カテゴリ:日々坦々( 294 )

 

京都へ。

急な話なんですが。
明日から月曜まで京都に行くことになりました。
正確に言うと、京都・神戸・大阪ですか。
最近関空は使うものの下車することはないので、前回関西で遊んだのが思い出せないくらい前。
なので秋の京都、かなり楽しみです。
明日は朝早いので、今夜色々準備しなきゃ。
まずは明日返却のDVDを見終えること!
イギリスで見逃した『Finding Neverland』を観ます♪

じゃ、行ってきます。
[PR]

by smilingmoon | 2006-09-07 22:35 | 日々坦々  

悪いことばかりでもない。

人生なかなか思うようにはいかなくて、今年は何やってもダメな年なんだ・・・とか、もしかしたらこのままうまくいかないままなんじゃないか・・・なんてすごぉーく弱気になることもある。
その弱気が連鎖して、どんどんネガティブのスパイラルにはまっていくんだよね。

これまでの人生、あまり弱気になることがなかったので、ネガティブな人とか見ると、”なんで?”って思ったりしてた。そういう人の気持ちって分からなかった。
今年1年間、色んなことがあって(大してないけど)、これまで分からなかった人の心の痛みとかちょっと分かるようになった気がしてる。

私にとって、うまくいかない時の打開策って、やっぱりなんでもいいから気持ちに正直になって”行動すること”だなって思った。
そこから見えてくるもの、動いてくるものがあるから。
待っていても、良い人との出会いもないし、仕事が降って沸いてくるわけでもない。

今日、1つ自信が戻ってきた。

負けないぞ!
[PR]

by smilingmoon | 2006-09-04 22:55 | 日々坦々  

恐怖心。

最近あの元警視庁の北芝さんとかいう人をよくテレビで見かける。
踊る捜査線(だっけ?)のモデルになったとかいう人。
今日もあの人がテレビに出演して、どれだけチャイニーズマフィアが危険で日本に既に入り込んで活動しているかを訴えていた。
あの人は頭もいいのだろう、話も面白いし、視聴者が期待しているであろうことを言うので今ではひっぱりだこだ。
今日も番組のメイン司会者のように人々を釘付けにしていた。

きっと今日あの番組を見た人は、恐怖を感じたと思う。日本がチャイニーズマフィアにやられるぞっ(いや、やられてる)って。
世田谷の一家殺人事件も北芝さんは外国人が関わっていると断言していた。
そして、チャイニーズマフィアは中国で、第二次世界大戦の記憶から日本は鬼子だと教えられているので残虐な殺し方をしても何とも思わないと。
おぉ、こんなところにもやっぱり出てくるか、戦争の記憶・・・。

最近、本当にテレビでは中国の悪いところしか見ない・聞かないので、日本全体、すごぉーく対中イメージが悪いのは理解ができる。日常生活で中国人と関わることがなければ、その人たちに対する情報と言うのは主にテレビなどの情報になるし。
きっと中国に実際に行ったら、当たり前だけど、良い人たちもたくさんいるだろうに、自分を含めて悪い部分しか触れず、その国&国民のイメージを決めつけてしまうのは残念だ。
と言う私も、中国人の友達っていないし(台湾と香港は別よ)行きたいとも今は別に思ってないので、最近自分の中の中国がすごくマイナスの方向に影響されているのが分かる。
周りの情報・価値観だけで、自分の価値観も決めてしまうのは危険だし良くないとは思っているんだけど。
行ってみたら、意外と楽しいかもしれないけどね。でも、みんながみんなすぐに旅に出掛けられるわけでもないし、行きたいとも思わない人は行かないだろうから、やっぱりメディアからの情報をただそのまま受け取るってことは危険なのだろう。そこで一度立ち止まって自分でも考えてみないとね。
でも普通はそんな考えないだろうなぁ。きっと今日みたいな番組を見たら恐怖感に襲われ、”中国人の入国は禁止しろ~。”なんて方向にいくんじゃない?
でもね、人々の”恐怖心”を利用して国民を支配しようとしているのって・・・。
アメリカじゃん!
だからアメリカもあーんなに入国を厳しくしてるんだよねー。
どこの国も同じだね。やることは。
[PR]

by smilingmoon | 2006-09-03 16:17 | 日々坦々  

プライオリティー。

本当はもっと急いでやることがあるはずなのに・・・もっと大切なことがあるのに!
そんな時に限ってどうでもいいことをついやりたくなる、やってしまうっていうのはよくあることで・・・。
今日はそんな日でした。

