ファミリー

ずっと論文のことを気づかないふりしていたけれど(?!)そうも言ってられません。もう明日からは12月だし・・・。
今日やっとスーパーバイザーのピーターに会い、論文のアウトラインを見てもらった。
優しいピーターだけど、一応どんな反応が返ってくるかしらとドキドキしていたが、”良さそうじゃない”ということですんなりOKが出た。
ということで、これからはいよいよ論文に取り掛かろうと思います。秋が過ぎ、冬も本格的になってきた今頃からというスロースタートだけれど、明日は卒業式でちょうどキリがいいので、明後日からは気分一新真面目に取り組むことにしよう。

その卒業式のため、去年のフラットメートの香港人ジェシカがブラッドフォードに戻ってきている。
なので今夜は去年のフラットの人たちで集まって、またボーリングに行った。いつからかボーリングが私たちの恒例行事となっている。
しかもいつもみんなかなり真剣に勝負を争うのだけど、今日はストライクを5つも出したトゥーファンが141を叩き出し、勝利。悔しい・・・。

今日は6人が集まったのだけど、何だか一緒に居てとても安心する仲間。自分たちのことを”ファミリー”と呼んでいたけれど、まさにそんな気分。
今のフラットはファミリーというよりは”同居人”という感じなので、そんなに親近感は感じない。その違いはナンだろう。思い当たることはいくつかあるけど、面倒なので考えたくない。

明日の卒業式でも懐かしい面々と会えるでしょう。でも日本人出席者は少なそうなのが残念だ。
[PR]

by smilingmoon | 2004-11-30 07:48 | 日々坦々  

<< 卒業式 散歩 >>