NYの若者。

朝から家は超バタバタ。
そうだ、日曜の朝なんだ・・・。教会に行く家庭は日曜の朝も忙しい。
ベンと娘レベッカはクエーカー教の礼拝へ、そしてジェニーと息子ピーターはリトルリーグ(野球)の試合へ。
私はジェニーのご両親と静かな朝を過ごした。

午後からは今回インターンをするESRの事務所に行き、学生を交えて今度23日に国連で行われるユースコーカスの打ち合わせをした。
このユースコーカスとは、高校生を中心に核兵器や軍事産業など1日のシンポジウムを行う。ワークショップやディベートなど。
それを数人の現役高校生が中心となって企画していて、ESRのスタッフがそれをサポートしているのだ。
私も今回はこの23日のコーカスのヘルプをすることになっている。
生まれも育ちもブルックリン、などというニューヨーカーの若者が5人ほど集まり、23日をどのような形で進めていくか話し合った。
やっぱりアメリカの、特にこういうことを中心となってやるような生徒はとても積極的だ。意見がバンバン出てくる。
こういう時に、やっぱり日本の学校はそうやって生徒自身に提案させたり、物事を進めさせる訓練をしてないので、こういう場面になるとその差が歴然としてくるなぁと強く思った。
もちろん文化の違いもあるのだろうし、アメリカ方式が全て良いというわけではないけれど、少なくともこういうアメリカの若者たちと国際舞台で一緒に活動する時には
日本人の学生の多くは圧倒されるんじゃないかなと思う。それとも最近は日本の教育システムも変わってきていて、積極的に発言できる若者も増えてきてるんだろうか。
少なくとも私は未だにこういう積極性が求められる場は嫌い。これは性格の問題も大きいけど。

明日も朝からこのコーカスのための打ち合わせをESRにて。
コーカスでは中心はもちろん高校生。実は私はその方が嬉しいので、裏方に徹させて(?)もらいます。150人くらいの高校生が参加するイベントになるらしいので、より多くの学生がこのコーカスから何らかのモーティベーションを得ることができるような機会になるよう私も頑張ります。
[PR]

by smilingmoon | 2005-05-15 21:26 | 日々坦々  

<< アドミニ系。 Confirmation >>