つれづれ・・・。

今日もせっせと現実逃避。
いや、そういうわけでもないのですが・・・。息抜き息抜き。
教育基本法とか愛国心とかはたまたイランとか考えてたら頭が痛くなってきたので。
これからのイランの行方はどうなるのでしょう。
そういえば、ブラッドフォードに居た時にある学生が、”今度はアメリカがイランを攻撃する、しかも6月(去年の)に、と言った高官の話を読みましたが本当ですか?”と質問していた。
その頃は、どこからどうしたらイラン攻撃なんて話が出てくるんだ、と思いましたが、今こうなってみるとなるほど~と思ってしまいます。
が。まだイラクもあんな混沌とした出口の見えない状況になっている中で、これでアメリカがイランを攻撃する、なんて事態になったらアメリカ国民というか地球人に幻滅して、無気力になってしまいそう。だって、どう考えてももしそれが起きたらイラクと同じ話の展開。石油産出国の独裁者がいる国が核兵器を持つと危険だから先制攻撃・・・。
それをまた世界が今回も許してしまったら。
正義なんて言葉、この世からなくしてしまった方がいいでしょう。
これは絶対に絶対に世界が止めないといけない。今回こそは。

これは世界レベルの話しで、ご近所レベルでも許せない話が最近特に目立つ。
殺人事件、多すぎじゃない?
親が子を殺したり、そのバイスバーサ。(懐かしい、この言い回し。学校で習った。)
広島では、昨日、小学生の女の子を殺害したペルー人に対する公判があり、ニュースで大きく取り上げていました。
同じ広島市で起きた事件だし、その犯人も”悪魔が自分の体に入ってきて・・・”なんて無実を主張しているので、うちの両親も自分の孫の事件のようにその言い分に腹を立てていた。
まだまだうちの近所では子供たちだけで遊んでいるけれど、いつ自分の子供が連れ去られたりするかとビクビクしつつ外で子供を遊ばせないといけなかったり、防犯ブザーを持たせないといけなかったり、本当に物騒な時代になってしまった。きっと子供たちはそういう時代しか知らないので、物騒になったとは思わず、それが普通だと思って成長するのだろうけれど。。。
ホント、アメリカみたいな社会にはなって欲しくないよ。
子供が親の送り迎えやスクールバスなしでは道を歩いて学校まで行けないような社会に。

毎日夕方母と二人で30分ばかし歩いているのだけど。
この近所の子供たちは本当によく挨拶ができます。
見知らぬ人にも必ず元気良く”ただいま帰りました”、”こんにちは”。
スバラシイ。
そんな子供たちをしっかり見守りたいと思います。
[PR]

by smilingmoon | 2006-05-16 17:43 | 日々坦々  

<< すべて縁? あぁ、誘惑される・・・。 >>