カルロス・ゴーン?

ブラッドフォードで論文締め切りに追われていた時にも図々しく8時間寝ていた私。
それを考えるとここ数日は睡眠が不足中。ちょっと不満。
口の横に熱の華ができたし、お肌もカサカサ。でも毎日なんだか追われていて、自分に手を掛けてやる心のゆとりがない感じ。
明日までに仕上げないといけないプロポーザルを書き終えたら、テニスもしたいし、インドネシア語も習いたいし、足マッサージにも行きたい。
げんきんなようだけど、そういう楽しみがないと、この仕事だけの毎日はあまりにも無味乾燥。

こちらに来て1ヶ月。そして事業統括者として任されて1週間。
きっと今の私はかなり肩肘張って仕事をしているんだと思う。
本当はそんなみんなをまとめるキャラではないので(仕事にキャラとか言ってられないけど)、かなり気が張っていると思う。
昨日のシンガポールでは素のままの自分でいいことにホッとした。別に私が仕事をしなくても困る人はいない1日。
ジョグジャに戻ると早速指示出し。私が仕事をしないと、色んなことがストップしてしまう。だから手を抜けないと思い、気張ってしまう。
普段はのんびりしている(と思う)私が、こっちでは厳しいとかチャキチャキしてるとか合理主義とかカルロス・ゴーンとか言われてる!
かなり日本的だと思っていた自分の考え方や仕事への姿勢が、かなり欧米になっていることに気づいた。結果主義というか。
もっと長い目で見なくてはいけないこともあるんだろうと思いつつ、やはり相当な高給で雇われている現地スタッフには高い仕事のレベルを要求したくなる。
そしてそういう彼らがいい加減な仕事をしたり、約束を守らなかったりしたら、私は本当にイライラしてしまう。ここは日本とは違うと思いつつ、やはり
日本と同じような仕事のレベルを期待してしまう。昨日もある現地スタッフにめちゃくちゃ怒った。特に彼は以前から仕事振りが気に入らなかったので、
良い仕事をしなければ別の人に来てもらうかもと伝えてあるにも関わらず・・・。
優秀な現地スタッフにあたるのは難しい。そして解雇とか採用も難しい。

自分のことをする余裕があまりないので、個人メールに半月前からメールが届かなくなっていたのでその原因を調べてみたら・・・。
年間契約が切れていて、それでアカウントを止められていた!
その契約関係のお知らせメールが全部ブラッドフォードのメールアドレスに来ていたらしく、私は一切そのことを知らなかった・・・。
すぐに支払いはしたけれど、まだアカウントにはメールが届かない様子。
でもメールをもらっても、全然返事できてないんだけど・・・。
早く早く生活のルーティーンができて、落ち着くように来週から努めて頑張ろう。
[PR]

by smilingmoon | 2006-11-05 01:39  

<< Mice! 日帰りシンガポール。 >>