「二時間目国語」

最近チーズをよく食べる。今日も手のひら半分くらいのサイズのチーズを食べた。もっと食べれたけど、あまり乳製品ばかり取るのは良くないかもと思って止めといた。
そういえば牛乳もよく飲む。高校生の頃なんて水代わりに飲んでたから、1日あの1リットルパック1箱飲んでた。飲みすぎかなと思ったけど、背が伸びそうだからいいかなと思って。結局背は中学以降ちっとも伸びなかったけれど・・・。

ところで、日本に帰って、時間があったら読んでみたいな~っていう本がある。
友達が紹介してくれた本。

「二時間目国語」
b0061488_214329.jpg

これは小学校・中学校の国語の教科書で長年使われてきた代表的な作品を選りすぐって収録してある。
スイミー、スーホの白い馬、朝のリレー、最後の授業、ごん狐・・・!!
懐かし~っ。
きっとこの本の目的の1つは大人になった私たちにこの”懐かしい”という気持ちを持たせるためだろうが、まんまと私も懐かしさ、切なさで胸が一杯になってしまった。
スイミーは代表作よね。きっと世代を超えて懐かしいはず!だってうちの小学生の甥の教科書にもスイミーがあって、”おぉー、まだ使われてるんだ、スイミー!!”って思ったから。
そして一番気になるのが何故か「スーホの白い馬」。
私はボーっとした記憶で、”モンゴル”の話よねぇ・・・と思ったけど、それ以上は覚えてなかった。でも友達がストーリーを掻い摘んで説明してくれて、スッキリ。ヒントは馬頭琴。

友達が、大人になって読んでみると実は深いメッセージが込められた作品だったんだなぁーと感心したと言っていた。そうかもねー。
学校で4月に各科目の真新しい教科書が配られるのがすごく嬉しかったなぁ。特に低学年の頃は!大学になって高い教科書を自分で買わないといけないのに慣れているから、新品の教科書があんなに大盤振る舞いされるのがとても贅沢な気がする。

二時間目国語。
うーん、その響きさえ懐かしい。
[PR]

by smilingmoon | 2004-11-22 07:55 | 日々坦々  

<< 今年も押し迫ってきました? Bridget Jones -... >>