バスドライバーめっ!

すっかり曜日感覚がなくなっているけれど、今日は日曜日。
よってバスも1時間に1本しか家の前を通りません。とても不便。
バスの時間に合わせて、道路を隔てた家に住んでいるマリコムと街へ行き、「Sleeping Beauty」というバレエを観に行く。日本語だと「眠れる森の美女」ですな。

本当はこんなに論文が追い詰められた時期になんで・・・ってところだけど、以前からチケットを取ってもらっていたので仕方がないというか、まさか1月9日がこんなに追い詰められているであろうということはその時には全く予定してなかったことなので。

会場には小さな子供連れの親子の姿がたくさん。お洒落してかわいい。
私たちの席はドレス席という横から覗き込むような席だったので、舞台の1/3くらいが見えなくてショックだったけど、見えた限りでは細ーいバレリーナたちが舞う様子は素敵だった。本当に骨が浮き出るくらい細い。だからヒョイっと抱えることができるし、つま先であんなにクルクルすることもできるんだな。
生のオーケストラも良かった!
でも見てるだけじゃストーリーを追えなくて、途中で睡魔に襲われたりもしながら、楽しい2時間だった。

終わってからバスの時間まで1時間近くあったので仕方なくマリコムとバス停前のピザハットでお茶をする。ようやく時間になったので外で待っていたら、ちょうど私たちのバスが来た。
が!
手を上げるもののそのバスは全く勢いを緩めようともせず、手を振っている私たちの方を見ることも気づくこともなく素通りしていってしまった!! やられた・・・。
そう、こんな目に遭ったのは今日が初めてではない。以前も全く同じことがあった。
そんなのおかしい。止まるべきバス停に目もやらないなんて・・・。有り得ないでしょ。
でもこの国にいると、結構そういう”えっ?”ってことに慣れっこになってしまう。そして”まあ言っても直らないだろうしね”って怒る気もしない。諦めてしまっているのだ。
というわけで、もう1時間も待てないので結局タクシーで帰った。既に買っていたバスチケットとタクシー代、なにより貴重な”時間”を返せ!!とドライバーに言ってやりたい。

他にも色んなことがおかしい&いい加減。この国は。
いや、逆に日本がきちんとしているんだろうなって思う。きっと日本が世界で一番そういう業務的なことはきっちりしている気がするな。一般的にね。
だから早くそんな勤勉な日本人に景気回復というご褒美を与えて欲しい。
[PR]

by smilingmoon | 2005-01-09 08:12 | 日々坦々  

<< まだまだ津波。 ストロベリーたち。 >>