ユダヤ教の食の規律。

現在ステイしている家はユダヤ人の人の家。
これまでアメリカに住んだことがあってもあまりユダヤということを意識したことはなかったのだけど、今の生活ではまさにユダヤ人に囲まれて暮らしているので本当に驚くことがたくさんある。

今一番驚いているのが食。
"kosher"(コーシャー)という食の決まりがあって、エビは食べちゃダメとか豚はダメ、チキンやビーフもイスラム教のハラルのように決まったやり方で殺されていないものはダメなど様々。
加えて乳製品と肉は一緒に食べちゃいけないとか、私もまだよく分かっていないけれど複雑そう・・・。
乳製品と肉類を切る包丁もまな板も洗った後に乾燥させる場所まで別々に分かれているのです!
だから毎回いちいちモノを切る時にこれはこの包丁で、このお皿を使って・・・とか考えるのが面倒でたまらない。毎回聞くのも疲れてきて、料理をする気さえ起こらない。
すごいな~、こういうのを毎日毎日守って生きてるんだ。

でもユダヤ人みんながみんなこうっていう訳ではなく、そういうのはもう気にせず何でも食べてるって人も多いし、家ではコーシャーを守ってるけど外食する時は何でも食べるって人もいるし。
うーん、色々文化の違いを感じる今日この頃です。
アメリカ、広し。
[PR]

by smilingmoon | 2006-03-16 13:45 | 学び  

<< 1歳の誕生日。 アメリカの病院。 >>