消えるものなのです。

あー、せっかくブログ書いたのに、消えた!
もう遅いから書き直さんぞぉ。

インドネシアのプロジェクトをしていた場所の1つに、外国人は絶対こないような海岸に面した村があった。
いつも片道車で7時間かけてその場所に行っていた。
私たちがインドネシアを去るにあたり、パソコンを2台どうにかしないといけなかったので、1台をその村に譲渡してきた。この村にはインターネットはおろか、電話線が通っていないので、パソコンなんて使うかなぁと思ったのだけど、村の若い人でパソコンが使える人がいるから大丈夫と言われ、譲渡を決めた。
実際記録管理などもパソコンがあり、使えると、便利だしね。

でも1つだけ口をすっぱくして何度も言っておいたのが、”パソコンは壊れるものだから、データは必ずバックアップしておくこと”ってこと。
一瞬にしてデータがなくなってしまうことをどれだけの人が経験したことだろう!(私もメールアドレスを一瞬にして失った。。。)
これだけが恐ろしい。

彼らの生活にパソコンなんて必要品ではないのだろう。あれば便利だけど、必需品ってわけではない。日本の子供たちのようにパソコンでゲームして部屋で遊ぶより、今みたいに海岸で凧揚げだのカケッコだのして遊んでいてほしいと私は勝手に思うのです。
インドネシアで一番考えさせられたのがそういうことかもしれない。
いわゆる先進国のような生活になることが、果たして幸せってことなんだろうかってことかな。
[PR]

by smilingmoon | 2007-06-13 03:09  

<< いつもより早く。 微妙に時差ぼけ? >>