人の反応。

夜だけど、お掃除当番をして部屋でエクササイズをしたら暑くなった。
そういう理由+部屋のドアを開けておくと”フレンドリー”かなと思ってちょっと開けておいてみることにする。
これには理由があって・・・。

今日はこちら時間のお昼(日本の夜9時)から1時間程日本のグループとチャットをした。
このグループは核廃絶に向け活動している若い人たちの集まりで、私はこれまで全く関わったこともないのだけどある人から紹介をしてもらい、何かお手伝いできるかも、と思い首を突っ込んでみることにした。
実は本格的にMSNでメッセンジャーを使ったのは初めて!
と言うと、みんなに驚かれるが、これまでチャットというものに全く興味がなかった。
というのも、メールの返事さえも満足に書けない状態なのに、チャットしてる時間なんてないよ~と思ったから。
でもやってみると、全国に散らばっている人たちと一気に意思疎通するためにはとても便利!チャットでの”ルール”や”常識”を知らないので、ちょっとおどおど&ドキドキしてしまったが、何とか使いこなせたので嬉しくなった。
あまりいろんなことに首を突っ込んで、後で自分の首を絞めることになるんじゃないかという危惧はあるものの、”人間の力は無限大。今やってることは氷山の一角の力しか使ってない。”と何度も繰り返し言っていた高校歴史の先生の言葉を思い出しつつ出来るところまで頑張ってみようと思う。

そのチャットが終わってからジョージおじいさんの家にランチを食べに行く。
チキン丸ごとをワインや野菜などで煮た料理とかなり美味しいケーキを作ってくれていた。
最近の私は菜食主義に努めていたので、久々にお肉を食べた。美味しかった!
夕方までお喋りをして、家に戻ってから大家のマーティンに家賃を払いに行った。来月は私がいないかもしれないので、2か月分払った。家賃って住んでないのに払うのはもったいないねぇ。仕方ないけど。

大家のマーティンと思わず長話をしてしまった。
その中でマーティンが言っていたのが、今年の学生はみんな自分の部屋のドアをビシっと常に閉めているということ。これまでの学生はみんな開けていたみたい。
そういえばマーティンの家だけじゃなく、うちの家の学生もみんな自分の部屋のドアは固く閉めているなぁ。夏は開けてたこともあったけど、冬は寒いし!
それに何だか自分の部屋の前を人が通るのに開けておくのは落ち着かない。
なんというか、自分の部屋の中ではプライバシーが欲しいという感じだろうか。
でもマーティンは常に自分の部屋のドアは開けておくし、閉めるのは寝るときだけだそう。その方がフレンドリーな感じで、人も話しかけやすいだろうしって。
うん、彼が言うことは分かる。
私もアメリカでいろんなホストファミリーの家に住んでいた時は必ず自分の部屋のドアは開けておいた。それはやっぱりファミリーだから気心も知れてたし。
ってことは、この家はみんなお互いが馴染んでないということか?!
多分そういうことなんだろうと思う。
せっかく1日の大半を過ごしている場所なのだから、もっとみんなが打ち解けあえたらいいなと思ったので、じゃあ自分から率先して・・・と思い、今ドアを開けているわけだ。
こんな小さなことがどう変化を与えるのかイヤ与えないのかもしれないけれど、試しにやってみよう。
[PR]

by smilingmoon | 2005-01-16 07:08 | 日々坦々  

<< 映画で疲労感漂う。 ナッツ。 >>