カテゴリ:学び( 59 )

 

ヴィヴァ!!ヴァイヴァ!!

いやぁー、30分ほど前に終わりました。VIVA(バイバ)という名の口頭試問。
1時間集中力を保つのさえ難しかったけれど、何とか成し遂げました!
"Straight Pass without Change"というのをもらったので、変更無しでもうこれで終わり。バンザーイ。
ってとこですが、間際までネバってやむを得なく提出したこの論文。
もちろん手直ししたいところは山ほどあるわけで、これからスーパーバイザーのピーターに会って相談して、1週間くらい手直しに費やしたいと思います。
でもなんだかホーっとした。ひとまず。

VIVAは噂通りとても和やかな雰囲気で進み、”試験!”って感じではあまりなかった。
内部試験官があのポール・ロジャーズ。核問題の英国きってのエキスパートです。こんな人に私のあのつたない論文を読ませてしまったなんて・・・という気分です。もっとよい仕事ができたと思える論文だったら喜んで読んでもらうけど。
そして外部試験官がダグラス何とかさんという核関係のジャーナルの発行者。このジャーナル、どこのライブラリーにも置いてあるメジャーな雑誌で、彼は今日ははるばるロンドンから日帰り。どうもありがとうございます。
そしてマイSVのピーターは第三者として保護者みたいな立場での立会い。

まぁ基本的に論文に書いてあることに関して外部試験官が質問していったという流れだったけど、時に返答に困ることがあったものの、普通にそういうエキスパートの人と雑談している感じで緊張する必要はなかった。落とすための試験でもないし。
そして3人とも核廃絶のために働いている人たちだから相手を論破するような必要もないし。
加えて博士課程の試験ではないので、みんなもお手柔らかだった。

家に戻ったら復習復習。
質問されたこととうまく答えられなかったことと。
でももう疲れてダラーっとするかもね。先週ずっとそうだったみたいに。

これからピーターに会い、その後学校前のSTAトラベルに日本帰国のチケットを予約しに行こう。12月13日ロンドン発で。
それまで旅行するんです。
イスラエルも行くんだー。あつ子さんがいるテルアビブに1週間ばかり。
まさか自分が中東に行くとは思わんかった。
また旅行計画は後ほど。

とりあえず今夜はカレーだ!
[PR]

by smilingmoon | 2005-10-17 23:32 | 学び  

ちょっと勉強。

今日はオートミールクッキーを焼いた。
本当はチョコチップを入れる予定だったのに2軒回ってもスーパーにチョコチップが売ってなかったので、仕方なく代わりにM&Mを入れた。あのいかにも体に悪そうな原色が嫌なのだけど・・・。

何もしないのに本当にあっという間に夕方になって1日が終わる。
今日はそれでも夕方からヤングパグウォッシュ主催の勉強会に顔を出した。
『核融合』についての講義。基本的に科学系の学生向けの勉強会だから数式を見ただけで目を逸らしたくなる私のようなものには半分以上外国語にしか聞こえなかったけど(本当に外国語だけど!)なんとなーく分かったこともあった。
とりあえず、今日の研究者の人が話していた技術が進歩すると、今は石油や核に頼っているエネルギー・電力などがそれによって代替できるし、核のゴミの心配などもないらしい。
そんな夢のような技術がなんであまり騒がれていないのかが不思議なのだけど・・・。
エネルギーの問題。
そういえば、小学生の頃、石油は限りある資源で何十年か後には使い尽くされてしまうって習ったなぁ。今は残り何十年分くらいあるんだろう。
こういうこと、色々知りたい。
[PR]

by smilingmoon | 2005-10-12 19:04 | 学び  

複雑極まりなし。

ぐったり。

今日は午前と午後、それぞれ2時間ずつ広島の平和教育について現場の人たちからじっくーりお話を聞いたので、脳が飽和状態。
なんて複雑なんだ、原爆を教育の中で伝えることって!
でも今日1日人からお話をお聞きするだけで随分理解が深まった。
なんで私はこれを今頃やってるんだ・・・。早く始めてればもっとたくさんの人にインタビューできたのに!
いや、もう今の段階でそれは言うまい。There's nothing I can do now...
今日頂いた貴重な資料を携え、私はイギリスに旅立ち、そこで一気に書き上げる。予定。

明日は今日に輪を掛けて分刻みの行動計画。
広島の最終日だしね。
そんな最後になって予定を詰める私が悪いので、愚痴は言うまい。

25日の午後の便で東京に発つ予定だけど、なにやら台風が来るらしいよ。
そして25日には関東から四国を範囲に影響が及ぶかもって。
それでなくてもすぐに霧などで飛行機がキャンセルになってしまう広島空港。
これはもしかしたらもしかするかもね。
そういえば1年前にイギリスに旅立った時にも巨大台風が来ていて、危機一髪で韓国に飛び立ったっけ。秋だからというのもあるだろうけど、最近の飛行では台風に縁がある。

