卒業式

12月1日。卒業式。

といっても、まだ今年も学生をしているせいか、全くそのことを意識することもなく昨夜になってようやく、”えーっと、明日持っていくものは・・・。”と書類を見始める始末だった。
それが災いしたのか何なのか、今日の卒業式は本当に慌しくて、ほとんど写真を撮る余裕もなかったのが本当に残念だ。もちろんちゃんと段取り良く準備をした人はそんなことにはならなかったのだけど。

私たちの学部の卒業式は夕方4時過ぎという真っ暗になってからの式だったのだけど、MBA(ビジネス)のジェシカは午前の式だった。なので私も早めに行き、彼女の式が終わるのを外で待っていた。
待っている間、急に彼女と一緒に過ごした去年の1年間のことがまさに”走馬灯のように”思い出されてきて、二人でエッセーに追われて夜中までキッチンで頑張ったこと、彼女が恋愛で大変な目に遭っていたことなど、彼女のここでの生活の大半を見てきた私としては、この卒業が彼女の大変な頑張りによって成し遂げられたことを知っているので、思わず涙が溢れそうになった。”ホントよく頑張ったね~!”と言ってあげたかった。
まさか自分より人の卒業でこんなに熱い気持ちになるとは!

自分の卒業式は恙無く終わった。
120人のクラスのうち、50人くらいが式に参加していたが、3ヶ月ぶりに会う面々は懐かしいけれど、でもまた授業でフラッと会えそうな気分だった。みんなそれぞれ国に戻ったり、イギリスに留まったりしながら、自分の夢に向かって歩いている姿が頼もしかった。
人生の中の1年を同じ時期にここで一緒に過ごした仲間というのは、なんとも運命的で貴重なのだろう。こんな環境で学べたことに感謝。
そして私の卒業の後ろで支えてくれた多くの人に感謝。(ハルカ&マイコ、今日はありがと☆)

私がそこまでこの卒業に感動しなかった理由を分かっている。
自分でベストを尽くして勉強した気がしてないからだ。もっともっとできたはず。
この反省を基に、残りのブラッドフォード生活は”もう勉強したくない!”というくらい勉強するぞ!
b0061488_10113810.jpg

[PR]

by smilingmoon | 2004-12-01 09:35 | 日々坦々  

<< 「世界法廷プロジェクト」 ファミリー >>