時間の力。

今日も引き続き穏やかな1日で、コートを着て歩いたら汗をかくくらいの暖かさ。
寒がりの私でも半袖で歩けそうな気がした。そして実際半袖人多数目撃。
さすが季節感のないイギリス人!

そんな今日は私はリーズへお出掛け。
まず、リーズ大学から借りていた本の返却期限だったのと、去年のクラスメートで今年はリーズ大学で修士課程をやっている韓国人のムニとお茶をするため。

ムニは20代半ばで、韓国の慶応大学と言われているらしい延世大学の出身。
派手じゃなく、品行方正な雰囲気が漂う女の子。
韓国では美容整形をしている女の子がとっても多いという話だけど、ムニに聞いたところ、”うちはお母さんの方が目を二重にしたら、とか勧めてくるんだけど、私はイヤなの。”と言っていた。確かにお化粧もしない子なので、あまりそういう美容とかに興味ないのかも。
彼女は来年から博士課程に進み、将来は大学の教授になりたいらしい。
今のうちからきっちりやりたいことが決まっていて、しかもそのために着実に努力していて素晴らしい。
ムニと去年のクラスの人たちの話や将来的なこと、旅行の話なんかをしていたらあっという間に彼女の授業の時間になった。
授業・・・。懐かしい響き。

私も来週辺りから授業に出席してみようかな。興味のあるものを選んで。
こうやって授業なんて受けられるのもあと半年の身分。
そう思ったら、全てがいとおしく思えてくるなぁ。

ブラッドフォードの街が嫌いだったムニでさえ、やっぱり半年経つとあのブラッドフォードの街や生活が懐かしくなってくるらしい。同じイギリスに居るのに!
時間の経過というのは恐ろしい。全てが良い思い出に美化されてしまうのだ!
私も自分の中で美化されている東京に行って、現実を見つめるべきだと思う。
[PR]

by smilingmoon | 2005-02-03 07:22 | 日々坦々  

<< ジョージのお母さん。 ガツンと予定を。 >>