夏休み最後の今日。姉と甥とお出掛けをして、帰ってきたのがまだ午後の早めの時間。
そこから思い立ってやり始めた写真整理。
今回のアジアの旅で撮った300枚以上のデジカメ写真。
その中から選りすぐり、オンラインアルバムにまとめました。でも紙焼きにした写真もあるので、それらもアルバムにまとめなくちゃいけません。でもそれはまた別の日に。

こんなことをしていたら、もう筑紫さんの時間になってるし・・・。あぁ。

仕事でもプライベートでも、やることにプライオリティーをつけるって大切です。
でも、その通りにできない意志の弱い私です。
[PR]

by smilingmoon | 2006-08-31 23:12 | 日々坦々  

いや~な夢。

朝一度起きて、二度寝したら、すごぉ~く嫌な夢をみた。
しかも今も生々しく覚えている・・・。人と喧嘩する夢。しょうもないことで。
夢の中にも深層心理が隠れていて面白い。
喧嘩の相手は普段から苦手にしてる人だったし、喧嘩の内容も今自分が気にしていることだったし、不当だと思ったことに相手は大勢なのに一人で抗議しに行ったところはそうありたい自分だったのかもしれない。

夢の中で、まだ買うとは全然言ってないのに勝手に商品を押し付けられ、それを法外な値段で売られて、それに抗議している自分がいた。
状況は全然違うけど、なーんかこのシーン覚えがあると思ったら。

そう、現実世界でもこういうことありました。
しかもイスラエルで。

昨秋、日本人の友達を訪ねてイスラエルに行った時に一緒にエルサレムに行った。
その旧市街地のお土産物屋さんが立ち並ぶ道を歩いていたら、ある宝石屋の店主からある英語を日本語に訳して欲しいと言われた。それを日本語で書いてあげたら、お茶を出してくれた。(現地ではすぐにみんなお茶を出してくれる。)
そこで奥さんがイギリス人という彼は堪能な英語で私たちと色んな話をした。基本的にはパレスチナ人がイスラエルでどんな不当な扱いを受けているかについて・・・。
楽しい会話も終わり、彼はお礼にと言って、ピアスを二人にその場で作ってくれた。いや、いいです、と言ったのだけど、どうしてもお礼にといって譲らなかった。

そこまでは良かったのだけど、”お店にある宝石は興味ある?”と言い始め、私はまったく興味がないのでないと言ったのだけど、友達は少し興味はあったみたいで店内をぐるりと見て回った。でも大して欲しいものもなかったので、じゃあ帰ろうということになり、帰ろうとしたら、彼女が一度手に取っていた真珠を手に、”どれだけ安くなったら買う?”と言ってきた。
いや、いいから・・・と言っても、自分の財布の中身を見せ、”今日はまだ1つも売れてないんだ。これじゃ食べていけない。今日最初の客になってくれ。”と哀願してくる。
だんだんといやーなムードになってきて、友達もこれ以上なんと言っていいか困っていたら、今度はその子のことをすごい勢いで責め始めた。
”買う気もないのに店を見て回ったり商品を手に取ったりするのは失礼だ!そんな曖昧なことはしないでくれ!気分を害した!”と。

