いとしのブラッドフォード。

今夜やっとブラッドフォードに戻ってきた。曇り空の隙間から美しいヨークシャーの緑の地が見えた時には心から嬉しかった。住み慣れたこの土地もそうだけど、やっぱりそこにいてくれる友達がいるからこの場所はスペシャルなんだと実感した。飛行機のタラップを降りたときには息が白くなり(7度だった・・・)、30度近かったスペインとはえらい違いだったのには笑えたけど、その寒々しさまで清清しく感じてしまったのだからもうすっかり私はブラッドフォーディアンだ。

ゲルニカでのシンポは本当に朝から晩まで忙しく、他には何もする時間はなかった。夜10時から夕食を食べ始めるお国柄なので、ホテルに戻ってきたら12時1時。そして朝は普通に9時スタートなので本当に疲労困憊してしまった。日記を書く暇もないくらいに。
そんな中、昨日は私の誕生日だった。一行はサンセバスチャンという観光地を訪問した。1日中青空でサンセバスチャンもナポリのように美しく(行ったことないけど)最高だった。市庁舎を訪問した際にカクテルパーティーがあったのだけど、その時にハッピーバースデーを皆から歌ってもらった。夜は中華料理屋で15人くらいの最後の晩餐をしたのだけど、その時も店中のお客さんが歌を唄ってくれ、これはかなり照れくさかった。またひとつ年を重ねることに対して感動がなくなってしまったけれど、こうやって元気&幸せに誕生日を迎えられることは感謝しなくちゃいけないんだろう。どうもありがとう。

さて、また3日後にはニューヨークに出発です。何だか疲労気味だけど、適当に頑張ろう。
[PR]

by smilingmoon | 2005-05-08 13:00 |  

<< 冬の香り。 I'm back! >>