べミジー。

Bemidji(べミジー)という名前を見てビックリ。まさかこんな事件でBemidjiを思い出すとは・・・。

アメリカのミネソタ州の高校で21日に起きた生徒による襲撃事件。
犯人を含め10人の犠牲者。
正直、またか・・・と思ってしまう。きっとアメリカが変わらない限り、こんな事件はこれからも起きてしまうんだろう。
あんな銃社会のアメリカだから、その舞台が学校になるということは大いに有り得る。学校は勉強したり友達を作ったりする場所なのに、まるで戦いに行くようだ。

私が1年通ったミシガンの高校はかなり治安の良い地域の学校だったので事件などはなかったけれど、隣の町の学校はとても地域的にも治安が悪く、学校の入り口で毎朝銃などの凶器を持ってないかの検査があると聞いたことがある。隣の席のクラスメートのポケットに銃が入っているなんて、恐ろしや。

今回のミネソタの事件で何が驚いたかって、私が2年前に数週間滞在した地域のすぐ近くの学校だったこと!
今回事件が起きたRed Lakeという場所から一番近い大きな街がBemidjiだ。大きな街と言ってもホントに何もないけれど・・・。(あ、ミネソタ大学の分校があるな)
私がお世話になった知り合いの家は、Red LakeとBemidjiの中間にあり、地図で見るとあの広いミネソタの中で本当にすぐご近所だ。
湖と森しかない、本当に美しい地域。(ミネソタ自体が湖だらけ)
その地域の学校にプレゼンテーションで行ったけれど、とーっても保守的な雰囲気がプンプンのところで、すごく印象に残っていた。

田舎の美しい場所で育ったからといって、心も清く育つわけではもちろんないのねぇ。
特にそのRed Lake高校は先住民のインディアンリザベーション(居留地・保護区)地区にあるそうだから、特殊な場所だ。リザベーションはとても問題が多いと聞く。政府が多額の保証金を与えるので、働かなくてもお金だけはたくさんあるから、アルコール依存症率と自殺率が異常に高く腐敗しきった雰囲気だとみんな言っていた。詳しくは知らないけれど、飼い殺しのようにしている政府が悪いと言っていた。

日本は銃の代わりにナイフなどで学校に侵入という事件があるけれど、これが銃に代わったら・・・と思うと怖い。ナイフも怖いけど、銃だと自分の力を込めずとも、指先1つで簡単に大勢の人を殺害できてしまうから。
お願いだから、日本の警察は頑張って銃がこれ以上広がらないようにして欲しい。お願い!
アメリカのように自分の身は自分の銃で守れ、という社会になってほしくない。


Bemidjiの辺りはこんな感じ。↓
b0061488_943523.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2005-03-22 09:03 | 日々坦々  

<< 『ホテル・ルワンダ』 叔母の願い。 >>