昔、旅行会社で働いてみたかった。

学生の特権。曜日や日にちを忘れる・・・。
1ヶ月もの長い春休み中なので、授業もないし曜日感覚がなくなりそう。
ふとカレンダーを見て、今日がもう4月も7日なんだということに気づき、ハッとする。

そういえば、チャールズ皇太子&カミラの結婚式って4月8日じゃなかったっけー。あ、ローマ法王のお葬式で1日ずらして9日になったとニュースが言っていたことを思い出した。
ジミ婚にも程があるっ!というくらい何も盛り上がってないな~。ニュースでのローマ法王の逝去に関する報道は連日よく見るけれど、すっかりローマ法王と5月5日に行われることになったGeneral Election(総選挙)の影に隠れてしまって、英国王室の皇太子さまが結婚なさるとは思えない盛り下がり具合。まぁ何十年にも渡る愛人との再婚ということで、別に彼らも派手に祝福して欲しいとは思ってもいないでしょう。結婚式2日前の今日は夜ちょっと特集をやっていたけれど、”これまで恋人としては良かったかもしれないけれど、これからは表舞台の人になるのだからその任務が彼女に務まるかどうかはこれからですね。”なんて意地悪っぽいコメンテーターの発言は多分イギリスの一般国民の本音なのかもしれない。

そうそう、それと7日といえば、あと1ヶ月で私の誕生日がまたもやヒタヒタと足音静かにやってくる。まあもう別にいいんだけど・・・。都合よく年齢に関してはもう自分が何歳か分からなくなる時があるんで。まあ今年も元気に11ヶ月今のとこ頑張れましたってことで。ありがたいと思わなきゃ。

今日も学校へ行き、ピーターにちょっと論文について見てもらい、帰りにその足でSTAトラベルという学校のすぐ横にある学生向け旅行会社に立ち寄った。
先日世界周遊チケットについて聞いた続きで相談したいことがあったので。
ここにはいつも2人の人が働いている。二人とも20代で、男女。
女の人はとても感じが良く、丁寧で優しい。一方男の人の方は、いかにも週末の夜にクラブの前に列を作ってるかパブでビール飲みながらサッカー観戦してそうな典型的ヨークシャー地方の雰囲気を醸し出してるおにーちゃん。(多分実際そうだと思う!)
加えて彼は投げやりな早口のヨークシャーアクセントがきつい英語を話すので、何だか落ち着いて質問できない。

そんな印象をSTAトラベルには持っていたのでこれまで数回価格を尋ねたことはあったけれど、実際使ったことはなかった。
でも先日行った時、二人とも接客をしていて、”お姉さんの方が空きますように・・・”と願いつつ順番を待っていたら、お兄さんの方が空いてしまった。あ~と思いつつ仕方なく彼の前に座ったのだけど、話してるうちに何だか打ち解けてきた。これは私のヨークシャー耳が発達したせいかも?!少なくとも8割彼が言ってることが分かるようになったんで。(汗)
前回なかなか良い印象を持って帰ったので、今日お店に入ったら彼の前の席が空いていたので今回は躊躇することなく彼のサービスを受けた。そして、きっと毎日山ほど学生が来るのだから私のことなんて覚えてないだろうなと思ったら、ルートを確認してる途中で”あれ、今回はサンフランシスコはルートに入ってないの??”と聞かれ、”おぉー、サンフランシスコに立ち寄りたいって言ってたことまで覚えてたんだー!”と結構感動してしまった。
そして相変わらず無愛想なのだけど、その中にも笑顔が多く見られるようになり何だかちょっと嬉しい。(問題児を見守る教師のようだ・・・)
きっとニューヨーク行きのチケット、今度彼から買うだろう。

1年半も住めば当たり前だけど、街にすっかり馴染んでいる自分が何だか嬉しい。
どこで何を買えばいいか、どのバスに乗ればいいか、どこのカレー屋が美味しいか。そしてイングランドの中でもヨークシャー地方が一番!って思ってる。(笑)
来た頃はこの街の汚さや騒々しさ、住んでる人たち、色んなことが不快だったのにな。
アメリカ万歳、イギリスなんて嫌い、って思ってた頃の自分から随分変わった。
なんか可笑しい。
[PR]

by smilingmoon | 2005-04-07 07:28 | 日々坦々  

<< え~。さむっ。 予定公開。 >>