老人パワー。

今日は市内で会合に出掛けた後、母とそのお友達と3人で、聖路加病院の日野原先生の講演を聴きに広陵学園まで行ってきました。

広陵学園が今年創立110周年ということで、近所の方への感謝も込め、無料で日野原先生の講演会を開いてくれたのだ。
私の友人から日野原先生のお人柄はよく聞いていたし、マスコミなどでもよく登場する有名人なので一度お話を聞いてみたいと思っていたので、今日のお題はどうやって健康な老後を送るかというようなことではあったけれども参加してみた。

予想通り来ていた人の多くが年配の方ではあったけれど、1,000人入るらしい会場は満席で立ち見もいた。さすが~!
カーテンが開くと、壇上に日野原先生。大きな拍手に応えて手を大きくグルリと上で一周させて歓声に応えられた。
なんかそのポーズからしてタダモノではないオーラ全開。
お話を始めて少ししたらステージの一番前に立たれ、身振り手振りを加えつつ、まさに客席と一体になっての講演。
トータルで1時間15分も立ちっぱなしで、横に前に動きながら、94歳のおじいさんがピッタリ話のポイントが合ったプレゼンテーションをされる様子はただただ感動ものだった。
94歳だなんて、普通1時間以上座っているのも”やねこい”年齢だろうに、日野原先生は・・・。

今日のお話は老人向けとは言え、会場の中では一番若い部類に入るであろう私のようなものにも十二分にグッと伝わるものがあった。
94年もスバラシイ人生を歩んでいらした日野原先生がおっしゃる言葉には本物感があり、確かに癒される。

いま回り道に思ってることも、長い人生で見たら意味があることなのだ。
朝起きた時に”今日も1日を与えられたんだ”と感謝する心。
相手に配慮する思いやりの心。
1日に10時間も寝ないこと。(笑)

人に対して優しい気持ちになれる講演だった。
またこういう講演を聴きに行ってパワーをもらいたいな。
[PR]

by smilingmoon | 2006-05-12 23:59 | 学び  

<< 友達自慢。 なんで今まで思いつかなかったん... >>