Mr. Right

よく英語では、運命のパートナーのことを、"Mr. Right"という言い方をする。
日本と同じように、アメリカでもイギリスでもみんな女の子たちは、私のMr. Rightはいつ現れるのかしらと待ち焦がれているわけだけど。。。

昨秋2ヶ月ばかり北アイルランドのベルファーストに滞在した。
その時に出会った大学の事務室に勤める女性がいた。ウナという名前の。
年の頃、う~ん、多分60歳過ぎかな。
彼女は一人暮らしだったが、若い頃は航空会社に勤めていて、仕事で世界を周り、日本に来たことがあるのが1971年というから私が生まれる前だ、そりゃ。そして、アフリカのザンビアかどこかの国にも長らく住んでいたようだ。
とまあ、かなりその当時の人にしては革新的な女性なのだけど。

彼女から今日メールが来て、色々私へのアドバイスとかしてくれた後で、ちょこっと数行自分のことが書いてあった。2行。

”私のMr. Rightが遂に現れました。まさかこの年になってそういう人に出会えるなんて思ってもみなかったことなので、今は本当にそのことに感謝しています。”

わーぉ、すごいなぁ~。それ。
長いこと待って、遂に現れたんだ~。
私もすごく嬉しくなった。彼女はとても気の良い人で親切にしてもらったから。

そういうのもいいねぇ。
年を取り、寂しい老後か?!って時に現れたMr. Right。
これから人生を終えるまで、幸せに、そしてめぐりあいに感謝しながら穏やかな日々を二人で送れるわけでしょ。

人生っておもしろいね。
神様がどういうトリックを用意しているのか。箱を開けてのお楽しみってところだね。
[PR]

by smilingmoon | 2006-06-09 23:01 | 日々坦々  

<< 平和シンポ。 もしやあれも・・・。 >>