穏やかな日曜日。

怒涛のようなプレゼンテーションの嵐を乗り切り、週末はサウスダコタ州のAugustana Collegeで行われたNobel Peace Prize Forumに参加し、今日はここアイオワに来て初めてホッとした気分で過ごしている1日。
まぁ明日は初めて地元の高校でヒロシマ・ナガサキについてプレゼンをするのでその準備もしないといけないのだけど、さすがに1週間も毎日プレゼンをしたら随分慣れてきた気がする。

今日の外の気温は7、8度。とっても暖かく感じる。
春ってやっぱりいいなぁ~。
長い冬を終えた後だからこそ特に喜びも二倍、三倍。
インドネシアは常夏だから冬の辛さはないけれど、季節の変化がないのはつまらないかな。

ここアイオワでプレゼンをしていると、大学生でも本当に日本についてあまり知らないことがよく分かる。
コイズミやアベという名前を知っている学生もいなかったし・・・。
日本はすっかりアメリカの友達の気分になっているけれど、両者の理解度には大きな開きがあるのが悲しい・・・。ま、世界でブッシュという名前を聞いたことのない人は少ないかもしれないけれど。。。
でも確かに日本人にインドネシアの首相の名前を聞いても知っている人は少ないだろうし、そんなものなのかもしれないね。

ここデコラという町はノルウェー人の移民によって建てられた町なので、ノルウェーの子孫がたくさん。加えて外国人も少ない場所なので、アジア人も本当に僅か。こういう場所に永住するのはちょっと辛いに違いない。
人種差別もやはりあるらしく、メキシコ系移民の人が町の靴屋で靴を売ってもらえなかったと聞いた。信じがたいけれど・・・。

人種差別。
人種って、差別って・・・。
色々こっちに来て考えさせられる。そしてそういうことを考える心のゆとりがある今の生活が愛しくて仕方がない。
[PR]

by smilingmoon | 2007-03-12 04:35  

<< 仏教に涙する。 ジョグジャで事故とは! >>