もう1日余分に広島に居るのも全然悪くないな。
[PR]

by smilingmoon | 2005-08-23 00:20 | 学び  

立ちっぱなし。

朝さっそく昨日の広島市教育委員会にアポの電話を入れた。
すると担当者の方がいらっしゃり、また午後からずっと今週は出張に出かけられるので、今日のお昼までならいますよということだった。
その時既に10時半。私、まだ部屋着(パジャマではないよ。念のため!)。うちから市内まで1時間・・・。
ということで、ゴーッと支度をして、母に車で市内まで乗せていってもらった。(←甘えすぎ)

何とかお昼に間に合い、親切にお話を聞かせて頂いた。
マスコミや一般の会話では広島の平和教育は衰退していると言われているけれど、なかなかその衰退ぶりを表すデータというのがたくさんは見つからなかった。
市も取り組みとしては、新たな企画イベントを推進したり、去年からは市内の小学校で被爆者の方を招待するための予算を各学校に割り当てたり、努力の様子はうかがえる。やはり、以前より被爆者の方々のお話を聞ける時間が限られているということで”継承”にとても力を入れているようだ。

8月6日に登校日である学校が減っていると聞いていたのだけど、データからすると減ってない。いや、むしろ増えてるらしい。8月6日じゃなくても、その前後に”平和集会”の機会を持つ学校は。
論文は全てデータが勝負だけど、なかなかこの感じている”雰囲気”をデータで証明するのは大変な作業だと今更ながら思った。遅いけど・・・。

今日はその後、市の公文書館で市議会の議事録を調べてみたり、イギリスに戻る前に病院に行ってみたり、イギリスに持って行くブツを購入したり、平和公園を歩いてみたり、立ちっぱなしの1日だった。お昼から夜までずーっと歩き回ってた。カロリー消費したか?!

あ、でも無理。
お昼ごはんにどうしてもどうしてもお好み焼きが食べたくなり、普段はスタバなどのカフェ系以外の飲食店は一人じゃ入れない小心者の私はとても悩んでしまった。
お好み焼きを一人で食べに行く女の人ってあまりおらんじゃろ・・・・。

でももう残り少ない広島滞在を考えると、お好みを食べる機会ももうないんじゃないかと思うと、この気持ちを引きずってイギリスに行くのは耐え難いと思い、まぁ2時過ぎなので人も少ないだろうと思い、すりガラスで中が見えない”みっちゃん”の中に吸い込まれて行った。

思った通り人はほとんどおらずガラガラ。
隅の隠れた二人席に座り、何食わぬ顔をして基本の”豚肉玉”を注文。
美味しかった~。大満足。もうこれで心残りなく広島を離れられるわ。

おなか一杯だったけど、夕方から知り合いの方のお宅にお邪魔し、美味しい手作り料理を頂く。
奥様は私の母校の先生なので、教育談義に花を咲かせ、ワインを飲みながら、幸せなひと時を過ごさせてもらい、気づくと11時。
おぉ、電車がないのでタクシーだ。うちは田舎なので市内から家まで6,000円かかる。痛。
ここはタクシーチケットにお世話になる。

こうやって家に戻ると深夜なのでした。
きっと疲れてまた口に熱の華が咲くに違いない。
[PR]

by smilingmoon | 2005-08-17 16:10 | 学び  

広島の教師。

現在”平和教育”というものについて考えるにおいて、いつもとてもお世話になっているFさんという中学の英語の先生がいる。彼女は私の少しだけ年上なのだけど、初めて会ったのは高校生の時。
同じ高校だったのだけど、学校の平和ボランティア活動でご一緒したのがきっかけで親しくなり、私はその時留学に行く前年だったこと、そしてFさんはちょうど1年の留学を終えて帰国された直後だったこともあり、意気投合した。普通中学、高校で3つ上というととてつもなく大きな差で、あまり仲良くなるということはないけれど、お互い筆まめだったことが幸いしたのかご縁は続き、Fさんにはそれからも私が東京で大学受験する際にも一緒にホテルに泊まって頂いたりして本当にお世話になった。

今日はそんなFさんの呉市の御宅に午後からお邪魔した。
Fさんは3年ほど前に結婚されたのだけど、旦那さまも同じく(別の学校の)中学の先生。
一見”柳葉”風のノリの良いいかにも生徒たちに好かれそうな先生だ。
昨日のヨシミさんたちに引き続き、ここのご夫婦もいつ見ても羨ましく良いカップルなのだ。
こういうお互いを尊重しあうカップルを見ていると、結婚はとてもよいことのように思える。
このような人たちは結婚ということに希望を与えてくれる。

