通訳。

私、実は密かにHIPという団体の会員になっております。
HIPとは、Hiroshima Interpreters for Peaceの略で、『平和のためのヒロシマ通訳者グループ』というのが正式名称。多分4年前から幽霊会員。会費も払ってるか怪しい。

基本的には海外からの観光客に平和公園の碑めぐり案内をしたりする市民グループ。
通訳者グループと言っても全く硬くなく、一般市民が自分たちのできる英語力で案内している善意の人たちで、プロっぽくはない。そこがまた草の根っぽくていいところだと思う。ボランティアだしね。

広島に定住していないのでHIPの活動に関わることもあまりないのだけど、実は今回初めてHIPメンバーとしての”お仕事”をすることになった。
それが明日の被爆者の人の通訳2時間。

国際医学生連盟というグループの学生さんたちが80名くらい広島にいらしてるらしく、彼らのサマースクールの一貫として被爆者の方にお話をお聞きして、ディスカッションするらしい。
世界の医学生?ってところに私はかなり引っ掛かり、医学用語なんて全然知らないし引き受けるのを躊躇ったのだけどこれもまたきっと良い経験になるだろうと思い思い切って引き受けることにした。

明日の被爆者の方は、坪井直さんという被団協の広島では有名な方。
私はほとんど面識はなく、昨日も事務所に行き事前にご挨拶をと思ったのだけど、事務所が移転していて結局お会いすることもできなかった。
というわけで、明日はなんと行き当たりバッタリの通訳になるのです!
この通訳の勉強もしたことのない私にそんなことができるのでしょうか・・・。
しかも2時間も私の集中力は続くのでしょうか?!普通会議通訳の人たちも15分くらいずつで交代してるからねー。それだけ集中力を使うのですね、通訳って。

そんなわけで不安だらけだけど、さっきネット上で坪井さんの被爆体験をプリントアウトしたので、これからそれを復習し、明日に備えます。

なんとかなるさ。

これでこれまで何度もの難局を乗り切ってきたので、今回もきっと大丈夫。
しかも難局ってものでもないし。

被爆者の方の思いが最大限に伝わるように頑張ります。
[PR]

by smilingmoon | 2005-08-18 23:14 | 日々坦々  

<< 歯医者に大金。 立ちっぱなし。 >>