Merry Christmas!!

結局昨夜家に戻ってきたのは1時過ぎ。2時就寝。でもクリスマスなので朝は早めに起床。と言っても9時。
まあ子供が居るわけではないので、朝5時頃から下でゴソゴソ聞こえるなんてこともない。
やっぱりクリスマスは子供が居た方が楽しいな。
17歳の時にミシガンで過ごしたクリスマスが一番楽しかった!クリスマスの朝、パジャマで当時小学生だったステイ先の子供たちと一緒にプレゼントを朝一で開けている写真を今でもよく覚えている。

今回のクリスマスの朝は静かに始まった。
朝食を食べ、とりあえずクリスマスプレゼントを開ける。
それもすぐに終わってしまった。ちょっぴり味気ない。
でもユキさんと一緒に持って行ったプレゼントはとても喜んでくれたので、良かった。
私たちはバス・コスメ用品をもらった。

クリスマスランチを食べに、デリック一家を訪問。
アランとマーガレットには二人の娘がいる。その末娘へザーの元旦那がデリック。そう”元”。
デリックとへザーには二人のかわいい息子が居たのだが、離婚後はデリックが子供を引き取ったそうで、今日は彼らを訪問。
イギリスの家庭もアメリカに負けず劣らず複雑な家庭が多く、ここも例外ではない。
へザーが勝手な理由で家を出て行ったので、デリックは子供をへザーにもう会わせないと言い、へザーの親であるアランたちとも距離を置きたかったらしい。
とは言え、男親一人だけで小さい子二人を育てるなんて、無理。第一働かないといけないし。
自分の親も近くに居ないとなると、頼れるのはアランとマーガレットしかいなかった。
加えて、アランたちもデリックのことはとても良い人だったので気に入っていてこんな形で孫とも縁を切られるのは嫌だったので、ここでお互いの利害が一致。
かくしてマーガレットは自分の高齢の母親の自宅介護と幼稚園生二人の男の子の面倒を一気に見ないといけなくなり、本当に大変だったと言っていた。それはそうだろう。

デリック家を訪問した途端、聞いていた話が全て飲み込めたような気がした。
デリックは見るからに人の良さそうな顔をしていて、シェフをしていたというだけあって美味しいフルコースのランチをご馳走してくれた。
二人の男の子たちは今では大きくなり、16歳と14歳に成長。16歳のクレイグは笑顔がとてもキュートでウィリアム王子と同じくらいハンサム。去年1年で8インチ(20センチ!!)伸びたというだけあって、長身だった。弟のポールもとても賢く、日本に関して自分が知っている知識をたくさん披露してくれた。
その年頃の男の子ってきっと人(ましてや初対面の外国人)と話すのが面倒クサイ年頃なんだろうと思ってあまり期待をしていなかったのに、その期待を大きく裏切り、二人の男の子たちはユキさんと私に本当に色々と話を聞かせてくれた。彼らが一番興味深々だったのが日本で多分20年くらい前にやっていた”たけし城”だったことが判明し、笑った。覚えてる人、いるかしら。ビートたけしが殿様になっていて、毎週100人くらいの挑戦者たちが色んなゲーム、例えば鬼が待っている迷路に入り、うまくゴールまで辿り着くだとか、大きなカプセルの中に自分が入って、パチンコみたいに転がされていくのとか・・・。この古い、日本人でも忘れているような番組をイギリスのケーブルでやっていて、人気なのだ。でも確実にその映像の日本人は昔の人で、時代を感じる。。。古すぎよね。
話はそれたけど、とにかく人見知りしない、良い子たちで、マーガレット、頑張ったね!という感じだった。デリックもか。
そのデリックはつい最近、別の女性と婚約したそうだ。その女性も来ていたけど、なかなか良さそうな人!でもその女性にも二人の子供が居て、結婚したらこの家は4人兄弟になるのかなぁと余計な心配をしてみた。
家族がどんどん複雑化してます。イギリスも。

夜は家に戻って、テレビでミュージカルを観た。
1日10杯以上紅茶を飲んでるのがイギリスっぽい。
[PR]

by smilingmoon | 2004-12-25 08:56 | FUN!  

<< Boxing Day! Last Minute Sho... >>