おばあちゃん。

今日は不意打ちで(?)叔母がおばあちゃんを連れてやってきました。
おばあちゃんに会うのは2ヶ月ぶりくらいなので会えて良かった良かった。
なにしろ3月で96歳を迎えたので・・・。
いつも私が海外に行く前には涙涙で見送ってくれるのです。
『もうこれが最後になるかもしれんけぇ~』って。
それを確か私が高校を出て大学から東京に行った頃から言ってくれているけれど、今もこうやって元気でいてくれてるわけです。
もう一人の祖母と祖父二人は私が小学生の時に立て続けに亡くなってしまったので、このおばあちゃんがずっと私にとっては唯一のおばあちゃん。

今日は甥たち二人もやってきました。
彼らにとってはヒイおばあちゃん!
甥たちはこのヒイおばあちゃんが大好きで、いつもおばあちゃんの白髪を触って遊んだり、手を触りながら”皮がぶよぶよじゃね”と余計なことを言ってみたり。
おばあちゃんも彼らと遊ぶのがすごく楽しいみたい。

なんか叔母とかおばあちゃんとか甥たちが来てはしゃいで帰っていっただけでかなり癒された気分。
やっぱり家族っていいわぁ。
この幸せが長く続きますように☆
[PR]

by smilingmoon | 2006-05-21 23:05 | FUN!  

<< どうしたのかな。 純粋に。 >>