もらったピアスを置いて店を後にしようとしたら、そのピアスはプレゼントしたものだから持って帰ってくれと言われた。

二人してどよーんと嫌な気分になって、もう翌日からその店の前は極力避けて通るようにした。

土産物屋で生計立てるって難しいね。
しかも”観光客はみんなユダヤ人の店ばかりに行って!”と言っていたけれど、別に選んでいるわけではなく、感じの良い店を選んだらそれがユダヤ人の店なのだ。やっぱりセンスも良いし。
商売の面では被害者意識も相当入ってるねぇと友達と話した。

あぁ、でもまた行きたいな、イスラエル。
[PR]

by smilingmoon | 2006-08-29 12:34 | 日々坦々  

隣にいる人が・・・

ここ最近テレビを見ていて、

”なんでこうなっちゃったんだろうね~。”

と思うような事故が多い。
まさに運命を呪いたくなるような。

福岡の3人の子供が衝突されて橋から落ちて亡くなった件も、アメリカで旅客機が墜落してたまたま日本人夫婦が搭乗していた件も。
どちらとも防げる事故だけど、それでもたまたまその場に居合わせちゃったんだから・・・。

ある日突然一緒に暮らしていた子供たちが全員いなくなるとか、会社で隣に座っていた人がいなくなるとか。。。
想像がつかない。残された人の心の痛みって。

あの3人の子供たちのお父さんも翌日からインタビューに答えてらしたけど。
実感なんて沸かないよね、そんなにすぐ。
これからじわじわと悲しみとか苦しみとか後悔などいろんな気持ちが襲ってくるんだろうな。
残された人は辛いね。

運命。
人生ってすべて決まってるのかな。こういうことって。
哀しいね。
[PR]

by smilingmoon | 2006-08-28 20:44 | 日々坦々  

You're beautiful

つい先日”音楽がなくても生きていける”と言ったばかりで恐縮なんだけど・・・。

James Bluntの『You're beautiful』っていう曲、大好きです。
よくCMなどでも流れているので、きっと聞いたことがある1曲だけど。
リリースされて1年以上経つようだけど、私はここ半年くらい好き。

ブラッドフォード時代もテレビがない時や勉強してる時にはいつもラジオを聴いていたので、その当時ヒットしていた曲などが今流れると、”おぉ~、なつかし~。”となる。
匂いと同じくらい音楽っていうのは体が覚えてるっていうか、哀愁を誘う。
もう戻らない過去への哀愁。
その頃のことが走馬灯のように駆け巡っちゃうしね。

これが顕著なのが高校留学時代の1年の思い出で、あの時はテレビを観てもイマイチ何言ってるか英語が分からなくてつまんなかったので、もっぱらMTVを気に入って観てた。
だからあの年の音楽にはかなり詳しいと思われる。
More than wordsとか聴いちゃうと、旅行したルイジアナとか妙に思い出すしね~。(古いねぇ!)

そうやって思い出に耽るのは年を取った証拠よ!と言われるが、私は大学時代から思い出に浸るのが好きだったので、別に気にしない。
思い出は美しいよ、まったく。

この歌、大好きだったんだよ。

"You're beautiful"

My life is brilliant.
My love is pure.
I saw an angel.
Of that I'm sure.
She smiled at me on the subway.
She was with another man.
But I won't lose no sleep on that,
'Cause I've got a plan.

You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true,
I saw your face in a crowded place,
And I don't know what to do,
Cause I'll never be with you.

Yeah, she caught my eye,
As I walked on by.
She could see from my face that I was,
Flying high,
And I don't think that I'll see her again,
But we shared a moment that will last till the end.

You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true.
I saw your face in a crowded place,
And I don't know what to do,
'Cause I'll never be with you.

