行ってらっしゃい。

ネバーアゲインキャンペーン(NAC)という私が4年前に行ったのと同じアメリカでの平和活動を今度は中・高の後輩が行うことになり、1週間後には彼女はもうアメリカに向け出発だ。
後輩と言っても知り合ったのは私がミネアポリスに居た時だから、かれこれ3年前になる。彼女とはもっと長い間友達だったような気がするくらいなんとなく波長が合う。

その彼女が今日は1日我が家に来て、一緒にアメリカでのアポ取りの準備をした。
アメリカの学校に自分でコンタクトして、プレゼンテーションをさせてもらう約束を取り付けるという、まさに自分を売らないといけないこのアポ取り。
この作業が一番大変で、最初時間が掛かる。
誰もほとんど知らないような場所で1からコネを作り始めるわけだから、そりゃ大変だ。

この彼女。今度の行き先はミネアポリス。
そう、私が居た街だし、私がお世話になったホストファミリーがまた受け入れてくれることになった!ボランティアでね。
なので、私が4年前に滞在していた時に訪問した学校の連絡先などを納屋からノートを引っ張りだし、探してみた。
懐かしい思い出がサワーッと込み上げてきた。
アメリカから帰ってきてまだそんなに経ってないと思ってしまうが、その間私はイギリスに2年も居た・・・。そんな長い時間が経ったとは思えないんだけど。
それだけ強烈な印象に残ったNACの1年だったんだろうと思う。
今考えてもエキサイティングな毎日だった。
またそれを1年しろと言われるとちょっと気合を入れないとできないと思うが、振り返ると確かに血となり肉となった1年だったなぁ。

彼女の新たな1年で疑似体験をさせてもらおうじゃないか。
そして私も負けないよう、エキサイティングで平和な人生、送りたい。
[PR]

by smilingmoon | 2006-02-18 00:36 | 日々坦々  

<< NYからのメール。 集中しました。 >>