森の中の石の家にて。

b0061488_13341510.jpg
土曜の朝ニューヨークを出て、さっき月曜の夜にまた戻ってきた。
ロードアイランドで過ごした週末はまるで夢を見ているようだった。。。

ロードアイランドを離れてちょうど3年が経つ。
ホストファミリーの3人の子供たちも次女のレベッカを除き随分と成長していて、最初目を疑ってしまった。大人と違い、子供の3年というのは大きい。
家は相変わらず森に囲まれていて、二匹の猫も元気にしていた。
滞在中は今年初めてという暑さになり、これ以上望めないような天気でもあったけど、強い日差しに子供たちの背中は真っ赤に日焼けしてしまった。

土曜日に行われたスコット(ホスト父)の退職サプライズパーティーもすべてがまさに美しくまとまった。
親戚や職場の人たち、多分70人くらいは集まっていたんじゃないかと思う。アメリカではよくあるサプライズパーティーだけど、スコットが用事で外出している間に広大な庭には大きなテントが作られ、そこにテーブルを並べたり、盛大なBBQの準備がされたり。まるで誰かの結婚式かのようだった。
スコットが車で戻ってきたところを道にずらーっと並んだゲストたちが拍手で迎え、妻のカリンが車のトランクの上に腰掛け写真用のポーズを撮る。まるで映画を見ているようだった。
そのパーティーは夕方始まったのだけど、深夜まで続き、7家族くらいが庭にテントを張ったり車中で泊まって帰って行った。なにしろ庭が広大なので、すぐにキャンプ場のようになれるところがすごい。

今日は1日のんびり夕方までそこで過ごした。
NYCに居たら居たで楽しいー!と思うのだけど、こういう森の中の家で暮らすと”もうNYCなんかで暮らせない・・・”と強く思う。理想は田舎に住んで都会で働くことかな。
今回本当はロードアイランドに行く予定にしてなかったのだけど、やっぱり行って本当に良かった。なんだか精神的な安らぎをもらった。

でもNYCに戻ってきたら一気にメールも来ていたり、明日は朝からリサーチや著名人にインタビューという現実に戻り、なんだか複雑な気分。
十分のんびりしたけれど、まだもうしばらくあの森の中で暮らしたい。
[PR]

by smilingmoon | 2005-06-06 13:33 | FUN!  

<< ちょっと鳥肌。 アメリカモード。 >>