲンに回され、レントゲン写真の結果を見てからも、”特に何ともないですね~。良い座布団使ってくださいとかくらいしか言うことないですけどね~。”って。
おいっ、それで終りかいっ!って感じだったけど、私はとりあえずヒビとか腫瘍とか変なことになってなかったので、それが確認できただけでヨシとした。
でも1ヶ月以上経っても何だか痛いのって本当の原因は何なんだろうね。
もしかしたらインドでヨガをやるかもしれないので、これでヨガとかやったら痛みが酷くなっちゃ困るので、考えものだね。

病院後、急遽ある高校の先生と会うことなり、その先生と2時間弱お話。
自分も教育にとても関心があるし、この先生と話すのはかなりいつも刺激を受ける。
今日も話しても全然話したりない感じではあったけど、また旅から帰ってきたらお会いできます
ね。

その後、最終ミッションは友達たちとの飲み会。
高校の同級生二人と、うち一人の大学院時代の先生方お二人と。。。
すみません、前の予定がずれ込み、大幅に遅れました。
いつもながら、色んな分野で活躍されている大人たち(?)とのお話は楽しいね。
占いが得意な先生に、前回同様まだ結婚線が見えないと言われ軽くショック・・・。
きっとそれは突然ニョキッと生えてくるんですよ。今に見ててください。

今日も1日多くの人が優しく接してくれることに感謝の1日でした。

おわり。
[PR]

by smilingmoon | 2006-06-28 01:25 | 日々坦々  

牛肉。

何とか今日1日やってその韓国人研究員さんの本出版のお手伝い作業、終わりました。
もう今日は目も疲れたので明日の朝またもう一回見直しをして最終的に提出しようと思う。
私って、人のことだと責任持ってやれると思うんだけど、自分の作業となるとついズルズルしがち。
自分のも早くやらなきゃ~。

さっきYahooのニュースで、息子をヤコブ病で亡くした英国人夫婦が日本で講演したというのを見た。25歳の息子さんが発症から1年ちょっとで亡くなってしまったんだって。
あの足がヨロヨロして立てない牛の映像は何度も見たけれど、同じように人間の脳にも影響を及ぼすヤコブ病。
なんでそんな厄介な病気ができちゃったんだろうかと思うけれど、できちゃったものは仕方ない。どう防ぐかだよね。

今回のアメリカ産の牛肉解禁。
どうもアメリカの圧力に屈した感が多いにある。
だって前回だって、解禁してまたすぐに起きた事件だったじゃない。危険部位が含まれていたっていう事件。
信用ならないな~。
アメリカのあの”日本は神経質になりすぎ!コラッ!”っていう大柄な態度が気に入らない。
全然反省なさそうじゃん。
まるで日本側が悪いかのように・・・。
やっぱり少なからずその危険性があるんだったら、輸入開始には慎重になって欲しいよ。
例え家でアメリカ産牛肉を食べないようにしたって、お店なんかで出されたら分からないんだから。
しかも、それになる確率が低いんだからとかいう話にしないで欲しい。
確立で言ったら、確かに自分がなる確率はすごく低いのだろうけれど、でもその中で誰かがその確立に当たってしまったら可哀想じゃない。
どうせあまり肉を好んで食べたいと思ってなかったし、これを機にあまり牛肉食べないようにしようかな。もっと野菜食べたいし♪

理由はこの狂牛病だったんだろうか。
どういう理由かは忘れちゃったけど、毎年これまで年に1度はやっていた献血。
でもイギリス留学を終えて久々に献血しようと勇んで行ったら、○○年から○○年の間に○○ヶ月以上イギリスに滞在した方の献血はお断りしますって書かれててショックを受けた・・・。
私もしっかり当てはまります。
人に血液をあげられない体になってしまったかのような何とも言えない寂しさだったよ・・・。
自分のせいじゃないのにぃ。
[PR]

by smilingmoon | 2006-06-25 00:56 | 日々坦々  

頭が・・・。

昨日のスピーチが終り、ホッとしたのをいいことに、今日はお昼までゴロゴロゴロゴロ。
外は初夏の陽気で全開の窓から心地良い風が吹いてくる。幸せ~。

でも途中で現実に戻り、早速頼まれている仕事を開始。
その韓国人研究員さんが書いた論文は、ズバリ北朝鮮問題。
だから、毎ページのようにキムジョンイルとキムイルソンの名前が出てきて、私の頭の中はもうキムジョンイルの顔で一杯です。ヤダ~。
キムジョンイルは生い立ちにちょこっと可哀想なこともあるのですね。幼い時にお母さんが亡くなってしまうとか。
基本的には北朝鮮問題だけど、キム一族のことも詳しく書いてあったので、なんだかあの人の伝記を読んでいる気分になった。そういう話題の方が読み進む進度は早いけど♪

いやぁ、人の仕事やってる前に自分のこともやらなきゃ。。。

明日は昼寝ナシです!
[PR]

by smilingmoon | 2006-06-24 00:30 | 日々坦々