旅行業という仕事。

以前にも書いたけど。
今インドと香港へのチケットを手配している中でお世話になっている広島の旅行会社がある。
この旅行会社とはかれこれ5年以上のおつきあいになると思うのだけど、嫌な思いをしたことが一度もない。そしていつも敏速に的確な情報をくれる。

一人でやっているような会社なので、そりゃあ大手より値段は高いよね~と思いきや、ほとんど変わらない。なんでだろう?
それ以前は、格安チケットで有名なある旅行社を学生の頃からずっと利用していた。東京でね。
東京の時はそこの中でもお気に入りの人がいて、ずっと同じ人から買っていたのだけど、東京を離れて以来、ジプシー状態だった。
こういう若手の会社って、当たり外れが激しすぎる。先日もちょっと電話で問い合わせてみたら、研修生の人にあたってしまい、1つ小さな質問をするたびに『お待ちください』というわけで、少しの情報を得るのにとんだ時間が掛かってしまった。
特に航空チケットなんて色んなルールもルートもあるから、(どの仕事もそうだろうけど)やっぱり経験がものをいう。

というわけで、多少値段が高くても、この経験、情報、そして安心感を買うという意味で、私は今の旅行社の人がとてもお気に入り。
でも私が心配なのは、この人の健康!
昨夜も最後のメールをくださったのが、深夜0時前。い、いつまで働いてるのだろう・・・。
旅行をアレンジした人なら分かると思うけど、旅行のルートを考えたりするのって本当に時間が掛かる。昔はエイビーロードを買って、友達とああでもないこうでもないと考えていたのが懐かしい~。
きっと私みたいなお客を一人世話するのにもすごく時間が掛かるんじゃないかな。
加えて、中にはすごく細かいこととか、それくらい自分で調べろ!ってことまで聞いてくる人もいるだろうしさ。

でも一人でやるって気楽でもあるだろうね。
企業のように組織に縛られることなく、自分が思うままにできるものね。責任は重いけど。
だから、自分がお客さんに喜んでもらえるように考え、尽くせば、それも評価に跳ね返ってくるわけだし。

もし旅行社決めあぐねてる人がいたら、一度コンタクトしてみてくださーい。

トラベルファクトリー (広池さん)
tfc@pop06.odn.ne.jp
[PR]

by smilingmoon | 2006-06-06 22:09 | 日々坦々  

<< 残念。 現実は小説より奇なり >>