ショックだった。

今週立て続けに辛い訃報を聞かなくてはいけなかった。

最初は、大学時代のテニスサークルの先輩からメールが回ってきて、私が1年生の時に4年生だったNさん(男性)がくも膜下出血で亡くなったとのメール。
在学時代からあまりテニスには顔を出されない方だったのだけど、心理学科を出て、産業カウンセラーという道を歩まれていたので、一時期スクールカウンセラーになりたいと思っていた私は個人的にお電話などでアドバイスをもらったことも覚えている。
坦々としたとても温厚な方だった。
亡くなるにはあまりにも若すぎる。信じられない。

そんな中、今日は広島の友達から、共通の知り合いであるSさんが亡くなったとの訃報。
このSさんとは上記のNさんと比べると個人的なおつきあいがあったので、余計にショック。
Sさんはまだ40代だったのに・・・。
実は、私が現在ロータリーの平和奨学金でイギリスで勉強しているのも彼のサポートなしでは実現しなかったと思っている。多くの人がサポートしてくださっているのだけど、最初に私にこの奨学金のことを勧めてくれたのはこの人なのだ。あの時に声をかけてくださっていなかったら、今私はイギリスで勉強してないかもしれないし。感謝しきれない。
そして、このSさんは1年少々前に待望の赤ちゃんが誕生し、”僕も父親業を研究してみたいと思います。頑張ります。”というメールをくださったのをよく覚えている。
そんな小さなお子さんを残して、どんなにか心残りだっただろう。
さっきSさんからのメールを読み返していると、涙が出そうになった。
つい最近まで一緒に広島の空気を吸い、日々の生活を送っていた人が突然この世からいなくなってしまうなんて。それらのメールをくれた人がもういないなんて。
ショックだ。

やはり人との出会いを大切にしないといけないなとあらためて思った。
そして友達などとも無理をしてでも連絡を取ること。じゃないと、後で後悔する。

お二人のご冥福を祈りたい。
[PR]

by smilingmoon | 2005-08-29 01:25 | 日々坦々  

<< 懐かしのNY。 東京再び。 >>