ジキルとハイド。

今日も朝起きたら雨。しかも大雨・・・。はー。
敦子さん、悪いときに来ました。これが旅行者だったら残念すぎ。。。

でも今日は朝から張り切って学校へ。
敦子さんは必要な資料を何とか入手できたようで良かった。
その後、オールセインツ真梨子さんと3人でLove Appleというカフェでランチ。Good。
次に、ボンベイストアというインド系の民族衣装や布、ビーズの靴などの衣料雑貨を売っている店があり日本人留学生にも密かに人気なのだけど(ドレスをオーダーメイドしたり)、そこを1時間程冷やかし。とても素敵な布がたっくさんあるのだけど、さすがに民族衣装は着る機会がなさそう。一目ぼれした生地があったので、今度雑誌の切り抜きなどを持って行きワンピースでも作ってもらうかも。そんな暇があればの話し・・・。

今夜はミュージカルをジョージ&イニッド、敦子さんで観に行く予定だった。
『ジキル&ハイド』
ジョージにはご存知のように2泊3日の旅行に連れて行ってもらったので、そのお礼にミュージカルに招待したのだ。モノを送るのは選ぶのが難しかったので、我ながらなかなか良いお礼だと思ったのだけど。。。

ジョージもかなり楽しみにしてくれていて、”木曜が待ちきれない!!”と言っていたのに、昨日から”風邪を引いたみたいだ”というメールが来て、今朝は携帯に”ちょっと話があるので電話を待ってます。”という留守メッセージ。
電話してみると、ゴホゴホと咳き込みながら、”昨夜から体調が悪くなり、体中が痛くて起き上がれないので大変申し訳ないのだけど今夜のミュージカルにはとても行けそうな体調じゃない。”ということだった。ガーン。ざんねーん。
でもお年寄り。こういう予期せぬことはいつでも起こりうる。仕方ない。
きっと私以上にジョージの方が残念だと思うし。

というわけでせっかく良い席を彼らにプレゼントしたのに、2つも席が空いてしまうのはもったいない!
・・・と、思い出した。
パトリックがすごくこのミュージカルを観たがってたんだー。
階段を駆け上がり、”これこれの事情なんだけど行く?”と聞いたら即答で”うん!”と。そして近所に住む彼のドイツ人仲間のサビーナも行くことになったので、これでチケットは無駄にならずにすんだ。
そのジキルとハイド。とーっても良かった!
全く退屈しなかったし、その話自体うろ覚えだったので、新鮮だった。そして何より美しい歌声を聴いて癒された。あ、ミュージカルだったので。
帰りにみんなでアルハンブラシアターを絶賛しつつ、たまには文化的生活もいいもんだとご機嫌で帰宅しました。
ブラッドフォード満喫の1日でした。


学校横の八重桜の大木も花をつけ始めました。↓
b0061488_7434534.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2005-04-14 07:44 | FUN!  

<< 成熟した社会とは言うけれど・・・。 イギリスの物価。 >>