サンクチュアリ。

昨日は雪だったけど、今日は風。
今夜はゴーゴーとすごい音を立てて枝が真横にしなるくらい強風が吹いている。
”嵐が丘”の世界だ。

今日は年末年始ロンドンでお世話になったキャロルが学校のセミナーでプレゼンをしたので、それを聴きに行く。さすが政治家のアドバイザーをしているだけあって、プレゼンの進め方も上手。
内容は”カスピ海の石油を巡る争い”について。カスピ海の周りにはアゼルバイジャン、チェチェン、イラン、トルコなどなどいくつもの国が利権を巡って構えていて、その後ろにはアメリカやロシアのスーパーパワーが控えているので今後の世界は益々石油の利権を巡って大変な争いが繰り広げられるぞ~、というような話だった。
これからは水を巡って争う世界になるという人もいるし、どちらにせよ天然資源を巡る争いが激しくなるということだね。
ならば今のうちから資源を大切にすればいいのにって思うけど、今の人たちはどうせ自分が生きている間は大丈夫だろうと思って今の生活レベルを落としてまで省資源を心がけるとは思えない。自分に降りかかってくるまでは。

久しぶりに大学へ行き、セミナーを受け、あらためて今の自分が置かれている環境に感謝した。(昨日のイギリスに続き。)
好きなことを勉強でき、仲間と利害関係抜きでそのことについて語り合え、それをサポートしてくれる教授も傍にいる。
まさにユートピアだ。
でもここに長く居ると、外の世界に出るのにちょっと臆病になってしまうのが問題だ。
守られた場所。サンクチュアリ。
[PR]

by smilingmoon | 2005-01-19 07:55 | 学び  

<< 雨にも負けず・・・。 Priceless・・・ >>