ありがとう。

今日は久しぶりに1日タイムズスクエアにあるボブのスタジオで映画の字幕を手伝った。
彼のオフィスは24階にあるのでとても眺めが良い。ハドソン川の向こうにはニュージャージー州がすぐ近くに見える。下を覗くとイエローキャブが列を作り、歩道を歩く人々は蟻のように小さく見える。こんなところに急に飛行機が2機ワールドトレードセンターに飛び込んできたんだなぁーと考えるとそれがとても非現実なことのように思えた。いくら想像力を働かせても自分が体験していないことを現実のこととして考えるのは難しい時が多々ある。自分がその当事者になるのはもっと想像がつきにくいけど、それは誰にでも起こり得ることなのよね。

今日は金曜日。
明日からキャサリンは1週間ジョージア州に出掛けてしまうので、私のインターンもお終い。
ほぼ毎日キャサリンとダニアと行動を共にしていたので、もうこれからはまた別々の生活かと思うと何だか信じられない気がする。また月曜日にキャサリンに電話して、”今日の予定は?”と聞きそうな勢いだ。
5月11日にNYCに来てから約6週間。短いけど、とても充実した楽しい学びの機会だった。
それもこれもキャサリンのお陰。
最後の夕食をダニアと3人でして、キャサリンを私はタクシーでブルックリンに戻った。
渡したいものがあるということで、キャサリンのアパートに少し立ち寄った。”持ってくるからちょっと待ってて”と言って、手に何か持って戻ってきた。そして、”目を瞑って手を出して”と言われ何が出てくるのかと思ったら、目を開けた時に私の手のひらにのっていたのは写真のウサギだった!ちょこんと私の方を見ているようなウサギは何ともいえずかわいかった。
これはキャサリンが長崎に行った時に被爆者の方からもらったウサギの一兎だそうで、キャサリンも別の一兎をいつも肌身離さず持っているのだそうで。
御守りみたいなものだね。

ありがとう。

また夏に広島で会う日まで。
b0061488_2451534.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2005-06-24 02:44 | 学び  

<< シュークリームはクリームパフと... ほっ。 >>