ネズミ。ぎゃ。

昨夜は結局2時近くまでフィリップ宅での語らいが続き、私はもちろんバスもないので、ハルカ宅にお泊りさせてもらった。
やっぱり遠くに住んでいることのディスアドバンテージをこういう時に痛感。それでも今住んでる街と家が好きなのだからこの不利な点には我慢我慢。

朝起きてキッチンでハルカとミューズリー(オートミールにナッツやフルーツが入っているもの)を朝食に食べていたら、アーティーが合流。
そう、私の平和教育学習の良き友であるアーティーはハルカのフラットメートなのだ。なんだか朝に彼にキッチンで会うというのはいささか変な感じ。
朝から平和教育の話はしないけど、たわいもない話をダラダラと楽しんだ。こんな朝の過ごし方は素敵。今私が住んでいるフラットは、台所とリビングが独立していて、みんな各自自分の部屋でご飯を食べるのだけど、ハルカのフラットはキッチンのすぐ横にリビングがあるので自然と会話もできるし◎。

二人が真剣に困ってると訴えていたのは”ネズミ”の被害。
イギリスではちっとも珍しくなくネズミが出没するらしく、棚の食べ物などを食い荒らすらしい。
特にオーガニックのナッツを常備しているアーティーの棚は恰好の標的となっているらしく、机の上にパンが転がっていても、そのパンじゃなくアーティーの高価なナッツの袋をかじるんだって。そのパンはスーパーの安売りのパンだったから、やっぱりネズミもケミカルがばしばし入ってるパンとオーガニックのナッツの違いが分かるんだよーということになった。

壁には張り紙がしてあり”ネズミのテロに怯えず生活するために立ち上がろう”というお題のもと、してはいけないことが列挙してあった。ネズミ禁止のマークと共に!
でもさすがは平和学部の人たちが住む家。間違っても毒殺なんかは試みないそうで、あくまで平和的解決を求めるらしい。例えば、なぜネズミが侵入して荒らすかを考える。それは食べ物が置いてあるから。じゃあネズミが食べられないように瓶に詰め替えたり、棚の扉をキツクしたり、したらしい。それで結構効果はあったのだと。

アーティーが”ネズミ対策から平和についてかなり学んだよぉ。”と言う姿を見て、苦笑い。
住人たちには深刻な問題に違いないけど、その張り紙や悪戦苦闘している話が微笑ましく、和んでしまった。
私の去年のフラットの壁にもそういえばみんなで撮った写真やなぜかレシート、らくがきなんかが貼ってあったなーと懐かしく思い出した。

夜はまたこの家でパーティーをするということで、そのまま居残ろうかとも思ったけれど、さすがに昨日も勉強してないので罪悪感から一度家に戻った。
夜からまたパトリックとこのパーティーに行こうかと言っていたのだけど、パトリックも大量の課題に追われ珍しくゲッソリしていたので、大人しく家に居ることにした。
イースターなのにみんな課題に追い詰められていて、休暇どころではない。恨めしい。


昨日の晴天も一転、寒く灰色の空が戻ってきた1日でした。これ、午前中の写真。。。
b0061488_4211761.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2005-03-26 03:51 | 日々坦々  

<< 冬の終り。 Easter! >>