なんで今まで思いつかなかったんだろう。

ちょっと前のブログにも書いたように、私はアメリカでの友達の作り方を心配している。
”どうやって同年代の友達作るの?!”って。
まぁ今から構えてても現地に行かないとなかなかできないと思うけど、やっぱり行ったら行ったで日本人の友達は芋づる式に増えると思うけど、ローカルはなかなか難しいとよく聞く。
確かに私もブラッドフォードではインターナショナルな友達はたくさんできたけど(アメリカ人でさえ)、ローカルなイギリス人の友達というといなかったなぁ。まぁ学生だから地域の人とはあまり関わらないっていう環境もあるけれど。

そして、今日ハタと思い浮かんだ!(クロちゃん、ハタって何?)
じゃあ、広島にいる外国人の人ってどうなん?って。
仕事で広島に半年前に来たアメリカ人の知り合いがいて、彼は家族もアメリカなのでこちらでは一人暮らし。
今日自分のお願い事があってメールしたら快くOKしてくれた。その時に追伸で”天気も良くなったし今度広島散策しましょう!”って付け加えたら、とても喜んでくれて、自分は日本語も話せないからちょっと散策を躊躇ってたんだけど、嬉しいお誘いをありがとう、是非!って。
そして思った。
”やっぱ彼もきっと私がアメリカに行ったら感じるであろう気持ちなのかな~。”って。

私はアメリカでコミュニケーションに苦労することはないけど、彼はその言葉の壁がある。
調べ物をしようにも日本語のウェブサイトを見ても情報をなかなか得られないだろう。
これは大きなハンディよね。
今から日本語やってもきっと”すみません”とか”いくらですか”のレベルまでくらいだろう。

そこで思ったんだけど、そういう私の外国の友達と日本人の友達、そしてその外国の友達、みたいな範囲で集まって遊んだら楽しそうじゃない?
いわゆる”国際交流云々”という事業的な活動じゃなくて、ホント友達でやるの。身近な。
そこから自然と輪は広がるだろうけど、それはそれで。
時には誰かの家でパーティーもいいだろうし、時には山登りとか?
そういう緩いインターナショナルな友達の輪があったら楽しそうって思った。
なんでこれまで思いもしなかったんだろう?自分の広島での友達も増やそうという気もなかったし。
多分、広島に腰を落ち着けるつもりがなかったから(今もないのですが・・・)そういう地に足のついたことを広島でしようと思わなかったんだな。
これが東京となるとあまりにも人口多いからちょっとやる気が失せるんだけど(そんなこともないかな)このこじんまりとした広島だったら楽しいかなって思った。ネットワーク作り。


アメリカから戻って来て今日でちょうど1ヶ月経ちました。
この1ヶ月は仮死状態だったけど、とても元気が出てきました。わーい。
[PR]

by smilingmoon | 2006-05-11 19:40 | 日々坦々  

<< 老人パワー。 『人生を変えた贈り物』 >>