Lalala lalala lalala lalala laaaaaa

You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true.
There must be an angel with a smile on her face,
When she thought up that I should be with you.
But it's time to face the truth,
I will never be with you


http://www.virgin.net/music/musicvideos/jamesblunt_yourebeautiful_hi.html (これで視聴できるよ。)
[PR]

by smilingmoon | 2006-08-25 00:15 | 日々坦々  

あれから10年かぁ~。

今日のジョンベネちゃん犯人逮捕のニュースは衝撃的だった。
と同時にマスコミの影響力って・・・と怖くなった。
だって、あれは、世界中のほとんどの人が、彼女の両親が犯人だと思ってたでしょ?
あの当時の詳細の報道は忘れたけど、どう考えてもそりゃ外部の犯人じゃないでしょ?と思わすような報道だったと記憶している。

そう、あの当時・・・。
あの事件が起きたちょうどあの頃、私は母と、当時オレゴンで仕事をしていた友達と3人で北米を旅行していて、ラスベガスのルクソールホテル(ピラミッド型のホテル!)であのニュースを知ったんだった。
テレビをつけたらあればかり。新聞もあればかり。
そう、大きなニュースだったんだよね~。
もう10年も経つんだ。

迷宮入りしてたのにね。
どうやってあのタイに居た犯人を割り出したんだろう。すごいな。
ジョンベネちゃんも生きてたらもう16歳だったのにね。お母さんも6月に亡くなってしまったしね。あー、無念だっただろうねぇ、お母さんも。私もきっとあのお母さんが犯人だと思ってました。すみません。

オウムの河野さんの時もそう思ったけど、今回のジョンベネちゃんの事件でもあらためて決めつけるのは良くないのね、と反省しました。
この教訓は活かされるのか。
[PR]

by smilingmoon | 2006-08-17 23:50 | 日々坦々  

オーラの泉。

今夜のオーラの泉は戦争特集?だった。
東京大空襲で家族を6人亡くした海老名かよ子と美輪明広の被爆体験。
イギリスに居るときは、オーラの泉というのが流行っていると聞いても???だったけど、見て納得。こういうの、好き☆全部本当じゃないとしても、おもしろい。

美輪明広って長崎で原爆に遭っていたんだ。
知ってたかもしれないけれど、忘れてた。
でも彼にだけガラス片が飛び散らなかったって・・・なんで?

こういう人気番組で戦争のことを取り上げるのはグッドアイディアだね。
番組の間だけでもとても考えさせられると思うし。
私も海老名さんのお話を聞いていて、自分が東京大空襲や広島と長崎以外の地域の戦時中の様子をほとんど知らないってことに気づいたし。
東京大空襲なんて、たった2時間で10万人の人たちが焼かれて死んでいったと。
やっぱり、もっと戦争のこと、色々伝えられてもいいのにって思った。

今日のオーラの泉はなんだか勉強になりました。
[PR]

by smilingmoon | 2006-08-17 01:11 | 日々坦々  

Hmmmm

先日ワークショップをさせてもらったJ大学の平和セミナーに参加しているアメリカの学生たちが今日で広島を発つということでフェアウェルパーティーに参加した。
私のワークショップから5日間、彼女・彼らたちはまた多くのことを学び、体験したようだった。

若い時にこういう機会を体験できるのってスバラシイって思う。
同じ世代の違う国の人たちと一緒に遊び、学び・・・。
もちろん大人になってからもできるけれど、今後の人生を考えた時に、若いうちに体験しておいた方が色んな意味でバランスの取れた人格形成に役立つと思うし。

私もねー、そういう意味では高校での留学っていうのは本当に良い体験をしたと今は特に思うな~。そりゃあ楽しいことばかりじゃなかったけれど、それでもそれらの経験もひっくるめて良い経験になってるはず。
ここ最近の2年間のイギリス留学はあの高校留学に比べると楽だったかな。人間関係で悩むこともなかったから、勉強だけしてれば良かったし。
それに大人になってからの留学って良い意味でも悪い意味でもある程度人格が出来上がっているので、”私って何?”みたいなことで悩むことも少ないし。

とにかく、今回出会った学生の皆さん、本当に素直でかわいかった。
やっぱり私はPeace Educatorになりたいと強く思わせてくれました。

今は行事も終え、少々抜け殻状態。
少し休みます。

b0061488_029224.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2006-08-08 00:29 | 日々坦々