Ph.D. students

b0061488_9572512.jpg
ここ最近とても寒い日が続いていたので、今日は昼間意外な暖かさだったので、とても嬉しかった。空は雲ひとつない青空。思わず市庁舎をパチリ。
ここに住んでいると、天気に関しては小さなことでも感謝するようになるらしい。

今日は博士課程の学生たちの集まりがあった。
教授陣からも二人の先生が参加し、コースに関して持っている感想、不満などを話し合うという機会だ。
出る意見というのは、去年修士のコースで出たようなものと同じだった。
生徒数が多すぎて、なかなか教授にコンタクトするのが難しいとか、学生同士交流を図るようなスペースや機会がないとか。
教授の方は、自分たちも授業以外に様々な任務を引き受けていて、とーっても忙しく、大学側に意見をしているけれど、なかなか改善されない、という保身的な答え。

これはイギリスという国の問題のような気がしてきた。
十分な教育費が大学側に行かないから、大学側は学費が高く取れる海外からの学生集めに必死になり、生徒数も大幅に増やし、でも教授陣がその分増えるわけではないので、コースの質は下がり・・・。悪循環。

その生徒と教授との熱いミーティングの後、数人の生徒で飲みに行った。
そこでも引き続き大学はどういう場所であるべきか、などという熱い議論が繰り広げられた。
私は1年しかいないコースの学生であるためか、どうも冷めていていけない。
いや、他の1年のコースの学生は一人もミーティングに来ていなかったくらいだから、私はまだ冷めていない方かも。

議論が長かったからか、帰り道とても寒くなったからか、久しぶりに1パイントのビールを飲んだからか分からないけど、頭が痛い。
もしくは、今日CNDでボランティアしてた時に狭い部屋でみんなゴホゴホしてたから風邪をうつされたか?
なんでもいいけど風邪は引きたくない。気合で引くまい。
[PR]

by smilingmoon | 2004-12-07 09:55 | 日々坦々  

<< アジア人留学生大集合。 まさに日々坦々。 >>