ランチをご馳走になり、ケーキを頂きながら、広島の中学の”実相”について正直な意見をお聞きした。
ここでは詳しく書かないけれど、広島の教育には多くの問題があるみたいだ。組織的にね。
そんな大人たちの争いに一番影響を受けている子供たちが一番可哀想だと思った。
”ゆとり教育は失敗しました”って国に簡単に認められても、そのゆとり教育の真っ只中で教育を受けてきた私の甥たちの教育はどうなるの?!
子供たちの未来に大きく関わることなんだから、もっと長いスパンで子供たちにどんな教育が必要なのか考えて欲しい。

現場の教師たちも昨今は夏休みだからといってのほほんと休んでいられる時代ではないようで、私たちが思っている以上に忙しく大変そうだ。
今日Fさんたちから聞きだしたことを是非論文にも使いたいと思っているけれど、あまりにも現在の教育システムは色んな利益が絡んでいてなかなか外国人に説明するのは難しそうだ。
でも今日Fさんとお話したことでモーティベーションが上がった。
というか、もう時間が全くないのだから、上がってくれないととても困るし・・・。

もうあまり広島の友達に会えないかもー。すみません。
まあまた初冬には戻ってきますのでその時に心おきなく・・・。
[PR]

by smilingmoon | 2005-08-14 01:12 | 学び  

被爆者の苛立ち。

12日は朝から新幹線に乗り、福岡へ。

私が2002年の1年間参加していたネバーアゲインキャンペーンという活動のOBたちが福岡に結構いる。それで12日はOBの人たちが5人くらい集まるというので私もそれに広島から参加。
今後のネバーアゲインの活動の方向性などみっちり&楽しく話し合った。
過去20年続いている草の根の活動なのでそれなりに歴史があり、参加者のその後や当時の様子などを聞くのも楽しかった。昨日居たJ平さんなんて参加したのがもう17年前だもんねー。歴史感じるわぁ。

午後にはそのNAC福岡の人たちがアレンジした会に参加した。
それはアメリカ人の人が被爆者の人たちに謝罪したいから交流会を持ちたいという希望で持たれた会だった。
彼の名前はシューシャードさんと言い、ボストン郊外で平和活動を行っている元軍人。
その彼が今回来日し、広島ではなんと9日間の断食を行い、アメリカが広島・長崎に行った事に対して懺悔していたそうだ。私は直接見なかったけど、そういえばミネソタのホストがそんな人を見かけたと言っていた。

そんな断食なんてする激しい人はどんな人だろうと思っていたら、見掛けはとても紳士風のお洒落っぽい初老の男性だった。被爆者の方なんて、”ハリウッドにおりそうな顔しとるのぉー”と率直な感想を仰っていた。同感。
そんなシューシャードさんは広島と長崎でも被爆者の人たちと交流を持ち、直接謝罪したそうだけど、今回福岡の被爆者とも会うことになった。
急なお願いに集まってくれた被爆者の人たちは10人くらい。皆さん、率直にシューシャードさんにコメントしたり質問したりしていて、とても素敵な会になったと思った。私にとっても被爆者の人たちがアメリカ人の謝罪を前にどんな意見をされるのか興味があったし。

ある被爆者の方は率直に苛立ちを表していた。現状に対して。
その方は原爆で一家全滅し、彼だけが生き残った。
それだけできっととても壮絶な戦後を送られてきたのだろうということが想像できるが、そんな大きな犠牲を払ったにも関わらず何も変わらないどころか核を巡る状況は悪化しているようにさえ見える現在の世界情勢。長崎からの声もなかなか伝わらないもどかしさ。そして原爆を知っている自分たちが年老いていくことへの焦り。
”原爆を肯定する人たちは実際に自分が同じ目に遭ってみんと分からんのんよ!人間はそれだけ愚かなんじゃ!”ととても腹立たしそうに仰った。
それを見ていて私はその焦りや現状への怒りが本当によく伝わってきて、ハグして差し上げたい気持ちになった。I share your feelings...
そう、私が原爆の実相が伝わらずイライラする何十倍も被爆者の人たちにとってもそのことは悲しく、腹立たしいに違いない。
”安心して死にたいよ・・・。”と仰っていたが、そんな被爆者の人たちの心を少しでも安らかにさせてあげるには次の世代への継承が大きな課題となる。
私もその橋渡し的ことができればいいと強く思った1日だった。
[PR]

by smilingmoon | 2005-08-12 00:37 | 学び  

日曜なのに。

曜日感覚がなくなる・・・。日曜か。でも朝から晩までみっちりワークショップ。今日は秋葉市長の講演もあったりして。日曜なのに大変だね、市長さんは。
昨日から小さなグループに分かれてディスカッションなどを行っている。でも大学教授や物理学者がほとんどのグループなので、ヤング・パグのメンバーは控えめだ。
私はそんな中、明日短いプレゼンをそのグループに対してしないといけない。気がちょっと重いけれど、それも訓練と思って頑張ろう。(何だか今週は頑張ろうという言葉を自分に多用してる・・・。)今夜これから少し練習して寝る。

夜は昨日、今日とANAホテルで食べてる。
そして、今夜はリクエストによってKARAOKEをしに繰り出した。カラオケ・・・。
日本ってカラオケってイメージがあるらしい。それは、一昨年流行った“ロスト・イン・トランスレーション”という映画の中でカラオケを唄っていたってこともあると思うし、海外でも広くカラオケが楽しまれているからでしょう。
私はあまりカラオケは好きじゃないのだけど、韓国人の子がちゃっかり“大好きな人”を入れていてそれを歌わされた・・・。日本人だからと言って一緒に歌わされた大学院生Kくん。高いキーでお疲れ様でした。
みんな楽しんでくれたみたいだし、良かったよ!
[PR]

by smilingmoon | 2005-07-24 21:10 | 学び  

良い人たち。

2日のヤングパグウォッシュ会議もあっという間に終わってしまった。今日ワークショップに座っていた時に、“この人たちとは昨日の朝初めて会ったとは思えないなぁー”と思った。みんなすごく良い人たちなのだ。(何度も言うけど)
パワーをもらった気分。
夕ご飯はみんなでお好み焼きを食べに行った。広島だからもちろんキャベツたっぷりの広島風ね。みんなとてもおいしいと言って歯に海苔をつけながら喜んで食べていた。私も思うけど、やっぱり日本食って美味しいわぁ。海外で日本食って言ったらお決まりの寿司とかラーメンとかだけど、日本に居れば色んな日本食が堪能できるもんね。
明日からはまた朝から1日今度は大人の方のパグウォッシュ会議がある。こちらも頑張ります。
[PR]

by smilingmoon | 2005-07-22 21:06 | 学び  

5時起き。

今朝は5時に起きてみました。自分のプレゼンの復習。

朝食の時に初めてメンバーたちに会ったのだけど、みんなやはり肩書きだけを聞くと、ケンブリッジの院生だのシンクタンクNGOで働いているだの、それだけで圧倒されそうになった。でも、みんな人柄はとても良さそうでちょっと安心した。

朝9時から夜の7時までビッシリ討論などが行われて、終わりごろはグッタリしてしまったけれど、今はとてもホッとした気持ち半分と充実感がある。一言も発言できないんじゃないかと心配していたのだけど、それは何とかなった。大学院の授業のゼミみたいだったから。
それにやっぱりとても参加者同士の雰囲気が良いのだ。全部で35人くらいが参加していて、男女半々。それくらいの人数だと少し頑張ればみんなと仲良くなれるような数だし。みんなそれぞれ主に理系の専門分野を持っている若手の研究者たちだけど、別にえらそうにしないし、優しい。やっぱり倫理を大切にし、核廃絶に関心を持って活動しているような人たちだからかな。
私のグループは持続可能な開発について発表する人が多くて、全然私の分野ではなかったけれど、何とか話も分かったし、勉強になった。何だか嬉しい。
頑張らないといけないけれど、でも今回このヤングパグウォッシュ会議に参加する機会を与えてもらって本当に良かったと思った。
でもまだ1日目が終わったばかりなので、明日からも集中して頑張ろう。
[PR]

by smilingmoon | 2005-07-21 21:05 | 学び  

よしっ。

今夜から広島市内のホテルに泊り込み、明日からは遂にヤング・パグウォッシュ会議というものがスタートします。ヤングが2日続いた後には大人のパグウォッシュ会議というものがあるのだけど、これは世界の科学者が集結し、核軍縮などについて話し合うもの。200人もの専門家たちが参加するそうで。かなり著名な人たちも来るみたいだけれど、そんなに人数がいたら誰が誰だか私にはきっと分からないな。

珍しく緊張しています。明日からのこと。
専門家やその卵たちに囲まれ、自分にやっていけるのか。会議についていけるのか?!
ちょっと気が重いのが正直なところ。
でも、味方を変えれば、こんな貴重な機会を与えられたのは有難いことだし、分かってるフリをしなくても、どんどんこの1週間を利用させてもらい知識を吸収しようっていう姿勢で臨めばいいのかもしれないね。そりゃ勉強しないと知識なんて入ってこないんだから。
きっと姿勢の問題だな、うん。

普段頑張らない人間なんでたまにはこういう切羽詰った時がないといけない。
こういう時にはやらざるを得ないから。

よしっ、頑張ってやるぅ、この1週間。
[PR]

by smilingmoon | 2005-07-20 21:02 | 学び